引き寄せの法則の勘違いと真実②

こんにちは。ロキです。

今回は
引き寄せの法則の勘違いと真実②
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。

—ここからが文章—

引き寄せの法則の勘違いと真実②


前回までのあらすじとしては

まず、大前提として
起きた出来事、結果というのは無色透明であり
良い、悪いというジャッジをしているのは
僕たち人間だけだ。という事でしたよね。


そして
引き寄せの法則で多くの人が勘違いしている事は

ポジティブなら良い引き寄せ、結果が起きる。
ネガティブなら悪い引き寄せ、結果が起きる。

という間違えた解釈です。


例えば
自分がポジティブに生きていようが
ネガティブに生きていようが
新しいことにチャレンジしたら
最初はうまくいかないんですよね。

料理人になりたいって言って
自分は今までポジティブに生きてきたから
いきなり良い結果が引き寄せられました!
いきなりプロ顔負けの料理が作れました!
という事は絶対にありえないという事ですよね。


例え
ネガティブな人だったとしても
毎日毎日料理を作り続けた人の方が
結果として美味しい料理を作る事が出来るわけですよね。


成功したい!と思ったのであれば
知識、スキル、経験が必ず必要なんですね。
その時その瞬間の心の状態がすぐに
結果に直結するわけじゃあないんです。


こんな風に
起きた出来事とか結果って言うのは
僕たちにはコントロールできないし
その時その瞬間の心のあり方は
結果にすぐに反映されないんですね。

じゃあ
ポジティブに生きる意味はないじゃないか。
という風に思うかもしれませんけど

そうじゃないんですね。


もしあなたが夢、願望を引き寄せたい成功を引き寄せたい
と心から思っているのであれば
間違いなくポジティブに生きたほうが
いいに決まっているんですね。
何でですか?って言ったら


何かにチャレンジしました。
最初は失敗しました。
その失敗の後が重要なんです。


失敗の後に
ポジティブな人はその結果を前向きにとらえて
続けることが出来るんです。


ネガティブな人はその結果を後ろ向きにとらえて
辞めてしまうんです。


長い目で見た時に
どちらが成功しているのですか?って言ったら
間違いなくポジティブな人なんですよ。
というのが

前回までの話でした。


今日はその続きで
ポジティブな人とネガティブな人
の具体的な差について
話していきたいと思います。

何か新しいことにチャレンジした時に
ポジティブな人も失敗しますし
ネガティブな人も失敗します。


そうした時に
ネガティブな人は何かのせいにして諦めるのに対して
ポジティブな人は学びに変えるんですね。

失敗はしたけれども

やったからこそ分った事があるな。という風にとらえるんですね。

新しいことに挑戦する時に
100の結果が出るだろうと思って一生懸命やり始めるんですよ。
ただ実際に出た結果は1でした。

何故なら
その人は知識、経験、スキルが100の結果を得るに
値していないからですよね。

非常にシンプルなんですよ。

100の結果を望んでいたのに結果が1という事であれば
その差は99ありますよね??


その差を目の当たりにした時に
ネガティブな人はこんなに頑張ったのに
1の結果しか得られないなら。って言って辞めちゃうんですよね。

ポジティブな人は頑張って結果が1だった。
じゃあどうすれば残りの99を埋めることが出来るんだろうか?
という風に考えるんですよ。

だからポジティブな人は
失敗という結果から必ず何かを学ぼうとして
次の行動のエネルギーに変えていけるんですね。

この在り方自体がポジティブという事なんですよ。

何となく表面上だけ取りつくろって
いつもニコニコしています。前向きな言葉を使っています。
自分はポジティブなんです。って言ったとしても
いざ、たった一人になってチャレンジして失敗した時に
ちゃんと失敗という結果から何かを学ぼうとしているのか?
こういった在り方が出来ているのかどうか?

こういう在り方を続けていれば
いつかきっと目標を叶えることが出来るはずだと考えられる人
その在り方そのものが本当のポジティブな在り方なんですね。


今までの話を
飛行機に例えると非常にわかりやすいんでね。


飛行機で日本からハワイに行こうとしました。
現在地が日本で目的地がハワイです。
そうした時に空港で滑走路から離陸して上空を飛びながら
目的地のハワイにたどり着きますよね?


