月収の上限が頭打ちになったら取るべき方法

今回は
月収の上限が頭打ちになったら取るべき方法
ということでお話していきます。


毎月固定給で決まった額面をもらっている方は別として
完全歩合でやっている方や、独立している方達が
対象になりますが


今現在、リアルビジネスでもネットビジネスでもいいので
現在の月収の上限が頭打ちになってしまっていて
その壁を中々越えていけないという状態の方は
非常に多いと思います。


現在もっている100%の知識と労力をもってしても
中々現在の月収の壁を超えられない。。。


これってかなりきつい状態ですよね??
本当に頭を悩ませますよね。。。


私も当然、自分でビジネスをしているので
こんな時はしょっちゅうあります。


月収を上げたいのに上がらない。。。
そんな時は何をしていいのかわらなくなり
一日中あたまの中がボーっとして
ロクに何も手につかず、気づいたら布団の中にいた。。。
こんなことってよくあります(笑)


そんな日がひどい時は一週間以上続く事もあるんですよ。。。


でもこんな時は幸せだなーとも感じます。
自分自身の為にここまで頭を使える事の幸福感ですね。


会社にいる時は、いかに自分以外の人と上手くやっていこうかとか
いかにサボって給料をもらおうかとか
そんなことばかりしか考えられてなかったんですから。


しかしながら、現実問題自分でビジネスをしている以上
絶対に解決しなければならないと思いやっぱり頭を使いまくります。


そんな時に私が取っている方法は


・今現在のビジネスの枠の中で違った視点で見直し、他の方法を考える。
・全く新しい方法にチャレンジする。
・今まで中途半端にしていたことで伸びなかった分野に着目しテコ入れする。


この3つの事を意図的にやります。


私の例で言えば、
現在カメラ転売をやっているのですが、カメラ転売の中で

・リサーチ方法について他の方法がないか考える時間を作る。
・出品時間の短縮方法がないか模索する。
・現在の仕入れ先でもっと安く仕入れる方法はないか考える。

などなど、分野を変えずに今現在やっている方法の中で
普段陥っているルーティンワークを一旦やめてでも
現在やっている方法の他にいい方法はないかを考えます。

こうすることで現在やっていることのパフォーマンスを上げて
結果的に月収アップにつながることもあります。


全く新しい方法にチャレンジする
これは、私で言えば物販以外のビジネスにチャレンジするなどといった感じで
現在やっているものとは異質のものにチャレンジすることによって
全く新しいキャッシュポイントを伸ばしていくということです。


この方法は結果上手くいけば新たなキャッシュポイントが増えますので
リスクヘッジにもなるのでとても有効ですが
もし、成功しなかった場合にそれまで使ってきた時間が無駄になってしまう
ということも考えられますので、取り組む分野を見極める必要があります。


物販をメインでやっている方であれば、同じ物販の全く新しい商品を
一から勉強するというよりは、アフィリエイトなど、ある程度自動化が
出来るものをやった方が収入が発生してきた場合その後が随分楽になると思います。
同じ物販をやる場合は、労働時間が限られているので、かなり利益率の高い
商品以外はやらない方がいいと私は考えています。


今まで中途半端にしていたことで伸びなかった分野に着目しテコ入れする。


これは意外とやっておいた方がいいと思います。
私も自分でブログを書いたり、フェイスブックをやったりしていますが
中途半端な知識しかないため100%の集客効果を発揮できていないと
自負しております。


もちろん、カメラ転売においても、まだまだ扱った事のないジャンルの
カメラやレンズも沢山あるわけで、そういった
現在自分でやろうとして中途半端になってしまっている事に
着目して、その部分をテコ入れしていく作業がとても重要です。


こういった感じで自分自身の月収の上限が頭打ちになってしまっている場合は
自分が頭打ちになっている理由を考え、まだまだやり残していることが
あるのであれば、その部分を強化したり、他の分野に移った方がいいと
考えたのであれば他の分野を伸ばすことを考えるといいと思います。


いずれにしても、せっかく自分でビジネスをやろうと思って
切り開いた道ですから、誰にも邪魔されず自分自身で考えて
この壁を超えていければ本当の自分の実力が見えてきます。


このネットという素晴らしいシステムを活用できる現代に
生まれたわけですから、扱う自分のレベルさえ向上させれば
いくらだって月収を上げていけるわけなので
頑張っていきましょうね!!


今回は月収が頭打ちになってしまった時に取るべき方法について
お話していきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>