人生が大きく変わる時とは

こんにちは。ロキです。

今回は
人生が大きく変わる時とは
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。

—ここからが文章—


人生が大きく変わる時とは


人生が大きく変わる時っていうのは
自分自身でわかるんですね。

何故わかるのかというと
人生が大きく変化する時っていうのは
恐怖という感情が湧き上がってくるんですね。

しかも
その恐怖の度合いっていうのは
ちょっと怖いな~って思う様なレベルじゃなくて
体に何らかの反応が出たりするんですよ。

考えるだけで胃が痛くなったりとか
考えるだけで夜、中々寝付けなかったりとか
考えるだけでブルブルと震えが起きたりとか
とにかく体に反応が出位大きな恐怖なんですね。


あなたが
何かにチャレンジしようとした時に
それ位の恐怖を感じたのであれば
その決断によって今後の人生が大きく変わる転機なんだな
ということがわかるんですね。


そうした時に
恐怖を感じたからチャレンジを辞めよう。という選択をして
決断をあきらめた。という事であれば
今までと全く変わらない人生になるという事ですよね。


今までの居心地の良い環境と人間関係に戻っていって
そこに安心感を感じて

「やっぱりこっちの方が正しかったんだ。」

って思うんですよね。


まあ、殆どの人、99%以上の人がこういう判断をするわけです。

しかし、
人生を大きく変えた人っていうのは
何かにチャレンジしようとして
大きな恐怖を感じたとしても
勇気を振り絞ってチャレンジする事を
決断した人なんですよね。

恐怖に打ち勝った残りの1%未満の人だけが
人生を大きく変化させる事が出来るんですよ。


世の中の成功者は何で絶対数が少ないんですか?
世の中でいわゆる普通の人が大勢いて
成功者は何で少数なんですか?って言ったら
殆どの人が決断出来ないからですよね。
恐怖に勝てないからですよ。


何かを始めようとしたときに恐怖を感じて
その恐怖感に恐れおののいて逃げてしまうから。
なんだかんだ都合のいい言い訳を考えて
そのチャンスを逃してしまっているから
残り1%未満の成功者になる事はない。
という事なんですね。


新しいことに挑戦しようとして
恐怖を感じたという事は
人生の転機を迎えたんだ。という風にとらえて
自分自身を信じて決断すれば
人生の大きな変化が待っているんです。


大きな恐怖を乗り越えてちゃんと決断できた。という事であれば
人生がちょっと変わるんじゃなくて
根本的に大きく人生が変わるんですよ。


数年前の自分と比較して
全然違う考え方、全然違う人生を歩んでいるんだな。
という風に感じることが出来るんですね。

じゃあ、何で人生を変える選択の時に
大きな恐怖を感じるのかと言うと
過去の自分が積み上げてきた考え方、自我があって
大きな決断をするとその自我が変わってしまうから。
なんですね。


それまで積み上げてきた考え方、信念を
捨てなければならないから怖いんですね。


事実上
精神的な自殺の様な感じなんですよ。


だから
この決断をすると人生が大きく変わってしまいそうだ。という時に
古い自我が最後の抵抗として恐怖という感情を
湧き上がらせてくるんです。


過去の自分が、過去の自我が
これから本当に本当に変わろうとしている自分に対して
思い切り抵抗してくるんですね。
それが恐怖の感情なんです。


肉体的な死であれば誰でも怖いですよね。

例えば
目の前に野生のライオンが現れました。
という事であれば誰でも怖いんですよ。
恐怖の感情が湧き上がってきますよね?