一見当たり前のように思うかもしれないですけど
飛行中には想定外の事は沢山起きているんですね。


日本からハワイに行く際に
もちろん、どのルートで飛ぶのか?というのは
あらかじめ決めているんですけど
予期せぬ天候の変化とか気温の変化などに煽られて
予定通りのルートを1割位しか飛べていないんですね。

のこりの9割っていうのは軌道がズレてしまっているんですよ。


でもちゃんと目的地まで飛んでいけますよね?

何でですかって言ったら
どんなに途中でズレたとしても
予定していたルートに戻ろう戻ろうとして
常に軌道修正をかけ続けているからですよね。


だから
結果的に目的地までたどり着くことが出来るんですよ。


で、ここで一番大事なのは
途中どんなに予定通りに行かなかったとしても
目的地を変えない。ということです。


軌道がちょっとズレてきたから
ハワイじゃなくて別の国に行こう
という事ではダメだということですよね。

フライト中どんなに軌道がズレたとしても
目的地を絶対変えずに飛んでいくから
ちゃんとゴールまでたどり着くことが
出来るという事ですよね。


これと僕たちの成功とか夢を叶えるとか
引き寄せるという事に非常に似ているんですね。


例えば
お金持ちになりたいです。
という願望を叶えたいとしますよね。


そうした時に
何か新しいビジネスに取り組みました。


当然
1の行動をしたら1の結果を期待しますし
2の行動をしたら2の結果を期待しますよね?
これは誰でもそうなんですよ。

階段を上がっていくようなイメージで
行動と共に右肩上がりの結果が出るという事を
この世の誰もが期待するんですよね。

しかし
何度も説明していますが
結果はコントロール不可能なんですね。


自分が1行動したからと言って
必ず期待通り1の結果が出るとは
限らないという事です。


2の行動をして1の結果かもしれないし
3の行動をして1の結果かもしれないわけですよね。

ビジネスを始めたばかりという事であれば
5とか6の行動をしても1の結果も得られないという事も
多々あるわけですよね。


どういう結果の出方をするのかって言ったら
最初は殆どの場合が行動に見合った良い結果なんて出ないんですね。
ずーっと横ばいを続けて、行動し続けたら
いきなり沸点を迎えて一気に結果が出るんですよ。

まるで火にかけた水の様に
途中まで全く水に動きが無いのに
火を当て続けた事によって
一気にブクブクと沸騰したのが表面化するんですよね。

僕たちの成功っていうのは
階段を上がっていくイメージではなくて
水の沸騰と同じイメージなんです。

そうした時に
自分が行動した分、予想した通りの結果が出るんだ。
っていう思い込みがあると
思い通りに結果が出ないと
「なんだ、こんなもんなのか。」
って言って諦めちゃうんですよ。

最初にお金持ちになりたいってゴールを決めたのに
そこでお金持ちになる事を諦めちゃうんですね。
要するに行き先、をゴールを変えてしまうということです。

何回も言いますけど
これは絶対にやってはいけません。


やらなきゃいけない事は
思うような結果が出なくても
ゴールをブラさずに毎日毎日淡々と
行動し続ける事なんですね。


成功している人を見ると
水の沸騰の話で言う、沸騰した後の姿を見ていて
それまで一生懸命火を当て続けた過程を見ていないから


「あの人は才能があったからできたんだ。」とか
「あの人は運が良かったからできたんだ。」っていう風に
なんか成功する人は特別だからできたんだ。
っていう幻想を抱いちゃうんですよね。

しかし
そうじゃないんです。


有名になった。結果が出たという事は
そうなるまでゴールをブラさずに
少しずつ軌道修正をかけながら
行動し続けたからなんです。

天才でもなければ
運だけで成功したわけでもなければ
その人だけの特別な何かがあったから
成功したんじゃないんですよ。

もし、本気で成功したい!という事であれば
ここの部分を見なきゃダメなんです。


いい気持を持続させましょう。とか
ニコニコしましょうとか。
今に満足しましょうとか。
もちろん、大切な事なんですけど
そういう事をやってるだけじゃあ
成功できないんですよ。


