幸せな考え方とは

こんにちは。ロキです。

今回は
幸せな考え方とは
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。

幸せな考え方とは

幸せっていうのは
人それぞれ感じ方が違いますから
細かい話をするつもりはないんですけれども
今回はわかりやすく
幸せな考え方について大きく2つに分けて
話をしていこうかなと思います。
1つ目は周りの人と共感できていると幸せを感じる人
2つ目は周りの人との共感よりも自分のやりたいことをやっている時に幸せを感じる人

この2つに分けたいと思います。

要するに
価値観の第一位が平等という人と
価値観の第一位が自由だという人の
2つに分けられると思います。
皆と同じ事をやっている時に幸せを感じる人もいれば
自分らしく自由に生きられている時に幸せを感じる人もいるという事ですね。

もし、自分の幸せが分からない。という人であれば
そういう人はどっちつかずになっているんですね。

皆と共感もしたいし、自由も手に入れたい。みたいな
相反する矛盾した考え方をしている人なんですよね。
例えば
お金持ちになりたいのに遊びたい。という感覚を持っていたとしたら
優先順位の高い方が現実化するわけですよね。
極端な話
お金持ちになりたいって口では言ってるんですけど
毎日仕事する時間より遊んでる時間の方が多いんだったら
お金持にはなれないわけですよね。
優先順位が
お金持よりも遊びの方が上なんだったら
お金持ちになれないわけですよ。
話を戻すと
共感もしたいし自由も手に入れたい。
みたいに矛盾した考え方を持っていると
中途半端になってどっちも思った通りに
ならないんですよね。

こうなってしまうと一番最悪の結果になってしまうんですよ。
そういう人が1番幸せになれないんですよね。
人生は決断が大切だ。という話をしていますが
どちらかの考え方を切って、どちらか一方を選択しないと
中途半端になってどちらも手に入らないという
最悪な結末を迎えてしまうわけですよね。

お金持ちになりたいと思っているのに
思い切った決断ができないから
中々思うように稼ぐこともできないとか。
例えばサラリーマンで独立したいと考えているのに
会社の人たちに申し訳ないから会社をやめられない。
だけど、独立もしたいから会社にいても
仕事に集中できない。だから会社での業績も
伸ばすことができない。というような感じで
全部中途半端になってしまうわけですよね。

これだったら最初から一つに
決断したほうが幸せになれるんです。

で、自由と平等って両立するかのような幻想を抱いているかもしれないですけど
絶対に両立することはないんです。

この事に気づかなければいけません。

平等っていうのはみんな同じような結果が出ているということですよね。
それだったら人よりも大きな成功を手にすることはできないんです。
よって自由を手に入れる事も出来ないんです。

自分は平等がいいんだ。っていうんだったら
最初からみんなと同じような結果に満足して
皆と共感しあいながら生きていく方がよっぽど
幸せなんですよね。

中途半端に成功したいなんて思う必要はないんです。

自分は必ず成功して自由を手に入れるんだ。
という事であれば
皆と同じ結果だったらダメなんですよね。
自分だけ頭一つも二つも飛び出していかなかったら
成功なんてできるわけないんですよね。
だったら最初から
平等とか共感なんて言葉を捨てて
自分を優先していくしかないわけですよね。
だから
今あなたが幸せに生きられていないっていうんだったら
それは自分自身の優先順位がわかっていないんですよ。

お金持ちになりたいし
遊んでもいたい。みたいな
矛盾した考え方を持ってしまっているということですよね。

もちろん、お金持ちになった後は自由ですから
遊んでもいいと思いますけど
お金持ちになっていないうちから
遊びが優先なんだったら、お金持ちにはなれませんよね。

だから
きっちりと自分の優先順位を決めて
決めたら結果が出るまでガッツリやるんですよ。
今よりも収入を上げると決めたんだったら
収入が上がるまで遊びを捨てるんですね。

そして
集中して結果が出るまでやり続けるんですよ。

そしてある程度結果が出てきたら
そこでまた考えるんです。

今の結果でよいのか、それとも更に上を目指すのか

今のままで十分なんだったら
今度は優先順位を遊びに変えてもいいですよね。

こんな風に
幸せな考え方というのは
自分の優先順位をしっかりと決めて
決めた方向にしっかりと生きられているかどうかによって
決まってくる。というのが今回の話になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>