そういう時っていうのは
恐怖の感情に素直に従うべきなんですよ。


逃げていいんですね。
逃げなきゃ肉体が滅びて
本当に死んじゃうんですよ。


本当に人生が終わってしまうんですね。

肉体的な恐怖を感じる時っていうのは
恐怖の感情というのは
味方になってくれるんですね。

ただ、人間の進化成長という事を考えると
恐怖の感情は邪魔になるという事ですよね。

自分が新しいことにチャレンジして
人生を大きく変化、進化成長したい。と考えている時に
大きな恐怖を感じます。

しかし、同じ恐怖の感情であっても
さっきのライオンの話とは違いますよね?
今すぐ生命の危機にさらされるわけじゃないんですよ。


新しいことにチャレンジしたから
すぐに死んでしまうわけではないんですよ。
何が怖いんですか?って言ったら
過去の自分が変わりたくないから
恐怖という感情を使ってチャレンジを
阻止しようとしているだけなんですね。


同じ恐怖なんですけど
意味が全く違うんですね。


肉体的な死は本当に人生が終わってしまいますが
精神的な死は人生が終わるわけじゃないんです。

精神的な死は過去の古い人生を捨てて
新しい人生がスタートするという事に繋がるんですね。


だから
恐怖を感じたら逃げる。というのは
肉体的な生命の危機の時は従えばいいし
精神的な成長の時には従わなくていいんですよ。


人生を大きく変化させようという事であれば
恐怖を乗り越えなければいけないということです。


人間の進化の過程として
まず最初に依存状態から自立状態に
なる必要があるんですね。


そうした時に
依存状態から自立する段階で
一度精神的な自殺が必要なんですね。


過去依存してきた状態で得てきた
経験とか考え方といったものを
手放す必要があるんです。


依存状態から自立状態というのは
どういう事なのかっていったら


国にも頼らない。
会社にも頼らない。

家族にも頼らない。

自分が生活していく上で必要なお金は
自分だけで稼いでいけます。
という状況の事を言うんですね。
正に自分の足で立つ。自立ということです。


夢が叶わない、夢がなわない。というのは
夢が叶うための考え方になっていないから
夢が叶っていないだけなんですね。


そうした時に
依存状態っていうのは
幼いころから積み上げていった自我によって作られているんですね。


幼いころから積み上げていった自我とは
一体何によって作られていったのか?って言ったら
親とか教師なんですよね。


小さい時から親から受けてきた教育とか
学校で受けてきた教育によって
依存状態の考え方、つまり依存状態の自我が
作られているんですね。


幼いころっていうのは
自我が確立されていませんから
自分にとってこれは正しくてこれが間違えている。
という判断が出来ないんですね。
目で見て耳で聞いた情報を素直に受け取っちゃうんですよ。


そういう状態の中で一番接点があって
一番影響力のある人は誰ですか?って言ったら


殆どの場合が
親と教師ですよね。


親がこうしたほうがいい、ああしたほうがいい
教師がこういう考え方が正しい考え方だ

というのを常に常に情報として
与えられてきているわけですよね。


無条件に親の言う事、先生の言う事が正しいんだ。
という考え方になっちゃってるんですよ。


まだ自我が確立していない幼い時期の
親とか先生の教育っていうのは
物凄い影響力なんですね。


で、肝心なのはここからなんですけど
親とか教師が言ってきた
「これは正しい考え方だ、これは間違えた考え方だ。」という
基準にそって生きていたら99%以上夢は叶いません。

自立もできなければ
好きな時間に、自分のやりたいことをやって
自由を手に入れて、という様な事は
絶対に手に入りません。


何でですか?簡単ですよね。


自分に考え方を教えてくれた
親とか教師が夢を叶えていないからですよね。

まず、教師は学校に依存していますよね。
学校という組織に守られています。
そして、あなたが理想としているような
自由な人生を送っていますか?と聞いたら
答えはすぐに出ますよね。
殆どの場合叶えてないんです。


じゃあ、親はどうですか?


親を見た時に自分が目指している様な

状況を叶えていますか?
殆どの場合が叶えていないはずです。


何故なら本当に自立した経営者の絶対数と
従業員として働いている人の絶対数
どちらが多いですか?って言ったら
圧倒的大差で従業員の人の方が多いからです。


要するに
教育している側の
親とか教師が自由に生きていないわけですよ。

その自由に生きていない人達の考え方に
影響を受けているままでは
絶対に夢を叶える事なんで出来ないんです。
依存状態から自立状態に至る事すらできないんですね。


もし、親が自由に生きていて
その親の考え方を強く受け継いだという事であれば
少し話は変わってきますけど
殆どの場合はそうはいかないという事です。

親にとってのいい子
学校教師から見てのいい生徒


という生き方をしていたら
一生いい人で終わるんですね。

自分の夢願望を叶える人じゃなくて
いい人で終わるんですよ。

凄くいい人なんだけど
夢を叶えることはできないし
自由に生きる事はできないし
自立状態までたどり着く事が出来ないんですよ。
会社なり、国なり、地方なりに依存したままじゃないと
生きていけない。という人生が続いていくんですよ。


