日本の経済状態とこれから考えるべき事②

こんにちは。ロキです。

今回は
日本の経済状態とこれから考えるべき事②
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。

日本の経済状態とこれから考えるべき事②


前回
日本の経済状態とこれから考えるべき事①という事で
音声を撮ったんですけど
今回はその続編になります。


簡単に前回のおさらいなんですけど
まず、今現在の日本の経済状態は
人口の減少と共にどんどん悪化していっています。

で、これから先の未来もほぼ高確率で
日本経済は悪くなっていくという話でしたよね。


何でかと言ったら
人口の増減と経済状態の良し悪しは
かなり密接な関係になっていて、

人口が増えれば経済状態が良くなるし
人口が減れば経済状態も悪くなる傾向が
非常に強いからですよね。


現に今一番波に乗ってきている国は
中国とインドですよね。

中国とインドも人口が非常に多い国です。


日本が一番景気が良かった時期を見ても
団塊の世代の人たちが一番働き盛りのころで
日本国内に働ける人の数が一番多かった時期が
一番経済状態も良かったわけですよね。

こんな風に働ける人の数が多ければ多いほど
経済は発展する傾向にあります。


そんな中で
日本は恐ろしいスピードで少子高齢化がすすんでいて
働ける若者の数はドンドン減っていって
国から援助してもらう高齢者の数が
ドンドン増えていますよね。


国に利益をもたらす人、国を支える人が減って
国から援助される人、国に支えられる人が増えるから
どんどん経済状態は悪くなるというのが
数字を見れば一目瞭然という事でした。

今後、日本経済が悪くなっていく中で
日本が破綻しないという事であれば
多くの企業が倒産したり
会社勤めしているのであれば
給料を減らされたり、リストラされたり
何らかの税金が上がったり
とにかく今よりも苦しい状況が待っているのは
ほぼ確実です。


もし、自分の生活を守りたい。
大切な人を守りたい。という事であれば
今話した様な現実から逃げず、しっかりと直視して
危機感を持って備えていく必要があるという事でしたよね。


で、今回は
どのように備えていくべきなのか。という話なんですが


まず、
今まで学生生活までで学んできた知識やスキルだけで
この先何十年も今の自分の生活を維持し続ける事んだ。とか
もっと良い生活が送れるんだ。という甘い考えは捨てるという事です。
当然、無理だからです。


これから先平均年収はどんどん下がるし
ボーナスなんて当たり前になくなっていくし
昇給昇格などの賃金アップもどんどん減っていくんですよ。
終身雇用のシステムなんてとっくに崩れてきてるんですよね。


いい高校に行って、いい大学に行って、それなりの会社に勤めれば
一生安心して暮らせます。なんていう考え方自体が
既に崩壊しているんですよ。

今の50代、60代の人達が逃げ切り世代
とか言われてますけど、全然逃げ切れないですから。
その内年金制度自体が破綻すれば
強制的に働かないと生活できない状況になりますからね。


あと数年で定年だから逃げ切れるとか言って
安心していたとしても
全然逃げ切れないですから。


国が破綻したら年金なんて出してもらえないですよね。
倒産した会社から給料をもらうというくらい
矛盾している事を考えているという事なんですよ。


とにかく老後楽をしたいのであれば
それなりに自分で稼いで
有り余るだけの資産を作ってからじゃないと
これから先の時代は楽できないですよ。


どんな人も最終的には依存から
自立せざるを得ない状況に
追い込まれるんですよ。


飲み屋で会社の愚痴、泣き言を言っている暇があるなら
いかに自分を成長させるかに時間を使ったほうが
遥かに頭のいい時間の使い方なんですよね。


厳しいかもしれませんが
これが現実です。


一日も早く目を覚ます必要があるという事ですよね。

今約束されている事っていうのが
時代の変化とともに当たり前のように
変わっていくんですよね。


だから、学生までに身に着けた知識だけで
ずっと同じことをやり続けていて
そのまま一生何とかなるという時代はもう終わるんです。


これからは
自分の力で稼いでいく力というのが必要になるんです。


国にも頼らず、地方にも頼らず、身内にも頼らず
たった一人でもちゃんと自立して稼いでいけるだけの
力が必要なんですね。


やっぱりできるだけ若くて働ける時期に
何らかのリスクを取って
自分で稼げる力を身に着けるという
決断をしなかったら
全部年取った後にツケが回ってくるように
なっているんですよ。


