人は負荷を上げていくと成長し続ける

こんにちは。ロキです。

今回は
人は負荷を上げていくと成長し続ける
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。

—ここからが文章—

人は負荷を上げていくと成長する。

人が成長する時というのは
自分自身に負荷をかけた時なんですね。

例えば
腕の筋肉を今よりも太くしたい
大きく成長させたい。という風に思ったのであれば
ダンベルを使って腕の筋肉に
負荷を与えていけば太くなりますよね?


もちろん運動した後というのは
一時的に筋肉にストレスがかかりますから
筋肉痛なります。

筋肉痛が回復することによって
今までよりも筋肉が大きく太くなるわけですよね。


簡単に言うと
これが筋肉の成長過程ですよね。

今例えた話というのは
人のあらゆる成長に共通しているんですね。


逆に
成長したくない。現状維持のままでいいという事であれば
負荷をかけない状況のままを維持すればいい。
と言うことになりますよね。

現状維持していれば
時間と共に衰退につながっていきます。


あなたが何かチャレンジしている事があるなら
成長か衰退しかないということなんですね。

もし、あなたが成長し続けたいという事であれば
今まで以上に負荷を上げていっているかどうか?
というを再確認する必要があります。

先ほどの筋トレで例えるならば

全く運動したことのない人が
1kgのダンベルの運動は出来るようになりました。

殆どの人がここまでは出来るんですね。


ただ
もっともっと腕を太く成長させていきたいなら
ダンベルの重さを2kg,3kgと上げていく必要がありますよね?


しかし殆どの人が
1kgのダンベルに慣れてしまったら
それ以上負荷を上げようとは考えないんです。


ずっと同じ1kgのダンベルで運動し続けるんですね。
これが成長を止める最大の盲点なんですね。


で、実際の筋トレであれば今までの話が分かるんですよね。
今までの話をトレーニングをしている人が聞くと
「そんなの当たり前じゃないか。」
って思うんですよ。

何でですか?って言ったら
重さを上げなかったら
筋肉は大きくならないという情報が
世の中にありふれていますよね?
当たり前になっているからですよね。


ただ
それ以外の成長、
例えばお金持ちになる話とか
心理的な成長、精神的な成長の事になると
話が全く変わって来るんですね。


実際の筋トレだったら
筋肉を成長させるには
どんどん負荷を上げていきましょう。
ダンベルの重さを上げていきましょう。
という話が理解できるのに


お金の成長とか
精神面の成長となると
理解できなくなるんです。


何でですか?


お金の成長や
精神面の成長が
筋肉の成長過程と同じだという事を
知らないからですよね。


人は知らない事には恐怖感を覚えるので
結果的にやらないんです。


だから
お金を増やす事が中々できないんですね。
自ら進んで負荷をかけようとは思わないんですよ。

例えば
現状月に20万円の収入があります。
その20万円の結果を生み出すためには
必ずそれに見合った負荷がかかっているんですよね。。


働く時間、受け取るリスク、負っている責任等
お金に対する考え方
様々な要素が集まって月収20万円という収入になっているんです。


じゃあ月収100万円稼いでいる人との違いって何ですか?
っていったら

働く時間も違えば、受け取るリスクも違うし、お金に対する考え方も違います。
負っている責任の大きさも違うということです。


もし仮に今の月収20万円の結果に満足していなくて
月収100万円を目指しているという事であれば
今まで以上に何らかの負荷を自分に与えなければいけない。
ということですよね。


働く時間をもっと増やしてみる。
という事であれば簡単ですよね。
仕事に割く時間を増やせばいいということです。

時間をかければかけた分だけ
収入を伸ばすことはできますから
とてもシンプルな話ですよね。

受け取るリスクを増やしてみると言う事であれば
物販をやっているのであれば
仕入れ資金を増やしてみるとか
脱サラして自分ひとりで独立起業するとか
高額のコンサルにお金を払ってみるとか色々ありますよね。

余談になりますけど
つい先日
僕のコーチングの生徒さんで
更に学びを深めたいということで
コーチング費用を上げてくださいという
申し出があったんですね。
これで数人目になるんですけれども

要するに支払う金額を上げることによって
より自分自身の負荷をかけて学びをより深めようと
考えたそうなんですね。

お金に関して
こういう考え方が自分からできるようになると
お金に対するマインドブロックは外れたりするんですよね。

僕もこういった事は実はやっているんです。

以前は
なるべく安く情報やサービスを手に入れたいと思ってたんですね。

要するに
値段重視で商品やサービスを選んでいたんですが
そういう信念があるときっていうのは
中々いいサービスに出会わなかったりするんですよ。


今は、自分が良いと思ったものには結果的に費用が高くてもお金も払う。
という風に切り替えたんですね。

前だったら高いなーと思った商品でも自分のプラスになる事であれば
自ら進んで購入するようにしてるんですね。

そういう信念が身についてくると
次から良いサービスに出会えたり
今まで受けていたサービスでも
より良い物を受け取れるように
なってくるんですよね。


お金を手放したくない。という強い執着は
お金に対する不安の現れですから
お金も入ってこなくなるんですよね。


無駄遣いをすればいいという話ではなくて
自分にとってこれは本当に価値のある物だ。という風に
感じたのであればどんどんお金を使ったほうがいいんですね。
よりお金の巡りは良くなるということですよね。


多少は無理をしないと今まで以上の結果を
得る事は出来ないんですよね。

この世にエネルギー保存の法則というのがあって
失った分何かが足されるという法則があるので
例えお金を一時的に失ったとしても
失った分得られるものが必ずあるんです。
このことが完全に腑に落ちると
お金をかけることが怖くなくなるんですよ。


そういう意味で
あえて払うお金を増やして
自分に負荷をかけて成長を促すという方法もあります。


とにかく
今現状の負荷だから今の結果が出ているんですね。


これ以上結果を伸ばしたいという事であれば
今までと同じことをやっていたら
衰退しかないんです。

常に自分に負荷をかける。
成長したのであればそれまで以上の負荷をかける。
という風にどんどん負荷を上げていかないと
持続的に成長し続けることは不可能なんですね。

あなたが成長させたい分野に対して
どれだけの負荷をかけているのか?

結果が横ばいになってきているという事であれば
何らかの負荷が足りていない。ということになりますから
負荷を上げていくという事を続けていけば
あなたは持続的に成長し続けることができる。
というお話です。


最後までご覧いただきありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>