こういうことに気づくことができると
恐怖に打ち勝つことが出来るようになるんですよ。

新しいことにチャレンジしようとしたときに
湧き出てくる大きな恐怖に打ち勝つ事が出来るんですね。


今までも色々とチャレンジしてきたはずなんですよ。
ありとあらゆることに挑戦してきたはずなんですよね。


一生懸命頑張ってとにかく必死に夢を掴む為に
頑張ってきたはずなんですよ。
色んなノウハウとか自己啓発とかを
自分なりにやってきたはずなんですね。

でも、うまくいかないんですよ。

やってもやってもうまくいかないようになっているんですね。。

何でですか?っていったら

今までの古い考え方のまま
行動しているからですよね。

それじゃあ絶対に
上手くいかないようになってるからです。


今までの古い考え方って何ですかっていったら
幼いころから影響を受けてきた親とか教師の教えですよね。

実際に自由とか夢を実現してこなかった人の言う事を
信じていたって夢願望が叶うわけないんですよ。


分かりやすく言えば
自分よりお金を稼いでいない人から
教えてもらった考え方を正しいと思っている内は
絶対に稼げるようにならないということですよね。


シンプルなんですよ。


そもそも考え方が変わっていないのに
どんなに崇高なノウハウを試そうが
どんなに素晴らしい情報を手に入れようが

面白いくらい使いこなすことが出来ないんです。


でも、
同じノウハウを学んでいるのに
成功している人もいますよね?

何でですか?

考え方そのものが違うからです。


もはややり方の問題じゃないんですよ。
考え方の違いが大きいからなんですね。

僕がいつもマインドが8割ノウハウが2割と言っているのは
この事なんですね。


マインド、つまり考え方が稼げる人になっていないのに
ノウハウだけが凄くても使いこなせないんです。

だからうまくいかないんですよ。

殆どの場合は
ノウハウが間違っているんじゃなくて
自分の考え方に問題があるんですね。


例えば
今日僕が話した様な事を
実際にできているのか?ですよね。


知っているじゃなくて
実際に出来ているか?が問題です。


実際に人生を変えられるかもしれない。とおもって
何かにチャレンジしようとして
とんでもない恐怖がやってきた時に
逃げずに乗り越えましたか?

それとも逃げましたか?

という事ですよね。


逃げたら出来ていない。という事ですし
乗り越えたらなら。できた。という事です。
この繰り返しによって人生は変わっていくんです。
これって完全に考え方の問題なんですよね。


こういうのを一個ずつやれるようになるかならないかで
考え方っていうのは変わっていくんです。


逃げる選択をとったという事は
今までの考え方を優先した。
現状維持を選択した。という事ですから
当たり前のように今までと変わらない人生が待っているんです。


いやいや、自分は決断してますよ。
っていう人がいると思うんですが
その決断はによって大きな恐怖を感じたかどうか?
と問いかけるとそうでもなかってりするんですよ。

チャレンジはしているんだけど
今の自分がそこまで恐怖を感じない様な、安心してできる
なるべく自分に負荷がかからない様な小さな選択して
決断しています。って言い切るんですけど
それでは人生に大きな変化は起きません。


当たり前ですよね。
恐怖の度合いが少ないという事であれば
自分にかける負荷が少ないという事であれば


現状の内側にいるという事ですから
本人は新しいことをやってるぞ!と思っていても
結果として何も変わらないんですよ。


進化成長とか人生を大きく変えるっていうのは
現状の外側にありますから
安心なんてしてらんないんですね。


精神的にどこかに保険をかけよう保険をかけよう
みたいな逃げの姿勢だったら人生変わらないんですよ。
成長しようと思っても難しいんですよね。


じゃあどうやったら
今までの考え方を捨てて新しい考え方を
手に入れることが出来るんですかっていたら
答えは非常に簡単なんですよ。
めちゃくちゃシンプルなんですね。


