成功する為にはバランスを崩す

こんにちは。ロキです。

今回は
成功する為にはバランスを崩す
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。

成功する為にはバランスを崩す

成功のためにはバランスを崩すという事なんですが
そもそもバランスとは何か?というと
「つりあい」「安定」「均衡」
という意味ですよね。

天秤があったとしたら
両方のお皿の上に同じ重さの物がのっかっている時に
バランスが取れている状態。
安定した状態。
均衡した状態になるわけです。

今回の話で
成功する為にはバランスを崩すという事でしたが
何故バランスを崩す必要があるのかというと
成功する為には集中が必ず必要だからです。

集中するという事は複数あった選択肢を断つ決断をして
一つに集中すると決めるということです。


だから
成功する為にはバランスは必要ない。
成功する為にはバランスを崩す必要がある。
ということです。

意外かもしれませんが
元々人間の脳の能力の差っていうのは殆どないんですね。


ただ、外に出ている結果が人によって違うから
能力に差がある。と思うかもしれませんが
実は脳の能力の差っていうのは大した差じゃないんです。


じゃあ、
なんで人によって出ている結果に差があるのかと言うと
持っている能力を集中させているのか
分散させているのかの差なんですね。

例えば
人の脳の能力の力をわかりやすく10という数字で
数値化してみたとしますよね。


そうした時に
Aさんはやる事があり過ぎて1日の内に10個やる事があったとします。
すると持っている能力10を全て均等に1ずつ分散して使っている
ということになりますよね。


かたや
Bさんはやる事を1つに絞っていて
持っている能力10全てを1つに集中させていたとしますよね。


どちらの脳の使い方が成功するのかといったら
一目瞭然ですよね。


明らかにBさんの様に持てる能力全てを1つの事に
集中させた方が成功するに決まっているんです。


Aさんの様にあれもこれもやらなきゃいけない事が
沢山あればあっただけ成功から遠ざかっていくのは
当たり前の結果なんですね。


成功している人の脳の使い方は
やる事が多いのではなくてやらない事が多いんですね。

あれもこれもやる。ではなくて
これとこれとこれはやらない。これだけをやる。

という様な脳の使い方をしているんです。

もし、ビジネスで成功したい。という事であれば
1日中、1つのビジネスに集中できる人は
かなりの高確率でビジネスで成功することができる。
という事になります。


だから
成功する為に必要なのは集中であり
成功する為に必要ないことはバランス。ということです。


成功するということを
好きな時間に、好きな場所で、好きな人と、好きな事が出来る
という風に仮に定義するとすれば


それは結構簡単に手に入るんですね。


めちゃくちゃ難しいと感じるかもしれませんが
実際は結構簡単に手に入るんです。


何故かというと
決断によって一つの事に集中できている人が少ないからです。


例えば
日本で言うと99%の人は成功する事をあきらめているんですね。
口では成功したい。という人もいると思いますが
実際心の奥底では成功することを既に
あきらめてしまっているんです。


その一つのきっかけになったのが
ワークライフバランスですよね。

ワークライフバランスっていうのは
仕事と家庭の調和ということですよね。

そのための政策の一環として
週休2日制の導入だったりとか
残業をしないで定時に帰りましょうとか
働き方改革として午後15時に仕事を終えましょうとか
どんどん仕事を減らしていく方向に向かってますよね。


これだけ仕事をしない時間を増やしている中
実際にどれだけの時間仕事しているのかを
図ってみるととんでもない事がわかるんですよ。


もし、週休二日で休んで、祝日も休んだとしたら
1年で約120日程度休んでいる事になるわけですよ。
つまり3日に1日はしっかりと休んでいるということになります。
つまり3分の2の日数しか働いていないということになります。

更に1日24時間と考えて
残業無しで1日8時間しか仕事をしていないとしますよね。
すると1日の内の3分の1の時間しか仕事をしていない。
ということになります。


これらをまとめると
1年の内の9分の2の時間しか働いていない。
ということになります。


つまり9分の7の時間を仕事をしていない。というのが
日本の一般の人の働いている時間になるわけです。
これでどうやって仕事で成功するんですか?
ということですよね。


日本人の99%の人たちが
1年の内の9分の2の時間しか仕事をしていないのであれば
成功するのなんて実は簡単なわけですよね。

実際はライバルなんていないようなものなんです。

世間がワークライフバランスが重要だ。
とか言って力を分散させている間に
自分のビジネスに一点集中して毎日働き続けていれば
勝つべくして勝てるんです。

世間はあまりにも仕事をしていなさすぎるわけですから
逆に世間の基準であるバランスを捨てて
仕事に集中さえしていれば成功なんてできるんですよ。

あとは100歩譲って仕事をしている9分の2の時間が
本当に会社の利益に直結することをやっているのであれば
まだいいんですよ。


ただ、実際は殆ど重要な事なんてやってないんです。


例えば
会議とか打ち合わせとか飲み会とか付き合いとか
人に会ったり、会話したりして
重要な事はやっていなかったりするんですよ。

会社にとって重要な事は何ですか?って言ったら
見込み客の方に商品を販売することですよね?

それによってしか売り上げは上がらないんですよ。


飲み会に言って売り上げが上がるわけでもなければ
会議をして売り上げが上がるわけでもなく
打ち合わせをして売り上げが上がるわけでもないんですね。


会社にとって唯一、利益をもたらす仕事というのは
見込み客の方が自社の商品を購入してくれた時だけなんです。
会社にとっての第一優先は売り上げを上げる事なんです。
売上さえ立っていれば他の問題はどうにでもなるんですよ。


会社できちんと利益が上がっているならば
そのお金で後の問題というのは殆ど解決してしまう事なんですね

しかし
会社で売り上げが上がっていないと
他の問題を解決することはできないんですね。

会社の存続すら危うくなるわけです。
ここを勘違いしてはいけないんですね。


だから
会社で最も優先しなければならない事は
見込み客を集めて商品を販売する。という事なんです。

ただでさえ殆どの日本人が
一年の内の9分の2の時間しか仕事をしていなくて
その中で見込み客を集める為の仕事の時間
そしてその見込み客に商品を販売している時間が
どれくらいあるのか?
という所を見ていかなければいけません。

そうした時に
殆どの人がそれ以外の事に
時間を使っているはずです。

会議や打ち合わせでは売上は上がりません。
飲み会をしていても売り上げは上がりません。


何故なら見込み客を集めているわけでもなく
商品を売っているわけでもないからです。


売上を上げる為の仕事の時間を十分に取っていないにもかかわらず
売り上げが上がらないんです。って言っている人が
99%なわけですから

余裕で成功できるわけですよね。


みんなやるべきことをやっていないわけですから
その人たちと結果に差が出るのは当たり前の事なんです。

そう考えた時に
成功する為には決断と集中が最も重要だ。という事であれば
逆に言えば成功する為にはバランスを崩す必要がある。
ということになるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>