1行動して0の結果です。
2行動して0の結果です。
3行動して0の結果です。
というのははっきり言って当たり前なんですよ。
誰もが通る道なんですね。


こういう事実に対して
ネガティブな人は途中で諦めちゃうんですよ。


「誰かが反対するからできないんだ。」
「今やっている事は間違えているんだ。」とか
「今のノウハウが悪いからできないんだ。」とか
「教え方に問題があるからできないんだ。」とか


というような事を考えて
諦めちゃんですね。

この在り方そのものが一番の問題なんですよ。

ポジティブな人っていうのは
途中どんな事があってもあきらめないんですね。


ずーっと夢、ゴールをブラさないんですよ。
頭の中に成功している自分をイメージ出来ているんですよ。


だから
例え今10行動して結果が0でも
時間と共に成功するという事を知っているから
今は途中過程だと思って諦めないんですね。


で、行動が1、2、3、5、10、50という風に上がっていくのに対して
結果が横ばいです。と、殆ど結果が変わりません。ということになると
その差にギャップが生まれますよね?
そのギャップが不安なんですね。


で、やってもやっても結果が出ないと。
行動しても行動しても結果が出ないというのは
実は予定通りなんですよ。

正解なんですよ。


ただ、ネガティブな人だと不安=悪とかダメなんだ。と思い込んでるので
不安を感じると今やってる事は間違っているんじゃないか?って
勘違いをし始めるんですね。

ポジティブな人はゴールだけを見ているので
途中何が起きても平気なんですよね。
不安になってもネガティブな人の様な解釈にならないんですよ。
不安になっても続けるんですね。

だから成功するんですよ。


飛行機がどれだけ予定ルートをはみ出したとしても
その都度軌道修正をかけるのと同じように
どれだけ不安になったり予定外の事が起きても
その都度ゴールに向かって軌道修正をかけてるんですね。

そうやって行動を続けていると
ある時を境に一気に結果が出るんですよ。
これが成功のプロセスなんですね。


だから
成功しようとか夢願望を叶えようとしたならば
不安を感じるということ自体全く問題ではありませんし
どんなに思い描いた結果が出なかったとしても
全然問題ないんですね。

一番問題なのは
成功する為のプロセスとして
不安に感じる事、全く問題ありません。むしろ正常です。
時間がかかる事、全く問題ありません。むしろ正常です。


こういう問題ない事を問題視して考え続けている
思考の方なんですよ。


だから結果的に
ネガティブな思考の人は成功できないし
ポジティブな思考の人は成功していくんですね。

うまくいくまでチャレンジし続ければ
絶対にうまくいくんですよ。必ず。


だからポジティブだったら
いつか必ずうまくいくと思い続けることが出来るから
かならず成功するのは至極当たり前の事なんですよ。


生きているということは
今日チャレンジできるということですよね?

過去数十年失敗し続けていたとしても
何の関係もないですよね。

過去なんてどうでもいいんですよ。
過去40年挑戦し続けてうまくいきませんでした。
でも今日挑戦してうまくいかない理由にはならないんですよ。
何故なら今日が沸点を迎える時かもしれないからですよね。


ゴールを決めてまだ思うような結果は出ていないけど
コツコツと行動を積み上げていったのであれば
今日が沸点になってバーンと結果が出るかもしれないですよね?


だから昨日は挑戦してうまくいかなかったかもしれないけど
今日挑戦してうまく可能性は十分あるんですよ。

もし今日挑戦してうまくいかなかったとしても
明日やってうまくいかない理由にはならないんですね。


過去は関係ないんですね。


いつか成功できる日まで
今生きているんだから
コツコツと行動を積み重ねていれば

必ずたどり着けるんですよ。

だから夢っていうのは叶う方が当たり前だし
目標っていうのは達成できる方が当たり前なんですね。
でも今まで話した様な心の在り方を作れる人っていうのは
ネガティブな人じゃなくてポジティブな人だけなんです。


ポジティブな事を考えているとポジティブな事が引き寄せられてくる。というと
なんだか魔法の様なメッセージのように聞こえますけど
考えているだけじゃあ絶対に引き寄せなんて起きません。

