やるかやらないか迷ったら即断即決即行動

こんにちは。ロキです。

今回は
やるかやらないか迷ったら即断即決即行動
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。

—ここからが文章—

やるかやらないか迷ったら即断即決即行動


人生生きていると
やるかやらないかで迷うという事って
多々ありますよね?

例えば
今日仕事の後に副業の仕事をやるか
やらないか。とか

今日ジムに行って体を鍛えようか
やめようかとか。

英会話教室に通いたいけど
通おうか通わないか。とか


こういう風に迷う事って沢山あると思うんですね。
迷うって事は
今の自分にできる可能性があるという事なんですね。
今の自分にできない事ならそもそも迷う対象にならないんですよ。


例えば
100mmを1秒で走れるようになりたいから
それを実現させる為の練習をするかしないかで
真剣に迷ってるんです。
という人がいますかって事なんです。


そもそも絶対にできないと信じている事っていうのは
迷う対象にすら挙がってこないんですね。


逆に言えば
迷っているって事は今の自分にも
できる可能性があるからなんですよ。
迷うって事は
潜在意識がこれなら何とか頑張ればできるかもしれない。
というのを教えてくれているんですね。


もしも
あなたが夢願望を実現しようと思っている時に
これはやった方がいいかもしれない。
という風に迷ったのであれば
即断即決でやってみたほうがいいんですよ。


もちろん、結果はコントロールできませんから
迷ってやってみたんだけど
必ず成功するかどうかは別問題ですよね。

だからついつい迷ったときに
失敗することを恐れて、やらない選択を
してしまうんですよね。


でも、この選択をしていたら成功はつかめないんです。

成功っていうのは
自分が思い描いているように右肩上がりに
結果が出ていくわけじゃあないんですね。


思い通りにならない事も多々経験しながら
失敗と成功を繰り返しながら
徐々に時間の経過とともに
ある時を境に一気に結果が出るんです。
これが成功のプロセスなんですね。


だったら
今の自分が何かをやるかやらないかで迷っているという事であれば
成功する可能性を感じているということですから
片っ端から即断即決即行動でやってみるんですね。


迷ったらやる。迷ったらやる。というのを
成功するまで繰り返していくしかないんですね。


殆どの人が失敗をせずに
いきなり成功しようとするんですけど
それは絶対に不可能なので
一個ずつ可能性を感じたものから全部
やっていくしかないんです。
成功に近道なんて絶対にないんですね。


「自分は1回も失敗したくないんで
10年間迷い続けて慎重にやる事を選んでるんです。」


という人がいるなら
ハッキリって時間の無駄です。

今やろうが、10年後やろうが、20年後やろうが
結果は同じなんですよ。


どんなに年を重ねて勉強をしたとしても
実際にやり始めてからがスタートなんですね。
もし、あなたが車に乗れるようになりたい。
と思ったときに


「自分は一回も教官に注意されないように
ミスを一度もしないように
パーフェクトな運転をしたいから
もっともっと勉強してから運転しようと思ってます。」

って言って10年間勉強し続けました。
10年後に初めて車を運転した時に
パーフェクトな運転がいきなりできますか?って事です。

運転した事がある人ならわかると思いますけど
だったらまずは運転してみたほうが早いと思いませんか?
10年後に運転し始めようが
今運転し始めようが同じですよね?


これは何をやるにしても同じなんですよ。


英語がうまく話せるようになりたいのであれば
英会話スクールに実際に申し込んで入るなり
アメリカに留学して現地で学ぶという決断を
一日でも早くした方が話せるようになる確率は
上がりますよね?


10年間テキストで勉強したほうが
いきなり英語がペラペラに話せるようになるから
自分は10年間はテキストでひたすら勉強します。
10年後実際にアメリカ人の人と
流暢に英語が話せるようになるんですか?
ならないですよね。


1分でも1秒でも早く
実際に話すという行動をどれだけ失敗しながら
経験を積んでいったかにかかっているわけですよね?