どうすればいいのかって言ったら
大きな決断をしましょう。以上なんですね。


どうして依存状態から自立状態になれないのかって言うと
決断力が無いからなんですね。

これやりたいな。やります。
という決断力が無いからなんですね。
あれこれ考えて決断できないから。なんですよ。


自立する為に100%必要な考え方は何ですか?って言ったら
決断なんですよ。


これは切っても切れない関係なんですね。


だから逆に言えば決断できない人は自立も出来ないんですよ。
自立できないってことは自由を手にすることも
夢を手に入れる事も絶対に出来ませんよね。


だから
あ、これは今の自分にとって必要な事なのかな?
と思ったら決断すればいいんですよ。
あれこれ考えているのは
過去の自我がやらなくていい理由を考えさせて
自分の進化成長を邪魔しているだけなんですよね。


この事に気づかないといけないんですよ。


何かをやろうと思います。
恐怖が出てきました。
言い訳が出てきました。
やりたいけど辞めます。


このサイクル自体が成功から
自分を遠ざけているという事なんですね。


決断できない。=依存。
決断できる。=自立。なんですね。


で、この決断という行動は
殆どの人の優先順位の上位になっていないんですね。

何でですかって言ったら
殆どの親、教師が皆と仲良くしましょう。
という考え方だからですよね。


人から嫌われる事はダメな事で
皆に好かれる事が素晴らしい事だという風に
思っているんですよ。

だから
ご近所つきあい。とか
友人からの飲みの誘い。とか
上司からの飲みの誘い。とか
こういうのを断る事が出来ないんですよね。


そういう事ばかりにお金と時間を使って
本当にやらなければならない事に
思い切り使えていんですよ。


夢に向かって行動する時間と
投資すべきお金が分散しちゃってるんですね。


色んな優先順位に大切な大切な時間とお金を
分散しちゃってるんですよ。


そりゃあ夢かないませんよね。


色んな事を手放したくないです。
でも夢も叶えたいです。
自由に生きたいです。
それは無理な話ですよ。


自由に生きる事とか
依存しないで生きていく事は
そんなに甘くないですよね。


だから決断する事が必要なんです。

自分が本当に時間を投資するところはどこなのか?
自分が本当にお金を投資するところはどこなのか?


ハッキリさせる必要があるということですよね。

自立したいのであれば
自分の限りある時間と資産を
夢に一点集中させる必要があるんですよ。

自分の優先順位の一位に夢を
持ってくる必要があるんですよね。

そういうマインドセットで
日々決断を繰り返していくと
自立状態に行く事が出来るんです。


ただ、理論上は簡単で口にするのも簡単なんですけど
実際にやるのは非常に難しいんですよね。
痩せる為にはどうすればいいんですか?

食べる量を減らしましょう。
運動量を増やしましょう。

言葉で言うのは本当に簡単ですけど
実際にできない人が殆どですよね。


これと同じで決断しましょう。って言っても
実際にできる人はごく僅かなんです。
だから成功する人、自由になれる人、夢願望を達成する人が
僅かだということですよね。


自立状態になれる人っていうのは僅か1%なんですよ。


実際に自分が今やろうとしている事は正しいんだろうか?
と迷うくらい恐怖を感じた時に実際に
一歩前に踏み込めた人しか人生を変えることはできない。
ということです。


ですから人生を大きく変える為には
まずは依存状態から自立状態になる事が必要です。


依存状態から自立状態になる為には
決断力が100%必要です。
決断力が無い人は夢や願望を掴むことが出来ません。


これをやったら自分の夢に近づけるかも?
と思ったものがあるのであれば
例え大きな恐怖を感じたとしても
勇気を振り絞って決断できた人だけが
人生を大きく変えていく事が出来る。

というのが今回のお話です。

最後までご覧いただきありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>