そういう意味ではある意味公平ですよね。
若い時にリスクを取って
自力で稼ぐ力を身に着けるのか
年を取ってからリスクを取って
自分で稼ぐ力を身に着けるのか
どっちが厳しいかって話なんです。

早いうちにリスクを取るのか
後でリスクを取るのか
どっちにしてもリスクを取らなきゃいけないんだったら
なるべく早い方がいいですよね。


僕も20歳の時にこの事に気づいて自立しよう頑張っていたら
今頃どうなっていたんだろうと思った事もありますよ。

そんな事は実はハッキリ言ってどうでもいいんです。

知った瞬間からどう動いていくのか?
今日気づいたのであれば今日決断すれば
自分の人生で最速で決断したことになるんです。


一番愚かなのは
他人事のようにただ聞き流すだけという事ですよね。
もちろん、
今の生活が維持できなくなって
生活水準を保てなくなってもいい。

これから先もっと裕福な生活はしなくてもいい。
それでも幸せに生きる選択をしました。

という事であれば
全く持って問題ないと思います。
そういう人達からすれば関係の無い話ですからね。

このままだったら
少子高齢化と共に日本経済
がどんどん衰退していくのは明確です。

なにかとんでもない改革が起きない限り
日本の経済状態は悪化していくんです。


それくらい
人口という数字を基にした
予測というのはほぼ高確率で当たるんです。


そうした時に
今までの話を逃げずに、ちゃんと受け止められたという事であれば

基本的に取れる選択肢は3つなんですよね。

1番目はお金が無くても幸せな生活ができるような
自分づくりをする。


お金が無かったとしても最低限食べるものと
着るものと住む家があればそれで幸せになれるという
心の在り方を作っていくという事ですよね。


収入がドンドン減っていったとしても

お金が無かったとしても
究極は自給自足が出来れば生きてはいけるんですよね。
自分の家で取れた野菜と
相手が持っている魚を交換してください。
という風に物々交換ができれば
お金が無くても生きていく事は出来るわけですよね。
昔の日本もそうだったわけですよね。
お金が無くても物々交換で
生活が成り立っていたんですよ。


だからお金がなくても
物と物を交換するという事で
何とか乗り切っていく事はできます。

あとはそういう生活をしても
自分は心の底から幸せで入れるんだ。という風に
思える自分の心の在り方を日々作っていく
必要はあると思います。


ただ、個人的に思う事としては

最近
欲を捨てましょう。みたいなメッセージが増えていますけど
欲っていうのは人間が元々生まれ持って備わっている本能なんですよね。
欲っていうのは凄いエネルギーを持っているんです。


ですから、本当に生き生きとした生活をしたいという事であれば
沢山自分で稼いで、本当に自分のやりたいことをやって
生きていった方が人生楽しいと思うんですよね。
自分のやりたいことも出来ず
選択肢も少ない中で
しょうがなくやっている。とかそうするしかない。
という生き方はかなり窮屈な感じがします。


僕個人はそういう人生を送りたいとは思っていない。
という事ですね。

しかし
恐らく日本人の多くの人が
お金が無くても幸せな生活をする。
という選択をすると思うんですよね。


欲を持ってはいけない。とか
欲を捨てたほうがいいとか。
そういうメッセージはこれから増えていくでしょうし
数字をみて論理的に考えることが出来ない。という事であれば

欲を持ってはいけません。とか
欲を捨てましょう。みたいな
メッセージに賛同して
祈っていればなんとかなる。とか
神様が何とかしてくれる。とか
そういうメッセージが目に飛び込んできた時に
自動的にお金が無くても幸せになる道を選択する。
という感じになるんですよね。

