引き寄せの法則 お金編 お金持ちは○○時の感情が良い

今回は

お金持ちは○○時の感情が良い

という話をしていきます。

動画と記事の内容は少し違います。

最近僕の所に

「お金の増やし方ってどうすればよいのですか?」

とか

「収入を増やすにはどうすればよいのですか?」

という質問が来ますので

こちらで回答していきたいと思います。

「お金が増える人」

「お金が増えない人」

の違いがハッキリとわかる内容になっていますので

最後までご覧いただければと思います。

大前提として

お金を増やすことが出来る人は

お金の扱いが上手なんですね。

逆に

お金を増やすことが出来ない人は

お金の扱いが下手なんです。

例えるなら

勉強のしかたが下手な人よりも

勉強のしかたが上手な人の方がテストの点数は良いのと

同じことです。

勉強だからできて、お金だからできない。

という事ではありません。

お金が増えないのは単純にお金を増やす為の

扱い方を知らないだけです。

お金の扱いがうまくなればお金は必ず増えます。

今回はお金の上手な扱い方について

話をしていきますので最後までご覧くださいませ。

まず最初に

お金持ちと言うとどんなイメージがありますか?

・不動産をたくさん持っていそう。

・株式投資が上手そう。

・資産運用が上手そう・

・高級品を持っていそう。

こんな感じでしょうか。

確かに物質的な面を見ればそうですよね。

ただ今回は物質的な面は置いておいて

実際にお金持ちの人がどんな感情で

お金を使っているのか?

という内面の話をしていきますね。

お金持ちの人たちはどんな感情をもって

お金を使っているのか。

結論を言いますと

お金持ちの人たちは

お金を支払う時に良い感情をもってお金を支払うんですね。

この世の中にはお金を良い感情で使うとお金に恵まれる。

という法則があります。

何故お金を良い感情で使うとお金に恵まれるのか?

例えば

あなたが100万円の商品を購入したときに

心の中で

「かなりお金が出ていってしまった。。。」

「来月の支払い大丈夫かな。。。」

こんな風に

お金を使ったことに対してネガティブな感情を

持っていたとしますよね?

そうするとどうなるか?

あなたがお客様に100万円の商品を売る事に

抵抗を感じてしまうという事になるんです。

つまり人は

自分が気持ちよく支払えるお金までしか

自分も気持ちよく受け取る事ができない。

ということなんですね。

簡単な質問をしますが

あなたは100円を現金一括でもらうのと

100万円を現金一括でもらうのとを比較した時に

どちらの方が受け取りやすいですか?

といわれた時に

99%以上の人が100円現金一括の方が受け取り安いと思います。

それは何故か?

あなた自身が普段から100円を一括で支払うことに慣れていますし

100円を支払う時に特にネガティブな感情を感じていないからです。

しかし

100万円を一括で支払うとなると状況が一転するわけですよね。

100万円を現金一括で支払うとなると

それなりにネガティブな感情が生まれる人が圧倒的に増えるわけです。

何故か?

普段から100万円を現金一括で支払う事に慣れていない

もしくはした事がないからです。

こんな風に

自分がお金を支払う時にネガティブな感情を持つ金額は

自分がその金額を受け取る時もネガティブな感情を

持ってしまい、受け取れなくなる。という事です。

この話からも分かるように

お金を払う時にネガティブな感情を持つのではなく

ポジティブな感情を持つと受け取る事ができるので

いかにお金を支払う時にポジティブな感情を持てるようになるか?

ここが大切になってきます。

とはいってもいきなり100万円を気持ちよく支払って下さい。

といっても実践できる方は少ないと思います。

(もちろん、いきなり試してもらうと即効性があります。)

ですので

毎日自分がお金を使う時は必ず自分の感情をチェックして

ネガティブな感情になっていないか?

きちんとポジティブな感情で支払うことができているか?

ここに意識を向けてみてください。

こうやって

毎日毎日、お金を支払う時の感情に意識を向け

ポジティブな感情を積み重ねていくと

徐々にお金を受け取ることも上手になってきますので

試してみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございます。

心から感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>