この事実を知らずに
勉強すれば自分はスキルが身に付くんだ。
10年、20年考え続ければ良い結果が出るんだ。
という幻想を抱いているんですね。


勉強したり考え続ければ
失敗が減ると思っているんですよ。

その思考自体が大きな勘違いなんです。


どんなに勉強しようがどんなに考えようが
やり始めた時からがスタートなんです。
失敗を避けて通る事は出来ないんです。

赤ちゃんがそれをよくわかっていますよね。
赤ちゃんがハイハイしてつかまり立ちして立って歩きますよね?


そうした時に
自分はもう少し体が大きくなってからハイハイしようと思ってます。とか

自分はもう少し世間が見えるようになってから会話できるようになります
なんて言ってる赤ちゃん1人もいないですよね?

ハイハイしたいと思ったら全力で毎に毎日ハイハイにチャレンジしてますよね?
歩きたいと思ったら毎日毎日全力で転びながら歩こうとしていますよね?
会話できるようになりたいと思ったら毎日毎日できないなりに一生懸命会話しようとしますよね?

なんで赤ちゃんがわかっているのに大人が分からないんですか?


それは
考えるという事をするからです。
考える事が悪いという事を言っているんじゃありません。
考える事で様々なメリットがあります。

しかし、成長していくという過程において
時に考えが邪魔になる事があります。
それが失敗への恐怖を考えるという事ですよね。


何か新しいことにチャレンジしようかどうか
という選択を迫られたときに
人は必ず失敗した時の事を考えます。

そのこと自体は問題ありません。


しかし
その後、失敗をしたくない。という考えにとらわれていきます。

そして殆どの人が
失敗を恐れてやらない。という選択をします。
せっかく潜在意識がやったらうまくいくかもしれない事を
迷うという事を通して教えてくれているのにですよ。


この思考パターンだったらいつまでたっても
成功はできません。


何故か?
新しいことをやろうかな。と迷ったら
必ず失敗の事を恐れてやらない選択をするからです。


そうなるとどうなるか?
答えは簡単です。
今までと全く変わらない人生が待っている
以上ですよね。


それで良いという事であれば全くもって
今回の話を聞く必要はありませんけど
少なくとも成長したい、成功を掴みたいという事であれば
絶対に切っても切れない話ですよね。


話をまとめると

人生から迷いを消すことはできません。
誰でも迷うんです。
何かをやろうかやらないか。迷います。
これ自体は全く問題ありません。

迷うという事は
そもそも潜在意識が今の自分にはできる可能性がある
というのを教えてくれている証拠です。

逆に、今の自分に絶対にできるはずがない事で
迷うことはありません。
そもそも迷う対象にあがってきません。

迷ったのであれば、潜在意識が出来る可能性を
感じさせてくれたのであればそれは
十分やってみる価値があるということです。

もちろん、結果をコントロールできないので
失敗することも、成功する事もあります。
どちらも可能性としてはありますが
全てはやってみなければ分からないわけです。

もし、このままの人生でいい。という事だったら関係のない話でけど
成功したいということであれば
今の自分が頑張ればできるかな?と迷った事を
片っ端からどんどんやっていくしかありません。

ハッキリ言います。成功に近道はありません。

10年、20年勉強したり考えたりしても意味がありません。
結果は変わらないからです。

今すぐ始めた自分と
10年、20年先に始めた自分
結果は変わりません。


10年勉強しようが、20年考え続けようが
失敗は避けて通れないからです。

始めた時がスタートです。


であれば
やるかやらないか迷ったのであれば即断即決即行動です。


迷ったり、考えたりしている時間そのものが無駄です。
人生、生きていられる時間は限られています。
時間が無限にあるわけではありません。
それであれば1分でも1秒でも即断即決即行動を繰り返し
成功まで突き進んでいく事が必須です。

この習慣が身について
成功までの道のりをあきらめずに進み続ければ
あなたは必ずいつか成功を掴むことが出来る。
というのが今回のお話です。

最後までご覧いただきありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>