小さな結果が出始めた時がターンングポイント

こんにちは。ロキです。

今回は
小さな結果が出始めた時がターンングポイント
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。

小さな結果が出始めた時がターンングポイント


小さな結果が出始めた時がターンングポイントという事なんですが

成功する為には
現状の外側に高いゴールを設定する事は必須になるわけですが
ゴールに向かって行動し始めると
現状のコンフォートゾーンから抜けて
スコトーマが外れて、今まで見えなかったものが見え始めます。


そして自然とゴール達成する為の情報が
見えるようになってきます。


どんな人間関係を構築すればいいのか
ビジネスをどのように展開していけばいいのか
心の在り方はどのようにしていけばいいのか

色々な事を感じる事が出来るようになってくるんですね。


今日コーチングのクライアントさんと話していましたが


「半年前の自分には絶対にできなかった決断ができるようになり
収入も伸びて、家族からも認められ始めるようになりました!」


という声を頂いたんですが
まさにこんな感じで過去の自分からは想像できない様な事が
起きてくるんですね。

これは
正にゴール設定をしっかりとした結果なんですね。


ゴールを設定した時点では見えなかったものが
どんどん見え始めて、入ってくる情報も変わってきて
自然と行動レベルが変わってきて
時間と共に人生も変わっていくという流れなんです。


こういう風に結果が見え始めると
心の中も更に充実してくるわけですよね。


ゴールに向かって進んでいっているんだ。という風に
感じられるようになるわけです。


エフィカシーもどんどん上がって
凄くいい感じなんですよね。


実は
結果がドンドン出てきた時が
ターニングポイントなんですね。

こういう時に脳内でどういう事が
起きているかというと

高いゴールと現状との間をゴムで引っ張り合っていると思ってください

そうした時に
ちょっとでもゴールの方に近づくと
ゴールと現状との間の差がなくなりますよね。


そうすると
ゴール側に引っ張る力が弱くなっていくんです。


小さな成功体験を積むと確かにエフィカシーも上がるんですが
その分、ゴールに行くためのエネルギーも弱くなるという事なんです。

実際にゴムを持って引っ張ってもらえればわかりやすいのですが
引っ張った片方の手を固定してそれをゴールとしたときに
もう片方の手をちょっとでもゴール側に近づけると
引っ張る力は弱くなりますよね。


これと同じ作用が脳内でも起きているんです。

現状とゴールの間に大きな差を生み出すから
現状からゴールに向かうエネルギーも大きくなるんですが
一歩、二歩とゴールに近づいていくと
エフィカシーが上がると同時に
ゴール側に向かうエネルギーも弱くなって行くんですね。

だから
もうちょっと行動すればうまくいってしまうところで
やる気がなくなってくるんです。


小さな結果が出た時の次のアクションが
弱くなるという事が起きてきます。

こういう経験てあるんじゃないですかね。
僕自身もこういう経験は何度も経験しています。

こういう状況になったらやる事は一つです。
更に高いゴールに設定しなおすという事ですね。


このタイミングを逃さないようにするという事です。


このタイミングを逃さないようにする為に
僕のコーチングクライアントさんに対しては
個別にそのタイミングを見極めて
ゴールの再設定をしてもらっています。

そうするとまたエネルギーが復活して
自然とやる気も湧き上がってくるんですね。

もちろん、それと同時に自分に対して負荷をかける。
という事も大切です。


ゴールを高くするという事は
当たり前のように自分に与える
負荷も自然に上がるという事ですよね。

今まで10km走れるようになる為に
毎日5km走る練習をしていて
6km,7kmと記録が出てきたのであれば

目標を15kmに変える。
当然走る練習も7.8.9.10kmと
負荷を上げていく必要が出てきます。


これと同じように
目標を高くするという事は
それだけ自分に与える負荷も自然と上げるのが
当たり前という事です。


このあたりをしっかりと腑に落としていかないと
途中でエネルギー切れになり
最初に立てた目標すら達成できない事もあります。

このゴールの再設定の時期もすごく大切です。

このタイミングを間違えると


「やってる事が間違えているのかな。。。」
「飽きてしまったのかな。。。」


こんな風に勘違いを始めてしまいます。


ですので
今回話した事は徹底的に腑に落としていく必要があります。


小さな結果が出たらもちろん、喜んでOKです。

しかし
それと同時に
エネルギーが切れていくという事を意識して
更に自分のゴールを再設定していくという事が
大切だという事です。


もちろん、
今のままでいいや。と心から思えるのであれば
ゴールの再設定は全く必要ありません。


あくまでも
持続的に成長し続けたいと思う人だけが
実践していただければ大丈夫です。


最後に
常に自分から脳に仕掛けていく事が重要です。
ただ、それが難しいという事であれば
それを相談できるコーチの存在が非常に重要です。


僕も自分のエネルギーが下がってきたな。
と感じるときはあえて自分に負荷を与えるような
行動を意図的にするようにしています。


そういった細かいテクニックも
コーチングではどんどんシェアしていこうと
思っていますのでコーチング受講生の方達は
これからも楽しみにしていてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>