目標は高くすればするほど後から利益はついてくる

今回は

目標は高くすればするほど後から利益はついてくる

という話をしていきたいと思います。

今現在、自分でビジネスをされている方で

収入がある程度の所で頭打ちしている方に

聞いていただきたい話になります。

現在ご自身の収入を考えて頂いたときに

収入が明らかに停滞している場合

物理的な問題よりも心理的な問題

目を向けてみてください。

あなたが現在

月収10万円、30万円、50万円、100万円、それ以上と

稼いでいたとして中々現状の数字を

超える利益が出せないという場合は

あなたの心の中、つまり潜在意識にメンタルブロック

入っているということです。

何故このメンタルブロックが生まれるのか?

答えは簡単です。

人間は現状維持を好む修正があり

今の現状を保とうとする力が働くからです。

例えば

あなたが月収100万円を稼いでいたとすると

生活のあらゆる事が月収100万円の生活に

合わせていき、そして慣れていきます。

毎日食べる物、飲むもの、着る服、持っている小物

乗っている車、住んでいる家、外食する場所

娯楽、貯金、思考、行動、生活習慣 etc..

生活のあらゆる事が月収100万円をベースに

作られているはずです。

じゃあ次に月収100万円以上の収入を

達成しようと思った時にどうなるか?

月収100万円の

生活習慣や生活レベル、思考や行動などを脳が維持しようとするので

中々月収100万円の壁を超えることが出来なくなります。

ではどうすればその壁を乗り越えられるのか?

答えは簡単です。

目標を現在のレベルから更に高い目標に引き上げるという事です。

例えば

月収100万円の壁を越えたいと思うのであれば

月収200万円を目標にしていく。ということになります。

そして

月収200万円を稼いでいる人になったつもりで

ふるまうようにしていきます。

自分がもしも月収200万円あったら

・どんな生活をしているのか?

・どんな服を着て、どんな食べ物を食べて

・どんな小物を持って、どんな家に住んでいて…

こんな風にイメージを膨らませていくんです。

物理的に見れば月収100万円という現状を

すぐに変えるのは困難な事かもしれませんが

イメージ上を変えることは非常に簡単です。

もう一度言いますね。

現状の収入、つまり物理的な世界をいきなり帰る事は困難かもしれませんが

イメージの世界、想像する世界は今からでも変えることが可能です。

あなたの今のメンタルブロックは

今の物理世界、今の現状、今の収入の影響を受けてできたものです。

そしてメンタルブロック自体は物理的なものではなく

あなたの心の中の目に見えない世界の問題です。

目に見えない心の中の世界、つまりイメージです。

ですからこのイメージを先に変化させていく事が

大切なんですね。

イメージの世界では自分は既に月収200万円を達成していて

その世界を十分に楽しんでいる。

実際に月収200万円を稼いでいる自分を

イメージ上で先取りするということです。

そしてイメージをより具体化する為に

今の時代、インターネットという最強の武器があります。

インターネットを使って

普段自分が検索しているような物を見るのではなく

自分の目標の収入を達成した人達が見るような

物を見るようにするんです。

例えば

車が欲しいと思っているのであれば

今の収入で買える車を見るのではなく

目標としている自分の収入を達成した時に

乗っているであろう車を見るようにする。

ということですね。

これ、意外と効果ありますよ。

僕もこのやり方は実際に取り入れています。

こんな風に

今の数入をベースにイメージをしていくのではなく

目標を達成した時の自分になりきった状態で

いろいろなものを見ていく事が重要だということです。

ですから

目標を高くすればするほど

後から利益がついてくる。ということになります。

今回の話があなたにとって良い気づきになれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

心から感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>