考えた瞬間に引き寄せが起きるんだったら
完全に世の中めちゃめちゃになってますから。


ポジティブな事をイメージしているだけで
ポジティブな事は引き寄せられません。
必ず行動し続けるという最も重要な事が
セットになった時に初めて良い引き寄せが起きるんです。

だから本当のポジティブな人っていうのは
例え思い通りにならない結果が出ても
例え予定通りに物事がすすまなくても
例え困難な事が起きたとしても


諦めずに
行動し続けられる様に解釈をして
ゴールに向かって突き進んでいく姿勢の事を
本当のポジティブ思考というんです。


だから最終的には
今まで話した事を腑に落としたうえで
ポジティブであり続けると
必ずゴールまでたどり着けます。


で、よくネガティブとかポジティブを正確の問題だ
という人がいるんですけど
実はこれは間違えているんですね。
何で決まるのかって言ったら習慣なんですよ。


ネガティブな人っていうのはそれまでの人生で
ネガティブな解釈になる様な情報の影響を
受け続けてきた人なんですね。


逆に
ポジティブな人っていうのはそれまでの人生で
ポジティブに解釈できるような情報の影響を
受け続けてきた人なんですね。


大本は性格じゃないんですよ。
習慣なんですね。


という事はどうすればいいのか?って言ったら
答えは簡単です。


ポジティブな情報を受け取る習慣を
手に入れれば良いということですよね。


習慣を変えることが出来れば
ネガティブな人もポジティブな人に変わることが出来るんです。
どうすればいいのかと言うと
環境と人間関係を整えるということですよね。


努力とか気合いとか根性で変えるものじゃあないんですね。
今自分の身の回りの環境と人間関係が
ネガティブな情報であふれていたら
どんなに自分だけポジティブになろうとしても
絶対に無理です。


逆に自分の身の回りの環境と人間関係が
ポジティブな情報であふれていたら
嫌でもポジティブになってしまうという事ですよね。


実は自分を変える、人生を変えるという事は
こんなシンプルで簡単な事なんですよね。


例えば
今までテレビとかインターネットを見ていて
ネガティブな情報を受け取っているという事であれば
自分の意志でテレビを見ない。という風にする事は
出来ないんですね。

例えばその人はテレビを見る習慣が
数十年間ありました。とか


インターネットで人を誹謗中傷の様な情報を取る

習慣があります。
という事であれば

その習慣は中々変えられないんですね。
しかも自分がネガティブになっている根本なわけですから
どうにか習慣を変えなければいけないわけです。

そうした時に自分の意思とか気合いだけで
習慣を変えるのは不可能なんですね。

例えばテレビを捨ててテレビの無い環境を作るとか
誹謗中傷するようなサイトを見ているのであれば
退会するとかアプリ自体を消してしまうとか
ブックマークから外してしまうとか。
そういう事をしていかなかったら
絶対に習慣を変えることはできないんですね。


人は環境と人間関係の影響を強く受けますから
明らかにこの人はネガティブな人だな。と思ったら
そういう人との接点は出来るだけ減らすんですね。

で、自分が夢願望を叶えたいという事であれば
自分よりも夢願望を先に叶えている人の所にいって
一分でも一秒でも長くその人からの影響を受け続けるんですね。

そうすることによって過去数十年間にわたって染みついてきた
習慣を徐々に変えていくんです。

人がポジティブなのかネガティブなのかというのは
正確ではありません。
その人が受け取り続けた情報がネガティブなものが多かったか
ポジティブなものが多かったかに影響を受けています。


という事であれば
これから受け取っていく情報を変える必要があります。


自分の叶えたい夢や願望にとって

ネガティブな情報を受けるような環境や人間関係を紙に書き出し
そういう環境や人間関係を手放して

自分の叶えたい夢や願望にとってとってポジティブな情報を受け取れる様な
環境や人間関係を意図的に作っていくんです。

そうして徐々にネガティブな情報よりも
ポジティブな情報を受け取り続けるようにしていけば
時間と共にあなたも十分、今からでも
成功に必要なポジティブな在り方を手に入れることが出来る
というのが今回のお話になります。


最後までご覧いただきありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>