商品が売れない時に考えるべき事

こんにちは。ロキです。

今回は
商品が売れない時に考えるべき事
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。

商品が売れない時に考えるべき事

商品を出品しているけど
今月は中々売れないな。という時ありませんか??

どんな商品でも
沢山売れる時期と中々売れない時期ってあるんですよね。


例えば
扇風機っていうのは今の時期売れやすいわけですよね。
何故か?
熱くなってきているからですよね。


じゃあ果たして
夏売れたからと言って
冬も同じように売れるでしょうか??
答えは夏よりも冬の方が売れない。ですよね。


こんな風に扱う商品によって
凄く売れる時期と中々売れない時期っていうのが
あるんです。


もちろん、僕たちが扱っているカメラも同じです。

ざっくりですが
比較的売れやすいと言われているのが


卒業式、入学シーズン
運動会シーズン
クリスマス、年末


等があげられますよね。

それ以外の月は
それほど売れやすいわけではないんですよね。

今僕が言っている事は
1年間通してやってみると分かります。


バンバン売れている時期は何も考える
必要はないんですけど
考えなきゃいけないのは
中々売れない時ですよね。


あなたは商品が中々売れない時
どんな風に考えて
どんな風に行動をしていますか?


「全然売れないや。。。」
「なにが悪いかわからないし、あきらめよう。。。」
「もう飽和してるんじゃないか。。。」


こんな風にネガティブに考えて

「今日は眠いから寝てしまおう。」
「今日はストレス発散の為に飲みに行こう。」
「今日はやる気が出ないから友達と遊びに行こう。」

こんな風に現実逃避をしてませんか?


たまには早寝したり、飲みに行ったり、遊びに行くのも
良いかもしれませんが
それが習慣化してしまって
本来やるべき仕事から目を背けてしまっていませんか?


やっぱりこういう考え方と行動をしていても
解決にはならないんです。


中々売れない時に更に売れない考え方と
行動をしていたら
当たり前のように結果は更に悪化します。


中々売れない。というのは事実であって
あくまでもフィードバック情報です。


その事実に対して
どう解釈し、どう考え、どう行動するかで
これから先の結果が変わってきます。


来年、再来年、同じように売れない時期が来た時に
また同じように現実逃避をするんでしょうか?


それとも
結果に対して前向きに解釈し
前向きな行動をとっていくんでしょうか?


当たり前ですが
結果に対して前向きに解釈し、前向きな行動をした人の方が
後々良い結果になるのは目に見えています。


僕の生徒さんの一人が
こんな事を言ってきました。


売れない対処法を見ながら
現状把握した結果

何をすべきかが明確になりました。


改善すべき点

僕の出品している商品の何%が○○くらいの価格帯で
自分の出品している商品の何%が○○くらいの価格帯で
そこに差があるからそれを埋めていきます。
こんな風に言ってきたんです。


中々売れないな。という時期は必ずだれでも経験するんです。

1年通してみれば
繁忙期と閑散期はあるんですよ。
結果は同じなんです。


ただ、閑散期の時にどう解釈して
どう考え、どう行動するかで
次に同じような事が起きた時に
しっかりと対応する事が出来るようになるんです。


結果を見て、ただ悲観的な言葉を吐いて
愚痴、泣き言を言って
結果が変わればいいですが
結果は全く変わりません。

むしろ、そういう言葉を使っている人は
どんどん結果は悪くなっていきます。
何故なら、思考は現実化するからです。


中々商品が売れない。という時期は
ポジティブに考えれば時間が余っている。
という事ですよね。


その余った時間で現実逃避を選択すれば
全く同じ問題が繰り返されます。

しかし

解決策を模索していけば
必ず違う結果を得る事ができる。
というのが今回のお話になります。


最後までご覧いただきありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>