悩みを解決し幸せになる方法 後編

こんにちは。ロキです。

今回は
悩みを解決し幸せになる方法 後編
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。

—ここから文章—


悩みを解決し幸せになる方法 後編


どうすれば悩みを解決できるのか。
と言う話なんですけど
まずその前に、大前提として押さえておかなければいけない事があって
1つ目は悩みっていうのは絶対的なものじゃない。という事なんですね。

悩みっていうのは必ず何かと比較できる相対的なものなんです。
相対的っていうのは、他との関係があるから成り立っている事ですよね。

例えば

ビジネスで月収10万円稼ぎたいと思って悩んでいる人がいたとします。

かたや
ビジネスで月収100万円を稼ぎたいと思って悩んでいる人がいたとします。

二人とも、真剣に悩んでいるんですよね。
今の自分にとっての悩みというのは
自分だけで考えたら確かに相当深刻な悩みなんですよ。

ただ、ちょっと視野を広げて
二つを相対的に見てみれば
100万円を稼ぎたいと思っている人の悩みの方が
大きいわけですよね。


何でかって言ったら
実際に10万円稼ぐ事と100万円稼ぐ事
どっちが簡単ですか?って言ったら
10万円稼ぐ事ですよね?

だから簡単じゃない100万円の悩みの方が
大きな悩みなんですよ。


こうして考えると、今自分が抱えている悩みっていうのは
絶対的な物じゃないという事がわかるんです。


解決可能なんですよね。


どうやって解決するのかって言ったら
自分と同じ悩みを持っていたけど
ちゃんと解決した人に相談する。という事ですよね。

もちろん、相談する相手の選び方は非常に重要ですよ。


相談する人を間違えたら問題解決になりません。

間違えるパターンとしては

同情してくれる人に相談してしまう。という事です。
このケースが一番多いんじゃないでしょうか。

自分の悩みを聞いて

「あーそうなんだ。大変だね。」
「そんな辛いことがあったんだ。」

こんな風に同情してくれる人に相談してしまうパターンですよね。

さっきの例で言えば

自分は独立して月収10万円を稼ぎたいと悩んでいる人が
独立をした事がないサラリーマンの友人に相談する。とか
独立をした事がないパートナーに相談する。とか
独立をした事がない両親に相談する。とかですよね。

友達に相談したら
同情はしてくれるかもしれませんけど
問題解決には絶対にならないんですよ。


何故なら相談した相手が実際に自分の力で
月収10万円を稼いだことが無いからですよね。

でも殆どの人がこの超重要なポイントを抜かして
身近にいる同情してくれそうな人、
話を「うんうん」っていって聞いてくれそうな人に
相談しているんですよ。

こんな風に
相談相手を間違えてはいけません。

相談するのであれば
実際に今の自分の悩みを解決した事がある人限定で
相談する必要があります。


独立して稼ぎたいんだったら
会社員の経営コンサルタントに相談してもダメ。という事ですよ。
何故なら彼らは会社員であって
実際に自分で独立してビジネスをしていないわけですから
問題解決にならないんですよ。

確かに表面上の統計データを取ったり
こうすればうまくいく可能性があります。
というような情報収集能力はたけていたりするんですが

実際にすべての責任を自分でしょって
ゼロから1円、10円、100円を稼ぐ。という
実践を積んでいないので
本質を理解していないんです。


人生というのは全て体験ですから
自分の悩みを体験をしたことがあって
問題解決した事がある人にしか
自分の悩みを解決する方法は分からないんですよね。


異性と付き合った事が無いけど
恋愛のテクニックとかノウハウの本とかセミナーに参加して
知識だけを知っている人っていますよね?


本当に問題解決したいのであれば
そういう人に相談してはいけない。
という事です。

恋愛で異性からモテたい。と悩んでいるんだったら
異性からモテた事がある人に相談しないとダメです。


結婚して幸せになりたい。と悩んでいるんだったら
結婚したことがあって、尚且つ幸せになっている人に
相談しないとダメってことです。
結婚して今にも離婚しようとしている人に
相談しても意味が無いって事ですよ。


悩みを解決して幸せになるには
自分の悩みを解決した事がある人に
アドバイスしてもらえる環境に身を置く。という事です。


悩んでいる本人は感情的になっていて
頭に血が上っているから解決策が見えない状態になっているんですけど
相談された側っていうのは冷静なんですよね。


だから
相談した時についつい同情を求めてしまって
相手のアドバイスの仕方がちょっと冷たく感じる事が
あるかもしれないんですけど
むしろそれでいいんです。


何故なら
自分は感情的になって頭に血が上っているから
良い解決策が見つけられないわけですよね。

そういう状態で
相談した相手も一緒になって同情してくれたはいいけど
感情的になってしまったら
良い解決策なんて思いつかないんですよ。


冷静な人に冷静なアドバイスをもらえる事で
解決に向かっていくんです。


だからアドバイスはちょっと冷たいな。と思うくらいで
丁度いいんです。

話をまとめると
悩みというのは絶対的なものじゃなくて
相対的なものです。


悩んでいる本人からすれば
自分の悩みが全て。という風に視界がせまくなってしまいますが

視野を広げてみると自分よりももっと深刻な悩みを
抱えている人はごまんといます。


それと同時に自分の悩みを既に解決している人も存在します。


本気で悩みを解決したいのであれば
自分の悩みを既に解決している人に
アドバイスをもらう事が大切です。


一番やってはいけない事は
自分の悩みを解決したことが無い人に
相談するという事です。


問題解決ではなくて
単純に同情してほしい。という事であれば
誰に相談してもいいですが、


本気で問題解決したい。
という事であれば
自分の悩みを解決した事が無い人に
相談する事はハッキリ言って時間の無駄です。


自分の問題を既に解決している人がいるのであれば
自分の小さなプライドを捨てて
勇気を振り絞って
同情されなくてもいいから。
という覚悟を持って相談してみる。

すぐに解決しない様な悩みなのであれば
できるだけアドバイスを受け続けることが出来る
環境に身を置いて問題解決をしていく。


そうすれば時間の経過とともに
悩みを解決し幸せになる事ができる。というお話です。

最後までご覧いただきありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>