あなたはバージョンアップしていますか??

自分は毎日バージョンアップをしているのか?

これは常に私が自分に課している事なのですが

昨日よりも今日、今日よりも明日といった感じで

人間的に進化しているのか?ということをいつも考えています。

具体的にどういったことなのか?といいますと

私はカメラ転売をやっているのでこちらでお話をしますが

やりはじめたころは月収10万円を得ることすらままならない状態でした、、、

しかし、試行錯誤を繰り返し新しいノウハウを考えたり

お金を投資し続けて新しいノウハウを吸収していったりしながら

利益を伸ばしていきました。

今では

はじめたころには考えられない位楽に利益を上げられるようになったのです。

しかし、ここで満足してしまったらサラリーマンの時と全く変わりません。

ふと気が付くとサラリーマンの時にもらっていた給料と同じくらいになって

満足してしまう自分が常に出てくることに気が付くのです。

ここで満足して、バージョンアップをすることを止めてしまう人間は絶対に

それ以上は利益を伸ばしていく事は出来ない!!

私はそう思っているので、カメラ転売のスキルも常に伸ばしながら

新しいビジネスに力を注いでいます。

ハッキリ言ってカメラ転売を始めた時とあまり変わらない時間の使い方を

今でもしています。

カメラ転売をやっていたころは副業でやっていたので

本業以外の時間の全てをカメラ転売にあてていました。

とにかく朝から夜中まで働いていました。

食事、トイレ、寝る時以外の起きている時間のほとんどがビジネスの時間です。

今はそのころあてていた時間の半分位の力でカメラ転売はやっていて

それ以外の時間を新しいビジネスに使っています。

結果的には利益を上げられるようになっても新しい事に力を使っているので

時間の使い方は変わらないということです。

殆どの方がカメラ転売で利益をあげると遊びはじめてしまったり

テレビを見る時間がふえてしまったり、ゲームをしたり、、、、といった感じで

あまった時間の大半を自分の趣味などに充ててしまうことが多いと思います。

しかし、その選択をするのは今なのでしょうか??

私はそう考えています。

カメラ転売だけに限らず、ネットビジネスに参入しある程度利益を上げれるようになって

その後の自分のバージョンアップに使う人と、ある程度のところまでいって満足し

現状維持を続ける人を比較すればその後の収入の差は歴然としてきます。

ネットビジネスで独立したということはこの先一生会社に守ってもらえないですし

たった一人の責任で生活しご飯を食べていき

人によっては将来的には家族を養っていかなければなりません。

そう考えた時に、一つのビジネスがうまくいったところで満足し

そのままバージョンアップを怠れば現状維持からどんどん衰退していく一方です。

これは物販ビジネスにも共通します。

物販、特にカメラ転売は

その機種の価値が常に変動します。相場が変動するということです。

この相場の波を読み続ける、すなわち仕入れと販売をリアルタイムにやって

新しい相場感をドンドン吸収し続ける事が必須になるということです。

また、商品は新しいものが常にでてきますので古くなった商品の

売り方を常に考えいかに高く販売していくか?という能力も必要になります。

こういったことは常に現役でカメラ転売をやっている人間にしか

分からない事です。

ですから、カメラ転売を始めてそれを元に情報発信をしていく方が多い中

今現在、カメラ転売を本当にやっているのか?ということが本当に重要で

昔やっていた、昔の実績というのはその時の相場や環境のものであって

今現在のものではない。ということなのです。

この辺りをしっかりと見極めたうえで教えてもらったりしないと

とんでもない事になってしまいます。

私も常に新しいノウハウを吸収していますが、そのノウハウの仕入れ先は

必ず今現在カメラ転売をやっている方なのか?

ということにフォーカスし、キチンと調べてから投資をしています。

調べ方は、今現在もカメラ転売の生の情報を発信しているのか?

ブログ、ユーチューブ、フェイスブック、ツイッターなどのいずれかで

必ず今の現状をリアルタイムに発信をしている方のみに絞っています。

それ以外の古い情報、例えば最後の発信が3か月前や半年前、、、、

そういった方の情報は古いと判断してノウハウの仕入れ先には選びません。

以上を踏まえた上で今あなたがバージョンアップするために

本当に必要な情報をもっている方なのか?

ということをしっかりと見極めていってくださいね!

今現在の自分自身のスキルや知識をドンドンバージョンアップしていくための

必須な事だと思いますので、参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>