最短で稼げることの重要性!!

【最短で稼げるようになる事、、、】
今回はこの事の重要性についてお話します。

これは私が最も大切にしている事でもあります。
【何故最短で稼げるようになる必要があるのか?】
答えは簡単です。

のんびりやっていると次第にやる気のエンジンの
稼働が鈍くなり、成果が上がりにくくなり
酷い場合作業自体を諦め、辞めてしまうからです。

恐らく
このメルマガを読んでいるあなたは
・カメラ転売で稼ぎたい
・もしくは更に稼げるようになりたい
そう思っている方だと思います。

『カメラ転売で稼ぎたい!』
そういった強い思いがあったからこそ
私のメルマガに登録して
勉強しようと思ったはずなのです。

【始めにアクションを起こした時のパワー】
維持し続けることはとても難しいので
その【情熱的なパワー】があるうちに
稼げた!という実績を作ってしまった方が
絶対にいい結果が生まれます。

成果を出すのに時間をかければかけるほど
やる気がどんどん失われていって
最後には『カメラ転売は稼げない!』
意味の分からない言い訳を言って
辞めてしまうのです。

私が意味が分からないというのは
【稼げている人達がいる】という事実を
無視して、自分が出来なかったことを
棚に上げる発想の事を指します。

時間をかければかけるほど
【モチベーションの維持が難しくなる原理原則】
私は知っているため、成果を上げるのに
時間をかけない方法を必ず実践します。

【稼げている人達がいる】のに
【自分が稼げない事実】を自ら作り
稼げなかったのをカメラ転売のせいにする
といった事をしたくなかったからです。

だって、『自分が稼げる!』と信じて
参入したのに、稼げないと決めてしまうのは
これって、自分の見る目がなかったことを
認めるのと一緒ですよね?

これってどんなことにも言えると思います。

・恋人と付き合おうと決めた時も
・結婚しようと決めた時も
・何か新しい事を勉強しようと決めた時も
・ダイエットや筋トレをしようと思って決めた時も

それって、自分が決めたことに何らかの
強い想いがあってやろうと決めたんですよね?

私は恋人と別れたこともありますし
ダイエットに成功したこともあれば失敗したこともあります。
もちろん人間ですから完璧ではありません。

ただ、ことビジネスにおいては絶対に
自分が稼げると思ったら稼げるまで
諦めたくなかったんですよね。
ビジネスって、結局は自分との闘いなので
ここで稼がなかったら自分以外のせいに
できませんからね、、、

だからこそ
【絶対に稼げるようになりたい】
相当強く思いましたし
最短で稼ぐ為にどうすればいいのかを
考えてひたすら行動し続けました。

とにかく

・無駄な時間を断つ(ゲームやテレビ、飲み会などの遊び)
・食事、休憩、寝る、トイレ以外は殆どカメラ転売をしたり考える。
・とにかく成功者の音声を聞きまくる。
・コンサルを受ける、ノウハウに投資を惜しまない。

こういったことを繰り返していって
副業から始めて4か月目で月収50万円以上を稼いだのです。

そして、今現在ももっともっと収入を増やす為に
日夜情報収集や行動をし続けています。
それでもまだまだ上には上がいます。

あなたがもし、すでに稼げていて
お金に何も困っていないし
人生にも十分満足しているよ!
という方でしたら、無視していただいて結構です。

しかし
現状に満足できないと少しでも思い
『カメラ転売で稼ぎたい!!』そう思い
私のメルマガを読んでいただいているのであれば
とにかく【最短で稼げるようなマインド】
作ってください!

『どうやればいいの?』
、、、という声が聞こえてきそうですが

勘のいい方であれば
ここまで読んでいただいた時点で
やるべきことがすでに見えているはずです。

とにかく、まずは
【人のせい、物事のせいにしない。】
まずは、自分の中に問題がある
と思い、周りを見てみてください。

ここから始めてみてください。
それができるようになってくると
今まで私がお伝えしたことが
自然と見えてくると思います。

これだけ言っておきます。
カメラ転売で稼いでいる人は
あなたが思っているよりも多いと思ってください。
しっかりとしたやり方を
きちんと実行さえすれば
【カメラ転売は稼げるビジネスです。】

ここは絶対にブラさないでください。
なぜならば事実だからです。

その事実から目を背けずに
これからのメルマガを読み進めてください。

今回は完全にマインドのお話で
かなりシビアな記事となりました(^_^;)
感想などあれば是非ご連絡くださいね!

それでは!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>