2番目としては
自分自身の力で自立して稼ぐ力を身に着ける。
という事ですよね。


自分自身でビジネスを始める。ということです。
大手企業が参入していない様な隙間を狙っていって
そこで利益を追求していくという選択肢です。

これは現実を直視して
依存から自立に向けてしっかりと対策を練ろうとしている
人がとる行動ですよね。


学生までに得た知識だけで何とか
一生乗り切ろうという考え方を捨てて
リスクを取って自ら稼ぐ力を身に着けるという
決断ができた人達がこの選択肢を取るわけです。


最後の選択肢は
自分の立ち位置を日本から世界という風に
変えるということですよね。


日本にいなくてもどこでも
生きていけるという自分づくりをしていくというのが
最後の選択肢ですよ。
もう、日本にとわわれないという事です。


そうなれば
日本の経済状態に悩まされる必要はなくなりますよね。

考えるベースが世界なわけですから
日本経済がどうなっても
自分は影響をうけなくなるわけです。


そういうセルフイメージを持って
日々淡々とやるべきことに集中するというのが
最後の選択肢になります。
段階としては
お金が無くても幸せな生活が送れるような自分づくりをする。
でも想像した時に
今の生活水準は保ちたいし、もっと裕福な生活をしたい。
という事であれば

まず最初に国からの依存からの脱出ですよね。
国に頼らない。地方によらない。という自分づくりをしていく。

要するに自分でビジネスをやり始める。という事ですよね。

これが最初のキッカケになると思います。

それで
大手企業が狙わない様なスキマを狙い続けて
利益を追求していく。

それが出来るようになってきたら
自分の立ち位置を日本から世界に変えていく。


例え肉体は日本にいたとしても
いつでも日本を離れても大丈夫な状態を
作っておく。という事ですよね。


そうすれば
日本の経済状態がどうなったとしても
全く影響を受けない未来が待っているという事ですよね。
どの選択肢をとってもいいと思います。


一度リアルに想像してみてばわかると思います。
実際に日本にいて今よりも経済状態が悪くなって行ったときに
果たして3つの選択肢の内自分は本気で
どの選択肢をとりたいのか。


この世は諸行無常でどんどん変化していくという
法則の中で自分はいったいどうなっていきたいのか?
一度真剣に考えて見て下さい。


どの選択をとったとしても
あなた自身が納得して幸せでいられるという自信があれば
全く問題ないと思います。


もし
今のままではちょっとまずいかも。
と感じたのであれば今日、この音声を聞いた後から
今までと違う決断。行動をとるようにしてみてください。


今回僕が話した内容というのは
数字に基づいたほぼ確実にやってくる
日本の未来について話しました。


この話を聞いて目を背けるのではなく
ちゃんと受け止めたという事であれば

今日、気づいたという事であれば
動き出すのも即断即決即行動です。

いつも即断即決即行動の話をしていますが
これは本当に人生を変える究極の方法だと思っています。


今日からできる事を真剣に
一つずつ取り組んでいくということです。


経済状態が悪化していくのに
安心安定を求めてしがみついて
ただ神様とか宇宙に祈りを捧げ続けて待つのか

それとも
国に頼らなくても生きていけるような
スキルや経験を身に着けていく。


まずは自分で稼げる力を身に着けていくという風に
リスクを取って今日一日出来る事を一つずつ着実に
積みあ上げていくのか
選ぶのはあなた次第です。

すべからく
人生はあなたが決断し続けた結果
ということになります。

新しい事を始めるというのは大変な事ですよ。
学生までに勉強した知識だけで
一生なんとかなるなら楽ですよね。


ただ、
現状それだけではどうにもならない時代ですから
自分でビジネスを始めてみる。
遅かれ早かれそのリスクを取る時がきます。
そのリスクをいつ取るのか?


いつ目を覚まして
リスクを取ってチャレンジしてみるのかですよね。


今まで話した事は
確かに厳しい現実の話でしたけど

今の時代というのは
インターネットの普及によって
小規模なビジネスからチャレンジしていける時代です。


会社を立ち上げるのに
数百万円、数千万円の自己資金が必要なんてことはないんです。


情報技術の発達で
本当に小資金からでも自分のビジネスを1個持つ
という事は可能です。


気づいた
今から初めて国に頼らない自分を作っていくのか


見て見ぬふりをして
厳しい現実を目の当たりにするのか

あなたの選択によってすべてが
変わっていくというお話です。


最後までご覧いただきありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>