自己責任マインドの重要性

皆さんこんにちわ!!

カメラ転売で生計をたてているロキです^^

おかげさまで副業から始めて月収50万円を超え

本の出版が決まりましたキラキラ

今回は

自己責任マインドの重要性についてお話します

突然ですが

皆さんは今の生活に満足していますか?

こう質問されて、Yesと答えられる人は

この先読み進める必要はありません

満足していないという方がこの先読み進めてください

まず、今の人生に満足していない人達は

こんなことを自分に言い聞かせてみてください、、、

人生に満足できていない事を人のせいにしていないか??

何かに言い訳をして

今本当に自分のやるべき行動を起こせていないのでは?

そもそも自分の満足とはどんなことなのか??

こういったことを常に自分に自問自答してみてください

自己責任とは、読んで字のごとく

自分自身で責任をとるということですDASH!

人生を自己責任として考えてみると

生きていて自分の身に起きていることを全て

自分発信で起きていて、それに対して自分が考え

行動して起きた結果が今の自分自身の人生だと

僕は考えます

これをビジネスで例えてみます

月収50万円もらう思うことが

一つの人生の満足感につながると思っているとします

その満足感を得るためには

月収50万円を手に入れる行動が不可欠になります

現時点で月収20万円の状態だとすれば

月収50万円を手に入れるための行動を起こさなければなりませんDASH!

残酷なことかもしれませんが

ただ指をくわえて毎日を過ごしていても

50万円の生活は手には入らないのですダウン

この事実、この仕組みをしっかりと理解しないと

様々な言い訳や、行動をしない理由を考えだし

人は20万円の生活パターンを変えようとは

中々できません

そして多くの人たちが

自分の行動パターンを変えようとしません

理由は簡単で

先ほどの原理を理解していないからですDASH!

自分自身の人生は自己発信からなっていて

他人が動かしているものではない

だから自分自身が目標とする場所へたどり着く

努力をしなければ、そこへは行くことはできない

この原理をしっかりと頭で理解しないで

自分ができないことや

努力しない理由を自分以外に向けているうちは

何もかわらないということです

僕も自己責任マインドが出来上がっていなかったときは

色々な事を自分以外の責任として

努力しなかったり

目標も夢もあったのに

できない理由を考えだし、勝手になかったことにして

自分自身が決めたことに嘘をつき続けてきました、、

しかし、そんな自分が嫌になって

自分自身にこれからの人生の事や

今までの人生を振り返り

はたして自分はどうなっていきたいのか?

ということを真剣に考え

自分自身でお金を生み出す力が必要という

一つの結論が出てからは

必死にカメラ転売に取り組みましたビックリマーク

 
そして、まず目標にしていた

月収50万円の壁は4か月ほどで越えました

これからは月収100万円が目標なので

自己責任マインドをもう一度意識して

この挑戦に取り組んでいくつもりです

僕がニートのような状態から

自分自身の力で月収50万円以上を生み出せるようになったのは

ただ一つの変化

それが自己責任マインドを作ったということですキラキラ

このマインドセットがあれば

常に自分に責任があるので

全ての行動に意味がでてきますし

一つ一つの選択も真剣になれます

会社に属するのをやめ

自分自身で生計をたてていこうと決断した時も

このマインドセットがあったからこそできました

ここまで読んでいただいたあなたも

自己責任マインドを意識して

生活してみてください

数か月もすれば、驚くほど人生の見方も変わってきますよ

このブログはカメラ転売の実績と経験を元に書いています

カメラ転売は副業からでも十分結果が出せる

ビジネスです

ブログを読んでくださっているあなたが

カメラ転売を有利に進めていけるようにと

考えて書いています

インプットしたら必ずアウトプットを心がけてください

理解や吸収力が全く違ってきます

カメラ転売に関する疑問や質問など

ドンドンお寄せください

必ず目を通してお答えさせていただきます

お読みいただきありがとうございました^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>