人が成長する原因とは?

今回は

人が成長する原因とは?

という話をしていきたいと思います。

音声で学びたい方は下記をクリック!

人の成長は一体どんな原因によって

サポートされているのか?
という話をしていきたいと思います。

人が成長する原因は
責任の度合いということになります。

自分がどれだけ大きな責任を背負っているのか?
ということが人間を成長させる大きな原因になります。

まず、大前提として
宇宙の真理があります。

時代を超え、人種の壁を越え、国を超えて働いていて
地球上のすべてのものに
影響を与えている宇宙の法則があります。

それは「変化の法則」です。

地球上のありとあらゆるものが
一定の状態を保つということはなく
常に時間とともに変化していく。というものです。

仏教用語で「諸行無常」と言います。

そして宇宙の真理として
変化という心理はありますが
その変化には成長と衰退という
2つの変化があります。

地球上のあらゆるものが時間とともに常に変化し
その変化は成長か衰退のどちらかしかない。
ということです。


もっと言ってしまえば
自然放置していれば殆どの場合が衰退の方向に
変化していきます。

僕たち人間でいえば
何もしないでただ時間を経過させていけば
物を忘れ、体は衰えていくわけですよね。
常に頭を使い、運動をして状態を維持していく
もしくは更なる成長をしたいのであれば
それ相応の努力が必要になります。

こんな風に僕たち自身も時間の経過とともに
変化していくわけですが
何もしなければどんどん衰退の道を
歩むしかない。ということです。

昨日と同じ今日を生き続けていて
年を重ねれば成長していくという錯覚を
持ってしまうかもしれませんが
それは幻想です。同じことを繰り返していれば
衰退につながっていきます。

何故なら時代はどんどん新し方向へ
変化していくからです。

では僕たちが常に進化成長をしていくためには
どうすればよいのか?

それは外圧→外からの圧力が必ず必要になります。

外圧というのはストレス。という風にも解釈できます。
このストレスなしには人は進化成長できない。
ということです。

人間の本能として常に安心安定、リラックスを好み
ストレスを嫌う。という性質があります。

ですから本能通りに生きていたら
衰退の一途をたどるだけ。ということです。

例えば
体がどんどん衰えていくのであれば

「トレーニングしなさい。」

という風な事を言ってくれる外圧が必要だ。

ということです。

外圧が加わったことによって
最初は嫌々でもトレーニングをしていれば
時期に体の筋肉は引き締まり、成長していきます。

ただ、自然放置すればどんどん衰退していきます。

自然放置していたら衰退していくところを
進化成長の方向に持っていきたいのであれば
それ相応の努力が必要である。
ということですね。

今までの話が成長の大前提になります。

この大全体をしっかりと理解した上で
本当に本当に進化成長を望むのであれば
あえて自分自身にストレスをかけていく
ということが絶対必須になります。

先ほど話の中で
人間の本能として常に安心安定、リラックスを好み
ストレスを嫌う。という性質があり
この本能通りに生きていたら
衰退の一途をたどるだけ。

という話がありましたが

人はほおっておけば無意識に安心安定、リラックスを選択します。

経済的な面で言えば

・職場でも外圧が無ければサボろうとします。
→上司に監視される等の外圧が無ければ殆どの場合サボります。


・自営業で仕事をしていても外圧が無ければサボろうとします。
→指導者や外圧が受けれる環境が無ければ殆どの場合サボります。

いついかなる時も
人は楽しよう。楽してどうにかしよう。という無意識が働き続けています。

だから

「楽して○○万円稼げる。」「楽して痩せれる。」「楽して英語が話せる。」

という甘い言葉にすぐのってしまいます。

この甘い考え方を消すために
もう一度宇宙の真理の話をします。

地球上のあらゆるものが時間とともに常に変化し
その変化は成長か衰退のどちらかしかない。
自然放置していれば殆どの場合が衰退の方向にすすみます。

僕たち人間は
何もしないでただ時間を経過させていけば
全てが衰えていきます。
更なる成長をしたいのであれば
「それ相応の努力が必要」になります。

もし、衰退ではなく進化成長をしたいのであれば
楽な道は100%ありません。
それ相応の努力が必要になります。

殆どの人がこの法則を無視して
自分がリラックスをしながら進化成長できると
勘違いしているのです。

リラックスを取りながら進化成長することは無理だ。
という事実に、一日も早く気づくことが大切です。

安心安定、リラックスがどういう状態か?

それは居心地の良さを感じている時ですよね。

居心地の良い環境、居心地の良い人間関係の中にいたら
人は必ず堕落します。

居心地の良い環境や居心地の良い人間関係とは
今の自分自身を変化させる必要がないからです。

今の自分自身を変化させる必要がないということは
変化の法則の影響を受ければ
必ず衰退していきます。

「ファーストペンギン」という言葉がありますが
集団で行動するペンギンの群れの中から
天敵がいるかもしれない海に
魚を求めて最初に飛び込む1匹の事をいいます。

ペンギンは同じペンギンの群れの中にいれば
安心安定ですよね?

今ある安心安定を捨て去って最初に
天敵がいる場所に飛び込む→ストレスの環境に飛び込む
事ができたから新たな食料を確保することが出来るわけです。
もし、ペンギンの群れにい続けたら
食料に困って死んでいたかもしれません。

この話と同じように
天敵がいるかもしれない海の中に飛び込む勇気と
そのリスクやストレスの中で自分を鍛えるという

努力なしには新しい発見や成長はない。ということです。

今までの話とは逆に
本能のままに生きる事が素晴らしいことだ。
という考え方もあります。
その考え方を否定するつもりはありません。

ただ、安心安定を望みリラックスしながら
生きていく事を望むのであれば
進化成長を望む事をあきらめたほうが
もっと幸せに生きられるはずです。

何故なら自分が本当に安心安定、リラックスを
望んでいるのであれば
進化成長したいという考えは矛盾しているから。

矛盾した考え方を持ちながら生きることほど
苦しいことはないからです。

年齢とともに衰退していく事を心から受け入れ
衰退することを恐れず、自分が望んでいる事だということで
進化成長することをあきらめたほうが
心は楽になるはずです。

ただ、自分はどんな事があっても叶えたい夢や願望があり
その為の進化成長は受け入れる。という
本物の覚悟があるのであれば
ファーストペンギンになる必要があるということです。

いかに大きな責任を背負い
生きていけるかが大切だ。ということです。

会社組織で例えればとても簡単です。

普通の社員→社長になるにつれて
責任の大きさは上がっていきますよね?

それとともに自分にかかるストレスは大きくなります。

会社で昇格すればするほどストレスは増し
責任感も増えるということです。

ですから社長になるのが一番大きなストレスを
抱えるということになりますよね。

大きな大きな責任、大きなストレスを抱えるからこそ
収入がアップするチャンスをつかむことが出来るわけです。

担う責任が大きければ大きいだけ
安心安定、リラックスの比重は減り
成長するチャンスが大きくなるということです。

ですので大きな進化成長
成功を収めたいという事であれば
大きな責任を担っていくということが
必ず必要になってきます。という話でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>