コーチング生徒さんからの嬉しいメッセージ

今回は

コーチング生徒さんからの嬉しいメッセージ

ということで話していきたいと思います。

先日僕のコーチングを受けて頂いている生徒さんから

嬉しいメッセージを頂きました。

「ロキさん、メッセージありがとうございました。

 感動しました。

 今まで自分は理想の自分をイメージすらできない状況でしたが

 これからは人生を変えます。

 ロキさんに出会えた事に感謝いたします。

 自分がロキさんを引き寄せる事ができたことに

 感謝いたします。ありがとうございます。」

という非常にうれしい内容でした。

この人は既に自分のビジネスである程度稼いていて

更に人生を好転させていきたいという事で

僕のコーチングを受けてもらうことになりました。

最初話したときは自信をすっかりと無くしてしまっていて

自分の夢や目標に対して達成するイメージがわかない。

できるかどうか不安だ。という感じでした。

色々と話をしていく中で

この人の潜在意識の中にネガティブな記憶があったんですね。

そのネガティブな記憶の手放し方をお伝えし

実践してもらうことになりました。

コーチングが終わった数日後に

既に心境に大きな変化が表れたという事で

今回のメッセージを頂いた。という流れです。

この人の様に人は自分の夢や目標を持った時

現状と夢との間のギャップがあまりにも

かけ離れているからあきらめかける。

もしくはあきらめてしまうんですね。

ただ

現状と夢の間にギャップがあるから

「夢」という言葉になるわけですよね。

現状の延長線で到達してしまう事は

「夢」とは言いません。

それは現状の延長線上の未来であり

容易に想像ついてしまいます。

例えば

サラリーマンの人が一生サラリーマンで人生を終えるとすれば

現状から退職するまでの給料はおおよそ計算できますよね?

給料がおおよそ計算できればどういった生活水準になるのかも

計算できてしまいます。

つまり未来が見えてしまうわけですよね。

現状の延長線上の未来という事になります。

容易に想像がついてしまう=「夢」ではありません。

サラリーマンの人が脱サラしてお金持ちになろうとして

会社を設立し自らビジネスを始めた。

これならどうでしょう。

現状=サラリーマンとしたときに

現状の状況から未来を想定することは難しいですよね?

事業に失敗するかもしれないし

大金持ちになるかもしれないし

サラリーマンの時より裕福になるかもしれないし

もう一度サラリーマンに戻っているかもしれません

つまり現状と未来の間に大きなギャップが生まれているわけです。

これを「夢」というわけですよね。

人は「夢」を描いたときに

夢を達成している自分よりも失敗する事を想像します。

何故か?

これは過去の記憶によるものです。

あなたが過去に受けてきたネガティブな体験や記憶が

潜在意識に染みついています。

このネガティブな記憶を手放さない限り

理想の未来へ向かって行動することはできません。

意識が夢に向かっていこうとしても

潜在意識にネガティブな記憶があると

現状⇔夢

こういう風に現状と夢の間で綱引きを始めます。

そのうち意識は潜在意識の力に負けてしまい

ネガティブなほうを選択するのです。

これが夢がかなわない最大の理由になります。

こういった事を根本から改善していくのが

コーチングです。

今回の生徒さんの様に

過去のネガティブな記憶を手放すと

潜在意識がクリーニングされ

夢を叶える方向に行動を始めます。

こうなると奇跡の様な引き寄せを起こしたり

人生がどんどん好転していきます。

稼いでいるけど幸せを感じない。

稼ぎたいけど中々稼げない。

人間関係を良くしたいけどうまくいかない。

これらは全て潜在意識と意識の向いている方向が

違うからです。

潜在意識と意識の方向を合わせる。

これがキーポイントになります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>