カジサックさん成功の3つの理由考察

こんにちは。田子裕己です。
今回は
カジサックさん成功の3つの理由考察
という音声を撮りましたので
是非最後までご覧ください。

—ここからが文章—


カジサックという名前で
ユーチューバーをされている
キングコングの梶原さん


2018年10月にチャンネル解説して活動を開始

2019年末までに登録者数が100万人に届かなかったら
芸人を引退すると公言してスタートしました。


その発言をしてから7月11日に見事
ユーチューブチャンネルの登録者数が
100万人を突破
登録者数100万人を超えたチャンネルに贈られる
金の盾を公開しました。

登録者数100万人を超える事自体
本当に至難の業で
芸能人ですら達成できている人は
数えるほどしかいません。

そう考えると
カジサックさんの快進撃は快挙と言わざるを得ません。

カジサックのユーチューバーとしての成功の秘密
1.本気の本気で取り組んだから。だと思うんですよね。
もちろん、ユーチューブで発信している方の多くが
本気でされていると思うんですけど
カジサックさんの場合は本気度がすごいんですよね。
どれくらい本気だったのかというのを
解説していきたいと思います。


2.相当の負荷をかけた。という事です。

2019年末までに登録者数が100万人に届かなかったら
芸人を引退すると公言することによって
自らに負荷をかけて自分を追い込んだことです。


今まで20年近く芸能界で積み上げて来た実績を
全て捨て去る覚悟を決めた。


これって中々できるもんじゃないんですよね。

例えば
今サラリーマンをしている、OLをしていて
ある程度の役職についているなら
そのポジションを捨てて起業して一から
スタートしてくださいって言われたら
ちょっと戸惑いませんか??

今まで積み上げてきた実績があるという事は
少なくともそこに安心安定を感じているんですね。


人は変わりたくないという恒常性維持機能
という本能を持っていますから
なるべくなら今ある実績を手放したくないと
思うのが本能なんですね。


そんな中
芸能界を引退するという事を公言して
自分を追い込むことによって
ユーチューブに取り組む姿勢も本気の本気に
なったんだと思います。

3.期限を決めた。


カジサックさんの場合
2019年末までにという風に期限を設けていましたよね。
実は人は期限を設けることによって
行動するようになるという
科学的な実験結果でも出ているんですね。


スタンフォード大学の実験で
学生を2つのグループに分けて
各自レポートを提出してもらった。

Aグループは無期限で提出を受け付けた。
Bグループは期限付きで提出を受け付けた。

無期限の方が自分のペースで取り組めるから
提出率が高くなるのかなと思いませんか?

でも結果は違ったんですよ。

Aグループは25%の提出率
Bグループは66%の提出率だったんですね。

やっぱり人は行動したくないというのが
本心本音なんですよね。

だから
いつでもできる事は
いつまでもやらないんですよ。

実は
期限を設けたほうが人は圧倒的に行動するんです。

今回のカジサックさんが
2019年内に登録者数が100万人いかなかったら
芸能界を引退するという期限を設けた事で
本気で行動するきっかけになったんだと思います。

どの位本気で行動したかと言うと
カジサックさんは
ユーチューブを始める前に
ユーチューブで求められている事は何なのか
どうすれば多くの視聴者を獲得できるのか
徹底的に研究したそうなんですよね。

あと本当にすごいなと思う事は
人気ユーチューバーの所に行って
アドバイスを受けに行ったんですよね。

実はこれはなかなかできる事じゃないらしいんですよ。


やっぱりプロの芸人さんですから
バラエティに関しては
自分達が一番優れているという自負があると思うんですよね。

そうした時に
人気ユーチューバーと言っても
しゃべりのプロばかりではくて
素人さんが多いわけですよね。


そうした時に
人気ユーチューバーとはいえ
芸人さんたちの中には
どこか見下しているような人達も
少なくはなかったようなんです。


そんな中
カジサックさんは
人気ユーチューバーの人達に頭を下げて
どうすれば成功できるのかというのを
聞いて回ったんですよね。


自分のプライドを捨てて
成功を取りに行ったんですよ。


こういった出来事を通して
カジサックさんの本気度が
視聴者さんたちに伝わったんじゃないかなと思います。


今回はカジサックさんの成功の理由について
話していきましたけど
本気の本気で取り組んだ。


その為に期限を設けた。
今までの経歴を捨てる覚悟をした。
この3つが成功の秘訣だったんじゃないかなと思います。

最後までご覧いただき
ありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>