カメラ転売コンサルタントはプレイヤーでなければいけない理由

先日

他のカメラ転売塾に入っていて

僕のメルマガを読んでいる読者様から

『今入塾しているカメラコンサル塾で全然稼げていません。

実は、塾の講師がもうカメラ転売をやっていないんです。

指導をうけていてとても不安です。

このことについてロキさんはどう思いますか??』

という質問が来ましたので

僕なりの見解を皆さんにシェアしようと思います。

まず、単刀直入に言うと

【カメラ転売プレイヤー件コンサルタントは絶対必須条件です。】

何故プレイヤー件コンサルタントが必須なのかというと

以下の3つのポイントがあります。

1.市場は常に相場に変動があり

 現プレイヤーでなければ正確な相場がわからない。

2.今起きうるトラブルを、事前にコンサルタントが経験していないと

 リアルな返答ができない。

3.市場の売り方のトレンドや仕入れ方のトレンドは常に変化する為

 現プレイヤーでなければリアルに助言できない。

という事が言えます。

1.市場は常に相場に変動があり

 現プレイヤーでなければ正確な相場がわからない。

市場は

大きく分けて仕入れ市場、販売市場があり

いずれも常に相場が変動しています。

販売で言えば

先月はキャノン EOS70Dが6万円で売れたのに

今月は55000円にしかならなくなった。。。

仕入れで言えば

先月はキャノン EOS 70Dが55000円で仕入れていたが

今月は5万円で仕入れられた。

こんな感じで

1か月単位で相場は変化していきます。

こういった市場の流れを察知するためには

コンサルタントがプレイヤーとして

活動していない限り

細かい市場の流れに対応できません。

2.今起きうるトラブルを、事前にコンサルタントが経験していないと

 リアルな返答ができない。

これも大きな問題です。

市場が変化していく中で

起きてくるトラブルや問題は

常に付きまといます。

そういったトラブルに対応するためには

自分自身がプレイヤーとして

活動し続けていない限り

的確なアドバイスはできません。

3.市場の売り方のトレンドや仕入れ方のトレンドは常に変化する為

 現プレイヤーでなければリアルに助言できない。

売り方に関して言えば

特に市場で流行っている売り方もドンドン変化していきます。

今現在高値で売れている手法も

使えなくなり、その都度新しい方法や考えを

入れていかなくてはいけません。

仕入れに関しても同じように

今はその仕入れ方が通用しても

ライバルの参入によって仕入れづらくなることは

多々あります。

ヤフオクで仕入れを例に挙げると

数年前、まだカメラ転売がはやり始めたころは

ライバルも少なかったので

普通に入札すれば安く買えましたが

今はライバルが多くなり

同じ手法を使う人たちが増えたので

当然飽和して仕入れにくくなります。

そうなれば

次の仕入れ方を模索する以外に

稼ぎ続けられないのです。

【まとめ】

現役プレイヤーを引退してコンサルをしている人の中に

『落札相場さえ見ておけば指導できる!』

というコンサルタントもいる様ですが

ハッキリ言って考えが甘すぎます。

過去の情報は

今現在使えない事は多々あり

生徒さんには

今稼げる新しい情報を

与えていかなければほぼほぼ稼げません。

稼げたとしても

一部の超努力家のみです。

これからカメラ転売コンサルを

受けようと考えている人は

受ける前に必ずスカイプで話をして

講師が現プレイヤーかどうかを

絶対に確認してください。

今現在受けているコンサル塾の講師が

現役引退している人に

教わっているのであれば

かなり危険です。

そこで数か月学んでも

全く稼げていないのであれば

投資先を間違えたと判断して

早急に次を見つける方が無難でしょう。

投資資金は

後程稼げるようになれば

回収できますが

そこに使う時間は

二度と返ってきませんからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>