赤字にビビッていつまでも在庫にしておくリスク

今回は
赤字にビビッていつまでも在庫にしておくリスク
についてのおはなしです。

読者様からの質問で多いのが
定額出品をしているのですが中々売れません。
どのように販売すれば売れるのでしょうか??
というものです。

まず
資金との兼ね合いもあるので
1か月定額置きできる方もいれば
2か月定額置きできる方もいると思います。

2か月も3ヶ月も置いておいて売れていかない商品がある場合
そもそも仕入れ価格が高かった商品に関して
損切りができない状態になってしまっている可能性があります。

そういう商品の場合の可能性を考えて一度オークファンで
現在の相場価格を調べてみてください。

仕入れた時点で
そもそも仕入れ価格が高かったという場合と
定額置きにしているうちに相場が下落して
仕入れた時の価格を割り込んでいるという
事も考えられます。

そういった場合には
残念ですが在庫処分という事で多少の赤字を覚悟しても
売り切ってしまい、新たな仕入れ資金に回した方がいいです。

いつまでも損切りできずに商品を持っていると
相場価格がどんどん下落してさらなる赤字を引き起こしたり
資金難に陥り仕入れが出来ず利益を上げる事ができなくなります。

例え赤字になったとしても以上のリスクの方が大きいと捉え
次に進んでいくという選択を取れるかどうか??

ここが稼げるかどうかの分かれ道になると思います。

なにも1円スタートの投げ売りに
してくださいと言っている訳ではなく
定額出品でも売りやすい価格設定に
見直してあげれば良いのです。

1円スタートにして大赤字を食らうくらいなら
定額出品の価格見直しで赤字を最小限に止めるという
方法もあり、とても有効です。

是非その辺も視野に入れて定額出品の価格見直し
在庫処分もやってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>