不安や恐怖は感じても大丈夫①

こんにちは。ロキです。

今回は
不安や恐怖は感じても大丈夫①
という話をしていきます。

※音声でご覧になりたい方は下記をクリック!

-ここからが文章-

恐怖や不安は感じても大丈夫


恐怖とか不安というのは
どういったときに出てくるのか?
と言うと
自分が知らないものを見たり聞いたり体感した時
もしくは知らない事を想像した時に
出てくる感情です。

もし恐れを感じてはいけない。
という事であれば
自分が知らない世界を体感することはできない。
ということになりますよね?

何故ならさっきも言った通り
恐れというのは自分が知らないものを
見たり聞いたり体感した時
もしくはそれを想像した時に
本能的に出てくる感情だからです。


仮に恐怖や不安を感じずに生きる。という事であれば
一生、自分が知っている世界の中で生きていく。
ということになります。


自分が知らない事を知る。
体験したことのないことを体験する。
新しい事にチャレンジする。


という事には
必ず不安や恐怖の感情は
1セットになってついて来る。
ということになります。


僕たちの
進化、成長の過程を考えた時には
必ず恐怖や不安の感情を感じる。
という事なんですね。

ビジネスで成功したい。
人間関係を盛んにしたい。
より健康になりたい。


こんな風により良い状態に成長しようと考えた時には
今までと同じことをやっていても
叶わないわけです。

必ず今までとは違う知らないものに
ふれていかなければいけませんよね。


そうした時には
必ず不安や恐怖の感情は感じるんです。
誰でも感じます。

今まで知らなかった領域に一歩、また一歩と
踏み込んでいくと不安や恐怖の感情も
増していくわけです。

だから
これから進化、成長したい。と考えているのであれば
恐怖や不安の感情は感じていいんですね。


一番良くないのは
不安や恐怖を感じてはいけない。ダメなんだ!という考え方に固執して
恐怖や不安を感じる事に対して
恐怖や不安を感じてしまっている事なんですね。


無理に恐怖や不安を感じなさい。と推し進めているわけではないんですけれども
恐怖や不安を感じてはいけない。というのは
間違えた解釈だ。と言っているんです。


不安や恐怖を感じると
不安や恐怖が現実化する。という風に
感じる方もいるかもしれないんですけど
実は不安や恐怖を感じただけでは現実化はしないんですね。


厳密に言うと
不安とか恐怖の感情を感じた時に
その感情を消そうとしてジタバタと変な行動をすると
その行動に伴った結果が現実するんですよ。


恐怖や不安を感じた時にその感情をどうにかしようとして
ジタバタと慌てて行動しようとすると
その行動の結果良からぬことが現実化するんですね。

つまり最終的に現実化させるのは行動なんですね。


思考は現実化するんですが
思考と現実化の間の行動という存在を無視することは
出来ないという事なんです。

恐怖とか不安という感情そのものには
現実化させるほどのパワーはそこまでないんですが
その恐怖とか不安という感情と行動の方向性が一致してしまうと
そのまま現実化してしまう。ということになるんですね。


だから
恐怖とか不安という感情そのものは感じてもいいんです。
この感情感じないようにする。ということは基本的にはできません。


ただ、恐怖とか不安の感情を感じた時に
その後の行動をどうするのか?というところに目を向けなければ
いけないということです。


例えば
あなたがサラリーマンだったとして
今から自分でビジネスを立ち上げて成功したい。と
考えていたとするならば

今まで自分でビジネスをしたことがないのであれば
最初は当然恐怖や不安の感情は感じますよね?


自分にうまくできるのだろうか。
本当に稼げるようになるのだろうか。とか
こんな風に感じるのは至極当たり前のことですよね。

今まで自分が体験したことのない事を
やろうとしている。つまり
今まで居心地が良かった領域から一歩外の領域に
出ようとしているわけですから
恐怖や不安の感情を感じるのは当たり前なんです。


ビジネスで成功する。とか進化成長する。というポジティブな側面と
不安や恐怖の感情を感じる。というネガティブな側面は
表裏一体なんです。


この二つの関係性をしっかりと理解したうえで
もし、進化、成長、成功したい。と言事であれば
冷静に不安や恐怖の感情と向き合っていかなければいけない。
ということになります。


何か新しいことにチャレンジしている過程で
上手くいかない事、想定していない事が起きた時に
不安や恐怖の感情をかんじました。
そうした時に、不安や恐怖の感情に流されるような形で
ジタバタと行動してはいけない。ということです。


不安と恐怖を感じて冷静な判断が出来ない状態で
ジタバタすると、その空回りした行動の結果は
空回りした結果が現実化するということですね。


まずやらなければいけない事は
不安や恐怖を感じているのであれば
まずはその感情をしっかりと認識して認めるということが
大切なんですね。


「自分は今怖がっているんだな。不安を感じているんだな。」

という風に感情を冷静に観察するんですね。


そして
この不安とか恐怖の感情というのは
素晴らしいシステムでもあるんですね。

不安や恐怖の感情を感じる。ということは
自分の心の中にある解決したほうがいい問題がある。
自分の心の中にある解決したほうがいい観念がある。
ということを教えてくれるシグナルなんです。

そもそも感情というのは
ポジティブな事もネガティブな事も全部含めて
自分の心の中の観念があるから
感情が出てくるんですね。

何かを信じているという観念があるから
感情というのが出てくるんです。


不安と恐怖が出てきたという事であれば
その感情を生み出す根源がある。つまり観念がある。
ということを教えてくれているわけです。


だから
不安や恐怖の感情を感じた時に
その感情に任せて適当な行動をとっちゃダメなんです。


一回自分の心を穏やかな状態
冷静な状態にする必要があります。
自分自身を癒していくということが必要になります。


で、恐怖や不安を感じると言事は
今からやる事に対して
上手くいかないかもしれない。という風に思っているわけですよね?

本当はうまくいく可能性とうまくいかない可能性の2択なのに
何故かうまくいかない可能性を強く感じてしまっているわけですよね?

ようするに自分自信が成功したりうまくいく事に対する
自信が持てないわけですよね?


じゃあ、なぜ自信が持てないのか?
というこの話の続きは明日していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>