ヤフオクから発展して大きな取引先になる可能性もある

今回は
ヤフオクから発展して大きな取引先になる可能性もある
ということについてのお話です。


ヤフオクで商品を出品していると
落札してくださった方の中にはヤフオク以外で
直接商品を買いたいという方も出てきます。


直接取引って聞くとちょっと怖い気もしますよね??
これはあくまでも私の例ですが、海外から日本に留学しに来て
バイヤーも兼ねてやっていらっしゃる方がいるのですが
その方は私からかなりカメラを買ってくれます。


ヤフオクで本来出品する金額からヤフオク手数料を引いてあげて
金額を提示すると、いくつか買ってくれるんですね。


私の場合は定額出品する商品に関して良く買ってもらうのですが
オークファンの一番高値で売っているので
利益もかなりとれますし、仕入れた時点で販売が決定するので
出品写真も、説明文も書かなくて済みます。
本当に楽ですw
商品を仕入れた段階でその方に直接連絡をして
販売しています。


入金確認をしてから商品を発送するため不審な人物とは
直接取引をしたくないのが購入者の考えですが


もちろん、入金を先にしてもらうので
入金確認後に商品を発送するため、詐欺はできませんよね。


ここで重要なのが、一度ヤフオクで取引をちゃんとしてある為
信用を得ているからできるということなんですね。


キチンとした対応と、誇大表現をやりすぎず、しっかりと説明文通りの商品を
販売することでこういった信頼を勝ち取り、継続して直接買ってくれる
方がでてくる可能性があります。


もちろん、詐欺まがいの様な方もいると思いますので
私も慎重に相手を選ぶようにはしていますが
一度信頼関係が出来てしまえば本当に楽に稼ぐことができます。


やはり、ビジネスをする上でリピート戦略はしっかりと
腰を据えて考えるべきです。


新規のお客様ばかりを追い求めて商売をする事だけ考えるよりも
こういったコアなファンをどれだけ増やしていけるのか??
この視点で商品の説明文や写真の撮り方を考えてみてください。

タイトルのつけ方や、コンディション表記も
多少プラスに表現することはカメラ転売のセオリーですが
やりすぎると、本当にリピート客を逃しかねません。


この辺を踏まえた上で長期的な目線で利益を考えて
カメラ転売に取り組んでみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>