他のショップにも同時出品していることを明記する

私が出品時によくやる手法で
【他のネットショップに同時出品している】
ということを明記するノウハウがあります。
これは定額出品をする際限定で使っている技ですが
上手く使えばお客様が商品ページに入ってきたときに
その場で買う強制的な理由付けができます。

もし
その商品がとても魅力的で買おうかどうか迷っている人に対して
背中を押してあげるといった意味合いで強制力がうまれます。

その出品ページを離れてから戻ってきてももしかしたら
もうなくなっているんじゃないか??

過去に同じ苦い思いをした方なら
脳裏にフラッシュバックするわけですね。

私も買おうかどうか迷っている商品を翌日見に行ったら
無くなってしまった。。。
そんな苦い経験があります。

そういった苦い記憶を出品ページで意図的に引き出して
その商品を今すぐ買う意味付けをするわけですね。

殆どの場合、【お客様はその場で買う必要はないのです。】

買わなければならない理由がない限りは商品を買いません。
しかし、買う理由のある方ばかりを相手に考えていては
売上もそれなりになってしまいます。

様は、迷っている人達は沢山いるのですから
その迷っている人たちをいかに引き留めて
その場で買ってもらう理由をこちらから付けるか?

そういったマインドがとても重要になります。
もちろん、定額の設定金額が余りにも高すぎる場合には
そもそも見られませんので効果がありませんが
適切な値段設定、その他説明文が完成してきてから
使ってあげると尚いいかと思います。

私の高値売りマスターコンテンツ動画をご購入の方であれば
併せて使ってあげるととても効果があると思います。

こういった感じで同じ定額出品をするのにも
小技をふんだんに盛り込むことによって
とても効果的に定額出品を回転せる補助的な役割を
果たしてくれます。

全ては確率論の話になりますが
1パーセントでも高く売れやすい事を考え
出品に盛り込んでいった人が勝ちです。
今回は具体的な小技ノウハウのご紹介でした
是非試してみてくださいね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>