病は気からを逆転の発想でビジネスに利用する!

皆さんこんにちわ!!

カメラ転売で生計を立てているロキです^^

おかげさまで副業からはじめて月収50万円を超え

本の出版がきまりました!!

今回は

病は気からを逆転の発想でビジネスに利用する!

についてお話します

タイトルを見た瞬間、いきなり何のことだ!?

そう思われたかもしれません

『病は気から』ということわざを聞いたことはありますか?

恐らくほとんどの人が聞いたことのあることわざかと思いますDASH!

知らない人がいないくらい

この『病は気から』という言葉が有名ですね

これは、本当に気持ちが落ち込んでいたり

嫌なことを考えていると、ストレスとなり

体まで病気になってしまうということですねダウン

これは医療の現場でも心と体の病の関係が認められていますし

実際に根拠のあるお話です

この言葉をきいて僕はふと気づいたのですが

病は気からになっている人は現代社会において

とても多いような気がしますが

逆に心からリフレッシュして幸せになっています

という人のニュースやエピソードはあまり聞かない気がします

これは、僕の中での仮説ですが

負の感情やマイナスのイメージにはとらわれやすく

正の感情やプラスのイメージは継続、イメージしにくいから

なのではないかと思います

例えれば、戦時中にくらべて現在の方があきらかに

物があふれ、豊かになっているにもかかわらず

現代病ともいわれる『うつ病』自殺者の増加などが

社会現象にまでなっています

これではちょっとおかしいなと僕は思います

環境はあきらかによくなっているのに

それでもなお、マイナスのイメージや出来事が消えない、、、

これは、時代や環境など関係なく

そういったものは常に自分の中にあり

いつの時代もマイナスの感情やイメージは

常に共存し付き合っていかなければならない

ものだと思っていますDASH!

問題はプラスの感情やイメージは作りにくく

とにかく意識して訓練して

つくっていく作業をしていかなければ

自分の中にマイナスの感情やイメージしか

もてなくなってしまうということです

更にこのマイナスイメージはタイトルにもある通り

自分自身を蝕み、病にさせてしまうほど強力なパワーがあります

、、、とここまで考えた時に

逆に、プラスのパワーを作ってしまえば

病気にもなりずらくなるし

ビジネスも高いモチベーションを保ちつつ

最高のパフォーマンスを発揮できるのではないか?

そう思ったのです

そして

色々と探しているうちに

僕はある脳科学の本に出会いました

そこには『アファメーション』という技術が書かれており

それをを使って

脳にプラスのイメージを植え付け、高いモチベーションを発揮し

継続させ、結果としてあり得ないようなレベルの夢や目標

達成させてしまうというものでしたキラキラ

僕はこのアファメーションを

カメラ転売を始めた時からずっとやり続けています

カメラ転売で50万円を達成したときのイメージを作りつづけ

実際に達成してしまいましたアップ

正直始めたころの自分には想像もつかなかったことでしたが

訓練を重ねていくうちに、結果もついてきたので

途中からは50万円を達成するイメージから、自信に変わっていました

僕の今やっているアファメーションは

100万円の成果を達成している自分のイメージを作ることです

これも多少の時間はかかるかもしれませんが

絶対に達成すると思い込んでいます

実際に0~50万をつくれたので

50万~100万はやり方を変えていくだけだからです

このように

マイナスのイメージもプラスのイメージも

選んでいるのは常に自分だということを忘れないでくださいDASH!

もし、環境のせいで今の自分がマイナスのイメージに

とらわれているとすれば、プラスのイメージを作る

訓練を今すぐにでも始めてください

それくらい、マイナスのイメージに浸っている時間は

無駄で、自分の身体的、精神的に危険を及ぼします

なるべく自分の中にある思考やイメージをプラスのもので

一杯にして、ビジネスも有利に取り組めるようにしていきたいものですね

病は気からをよく考えて、理屈を逆転させれば

僕のように逆転の結果が生まれるという一つのお話でした

このブログはカメラ転売の実績と経験を元に書いています

カメラ転売は副業からでも十分結果が出せる

ビジネスです

ブログを読んでくださっているあなたが

カメラ転売を有利に進めていけるようにと

考えて書いています

インプットしたら必ずアウトプットを心がけてください

理解や吸収力が全く違ってきます

カメラ転売に関する疑問や質問など

ドンドンお寄せください

必ず目を通してお答えさせていただきます

お読みいただきありがとうございました^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>