人は何故安心安定を求めるのか

こんにちは。ロキです。

今回は
人は何故安心安定を求めるのか
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
感謝いたします。
人は何故安心安定を求めるのか

人は何故安心安定を求めるのかというと
脳の仕組みの一つに自分の快適な領域を
維持しようとするシステムがあるんですね。
自分の快適な領域というのを
コーチングではコンフォートゾーンと言ったりしますが
脳は無意識にコンフォートゾーンを維持しようとする
システムが備わっています。

だから
僕たちの無意識は自分の安心安定領域、つまりコンフォートゾーンの中に
い続けようとし続けるんですね。

コンフォートゾーンの事は
体に出てくる反応を見ればわかりやすいです。
例えば外の気温が熱くなると
僕たちの体温も徐々に上がっていきますよね。

体温が上がり続けたら当然命の危険を伴うわけです。
じゃあどうするのかと言うと

その上がった体温を体が勝手に汗をかいて
体温を下げようとしますよね。

何故か?

自分の生命の危険が及ばないくらいの体温に
戻そうとする力が働いているからですよね。
要するに無意識が体温を体の安心安定の領域に
戻そうとしたわけです。
こんな風に
人っていうのは無意識に自分の快適な状況を
求めるようにできているんです。

今話した事っていうのは僕たちの体、目に見える範囲の話でしたが
実は目に見えないメンタル面においても
同じような作用が働いているんですね。

例えば
圧倒的な結果を出している人がいたとしますね。
自分よりもすごくお金を稼いでいる人がいたとします。

そういう人を目の前にすると
自分は凄く居心地が悪く感じるんですよ。

相手は自分に対して何かしたわけでもないのに
勝手に自分が相手に対して引け目を感じて
劣等感を感じて居心地が悪くなるんですね。

そしてどういう反応になるかというと
その人のそばからいなくなろうとするんですね。

逆に自分と同じくらいの結果を出している人に対しては
引け目を感じないので一緒にいて安心するんですね。

こういう風にコンフォートゾーン
安心安定の領域を維持する力というのは
目に見える物理空間上でも働き
目に見えない情報空間上においても
働くという事なんです。
常に無意識は安心安定の方に働いていると
覚えておいてもらえれば良いと思います。
そうした時に
コンフォートゾーンには良い面と悪い面があります。

まず良い面というのは
コンフォートゾーンの中にいる時
つまり居心地の良い領域にいる時は、
短期的には自分の持っている力を
最大限に発揮させやすいという傾向があります。
例えばスポーツの試合で言えば
ホームとアウェーがあります。

ホームで戦ったほうが
パフォーマンスのレベルは上がりやすいです。
何故なら
普段から見慣れた場所で
現地のサポーターに応援され
様々な面で慣れ親しんだ環境だからです。
逆にアウェーで戦ったほうが
パフォーマンスのレベルは下がりやすいです。

何故なら
普段見慣れない様な環境で
相手サポーターからのブーイングを受け
様々な面で緊張感があるからです。

だから短期的な目線で見ると
安心安定領域でのパフォーマンスは上がりやすい。
というメリットがあります。
デメリットは何かと言うと
長期的に見た進化成長が期待できない。という事です。
いつも見慣れた場所、人間関係、
居心地の良い環境に身を置いて
今まで以上に進化成長するということはできない。
という事ですね。

例えば
良いプロポーションを手に入れようとした時に
スポーツジムに行くか行かないかによって
結果は大きく変わってくるわけですよね。
スポーツジムに行けば自分よりも
スタイルの良い人が沢山いるわけですよね。

嫌でも
自分よりスタイルのいい人達が
目に飛び込んでくるわけですよ。

そうした時に
自分の体とスタイルの良い人の体を比較して
居心地が悪くなるわけですよね。
ただ、そういった居心地の悪い環境に身を置き続けて
トレーニングし続けることによって
結果的に自然とスタイルが良くなっていくわけですよね。
自分が身を置いている環境にはスタイルが良い人が
沢山いる。という情報が常に目にはいってくれば
頑張れば自分もそうなれるような気がしてくるわけですよね。
自宅でトレーニングするのが一番気持ち的には一番楽ですよね。
ただ、どうしても自分に甘くなってしまったり
トレーニングしたりしなかったりという風に
行動にむらが出てきたりして
中々目指している体になれないわけですよね。
何でかって言ったら
無意識化では居心地の良い習慣を優先しますから
自動的に今までの体を維持するような考え方や
行動になってしまうわけですよね。

どんなに意識上で頑張ろうとしても
無意識が現状維持しようとする力が強いので
結果的にはいつもと変わらない行動を
してしまうわけですよね。

だから
コンフォートゾーンというのは
短期的には良いパフォーマンスを発揮しやすいんですが
長期的に見た大きな進化成長は期待できない。
ということになります。
じゃあ、どうすれば今のコンフォートゾーンを
抜けることが出来るのか?と言うと
自分よりも高いレベルのコンフォートゾーンを
維持している環境に身を置く。ということです。
それは、人間関係と環境を変えるということですよね。
自分の夢や目標があったときに
今自分が身を置いている環境や人間関係では
先が見えない。という事であれば

既に自分が叶えたいと思っているライフスタイルを
叶えている人や環境に身を置き続ければいいんですね。

最初は居心地が悪いかもしれません。
見慣れない景色、聞きなれない言葉
やったことのない事、初めて体験する事
今まで経験したことのないような事を
強いられることになるかもしれません。

しかし、
今まで経験したことのない事を実践するから
人は成長するんですね。
今までと同じ考え方
今までと同じ言葉
今までと同じ行動
今までと同じ環境
今までと同じ人間関係
を維持していたら人生もそれに影響されて
今までと変わらない人生になるという事です。

自分の叶えたい状態を既に叶えている人や環境に
1分でも1秒でも長く時間を共有出来たのであれば
進化成長の大きなきっかけになります。
逆にこうやって次から次へと
今いるコンフォートゾーンを抜け続けなければ
進化成長できない。ということですね。
今回の話で
コンフォートゾーンと進化成長のつながりが
理解していただけたと思います。
答えが出たならば
後は覚悟をもって決断するだけです。
という話になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>