言葉があてにならない本当の理由

今回は

言葉があてにならない本当の理由

について話をしていきます。

もし仮にあなたに夢や願望があったとしますよね。

例えばもっとお金を稼げるようになりたい。

と思っているとしますよね。

お金を稼げるようになりたい。=カレーに例えたいと思います。

そうした時に

あなたがまだ一度もカレーを作った事がないとします。

(カレーを一度も作ったことがないいこ=稼いだ経験がない。状態。)

カレーを作るときは最初に具材選びからスタートするわけですよね。

玉ねぎ、ニンジン、お肉、カレールー、、、

という風に具材選びから始まるわけです。

そして家に具材を持ち帰って

野菜とお肉を切って、鍋に水を入れて

カレールーを入れて、、、

こんな風にカレーを作っていきますよね?

そうした時にあなたは

「美味しいカレーを作る。」という目標を立てているわけですよね。

カレーなら何でもよいというわけではないわけです。

普通のカレーの作り方のマネをしていても

「美味しいカレー」は絶対に作れないわけですよね。

美味しいカレーを作っている人のマネを

しなければならないということです。

言葉はあてにならないというのは

ここで出てくるのですが

「実際にあなたが見よう見まねでカレーを作りました。」

と言葉では言うんですね。

当然ですが見た目はカレーに見えるわけですよ。

ただ、実際に食べてみたら

味が全然よくなかったり

盛り付けが良くなかったり

野菜の切り方がよくなかったり

色々な違いがでてくるんですね。

本当はめちゃくちゃおいしいカレーが作りたいと

思っているんですよ。

そうした時に

美味しいカレーの条件というのは

おいしい具材選びから始まるわけですよね。

ただ

見よう見まねで何となく作ったカレーは

そんなことまでこだわっていないわけですよね。

とりあえずその辺のスーパーで買ってきたもの

原産地がどこなのか、味がどうなのかが

分からないものを買っていた利するわけなんですね。

にも関わらず

「言葉ではカレーを作りました。」

と言葉では簡単に言うんですね。

ただ

細かい部分を見ていくと全然ちがう

行動をしているということなんです。

何が言いたいのかと言うと

自分が夢や願望を持った時に

そのお手本になる人は必ずいるはずなんですね。

その人のマネをする。というのが一番最初に

決める事なんですね。

で、その人が作っているカレーライスと

全く同じように作れるようにならないと

意味がない。ということなんです。

お金を稼ぐということでいえば

先生の言っている事をある程度見よう見まねでやっていれば

それなりに結果を出すということはできるわけです。

ただ

先生と全く同じ結果をだしたい。

という事であれば表面上だけをマネしても

絶対に同じような結果にはならない。ということなんです。

ここをよく考えてすり合わせていく事が

非常に大切になります。

お金をかぐ為には「考え方が8割」なんですね。

目に見える稼ぐノウハウというのは残りの2割なんです。

言葉のように耳で聞いて認識したり

目で見たりして認識できる事よりも

目に見えない部分までマネをしていく

必要があるということになります。

今回の話があなたにとって良い気づきになれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>