コーチング生徒さんからメッセージ「小さな気づき」が人生を激変させるギフト

今回は

「小さな気づき」が人生を激変させるギフト

という話をしていきます。

今日朝方になりますが

僕のコーチングを受けている生徒さんから

とてもうれしいメッセージが届きました。

「今まで感じることが無かったのですが

もしかしたら、本当に夢がかなうかもしれない。

と、一瞬思いました。

その時アファメーションをしよう。と思い

BGMを流し夢を達成している自分をイメージしました。

すると少し緊張感?ワクワク感のような感じが

今でも続いています。」

こんな感じです。

このメッセージを見て

生徒さんは遂に自分の夢や目標に向かい始めたな。

と感じました。

何故なら

夢や目標を想像、イメージしたときに

ワクワクしたからです。

ワクワクした。ということは

臨場感を感じたということですよね。

人は臨場感を感じないものにワクワクすることはありません。

生徒さんが自分の夢や目標をイメージしたときに

臨場感を感じることが出来た。ということですよね。

脳は現実世界だろうとイメージの世界だろうと

臨場感を強く感じたほうを現実だと錯覚します。

夢や目標を達成しようと思ったときに

一番必要なのは夢や目標をかなえた時の自分の姿に

臨場感を感じる事です。

生徒さんはそこに気づいてしまったわけですね。

気づきというのは

言葉でいうのは簡単ですが

ものすごいことなんですね。

心理学用語でゲシュタルトという言葉がありますが

全体を、部分の寄せ集めとしてではなく、

ひとまとまりとしてとらえた状態の事を言います。

パズルで例えると分かりやすいのですが

例えば

完成させると湖の絵になるパズルがあったとしますよね。

最初はパズルのピースはバラバラになっていて

1ピースずつ枠に正しく当てはめていくと思います。

1ピースごとに正確に枠に当てはめていくと

ある一定の所で何となく湖なのかな?

と気づく瞬間がありますよね。

この段階で「湖」という実態に気づくわけです。

この話は夢や目標にも当てはめることができるんですね。

「お金持ちになる。」というパズルを完成させようとしたときに

最初はどうやったらお金持ちになれるか?

全体像が見えないわけですよね。

ただ、1ピースずつ枠に当てはめていくと

ある一定の所で絵が1つのまとまりになって見える瞬間がでてきます。

お金持ちの全体像が見え始めるわけです。

そして

「あ!こうやったらお金持ちになれるんだ!」

と気づくわけですよね。

この気づきが本当に大切なんです。

今の現状を変えて夢や目標を叶えようとしたときに

必ず過去の記憶や経験を基準に考えてしまうので

中々夢や目標を叶えることが出来ません。

過去→現在→未来

こういう流れがあるときに

夢や目標は未来にあります。過去にはありません。

そうした時に

僕たちは過去の記憶や経験を基準に

物事を考えるのではなく

常に未来を基準に全ての物事を

考えていかなければならないのです。

未来思考とでも言いましょうか。

今回の生徒さんの様に

未来、自分がこうなりたい。という姿を

イメージし、そこに臨場感を感じられるようになったら

精神的には成功しているのと同じなのです。

あとはその状態をいかにキープするか

そしてその状態をキープしながら

行動し続けるか。

これだけになってきます。

常に過去の記憶や経験をベースに

物事を考えるのではなく

未来の自分の夢や目標に向かって

行動していく。

生徒さんにとっては

本当に大切な気づきだったと思います。

今回の話が

あなたにとって何かの気づきになれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>