心の余裕が真の豊かさを作る その2

こんにちは。ロキです。

今回は
心の余裕が真の豊かさを作る その2
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。


心の余裕が真の豊かさを作る その2

前回は心の余裕が真の豊かさを作る その1
という事で音声を取ったのですが
その続編です。

軽く前回のおさらいをすると
人は暇な時間があると
必ず何かをしようとする無意識の習性が
あるという事でしたね。

暇な時間が5分出来れば


スマホでラインをしたり
メールチェックをしたり
ネットサーフィンをしたり


こういった物理的な事はもちろんですが

何かを思考する。考える。という事も含めて
無意識が勝手に暇な時間を埋めようとする
働きがあるという事でした。

私たちの無意識は
本当に何もしない。という時間を嫌がり
必ず何かをしようとします。


そして
心の余裕というのは
外側から与えられるものではなくて
自分の内側で作っていくものだ。
という話でしたよね。


例えば
どんなにお金持ちになって
自由な時間を手に入れたとしても
暇な時間に何かをやらないと気が済まない。
という無意識の習性を変えない限り
心の余裕を持つことはできない。
という事でした。


心の余裕が真の豊かさを作る。
という話の通り

自分自身の心に余裕が無ければ
真の豊かさは手に入らないという事でしたよね。

何故なら
心に余裕がない人、つまりいつも忙しくしている人は
短期的な物の見かたになってしまうからですよね。


短期間で出来る事はたかがしているので
短期的なものの見かたしかできない人は
結果的におおきな結果を生み出せない。
だから豊かさも手に入らないんです。

逆に
心に余裕がある人は
長期的なものの見かたができます。


長い時間があれば大きな事ができるので
長期的なものの見かたが出来る人は
結果的に大きな結果を生み出すことが出来るんです。
だから豊かさも手に入る。という事でした。


例え
どんな天才だったとしても
短期間で大きな結果を上げる事は出来ないんですね。


じゃあ何が大きな結果をもたらすのかって言ったら
長い時間を費やしたかどうかなんですね。


人は成果を上げている人を見た時に
その人の才能なんだ。とかあの人だからできたんだ。
と思う所があるんですけど
実際は成果を上げる為に必要な時間
しっかりと継続しているんですね。


まさに継続は力なりなんですよ。


大きな成果を得る為に一番必要なものは
才能でも努力でもなくて
どれだけ長い時間継続し続けたかどうか
にかかっているんですね。

そうした時に
短期的にしか物事を見れないという事であれば
どうしてもいいアイデアが思い浮かばないんですよ。

ビジネスで言ったら
稼げる方法を探す時も
短い時間で一気に稼げる方法はないかな。というような
思考になりがちなんですね。


短期的に成果の出る方法というのは
短期的な結果に終わるんですよね。


短期的なものの見方をして
見つけたアイデアには
非常に無理があるんですね。


ダイエットで言ったら
短期でやせられるんだけど
長い時間をかけて習慣化していないから
すぐにリバウンドしてしまう。


という感じなんですよね。


しかし長期で物事を見れるようになると
短期で一気に成果を上げるような
無理な方法は自然と目に入らなくなるんですね。


しっかりと長い時間をかけて
実力を付けて行こうというような
地に足が付いた考え方が出来るようになるし
そういった方法が自然と目に入るように
なってくるんです。


そうなると
変な情報に振り回されなくなるんですよ。

だから10年位のスパンで物事を考えられるようになると
大体の事は叶うんですよ。

私自身も
短期で一気に稼げる方法はないかなという風に
思っていた時は
それこそ短期間しか稼げない様な
ノウハウとかばかりに目が言っていたんですね。


しかし
長期で物事を見れるようになってくると
そういった小手先のテクニックとかノウハウは
全く目に入らなくなってきたんです。


そして
結果的に収入も伸びてきて
安定してきているんですね。


だから
中々思うような結果が出ないと思っているのであれば

物の見かたが短期的すぎる可能性が高いです。


この話を聞いて
1か月とか1年とか3年スパンで
物事を考えていたのであれば
思い切って10年スパンで
考えられるようにしてみると良いですね。

心の余裕をあえて意図的に作ってみるんです。


10年あればたいがいの事はできます。
大きな結果を生み出すことも可能です。


10年間一つの事に集中して
継続することが出来れば
圧倒的な結果を手に入れる事が出来るんですよ。


殆どの人が
続けられない事が問題なんですね。


物事の考え方が短期的すぎるから。
だからうまくいかないんです。


もう一度言います。
短期間で大きな成果を出すことは
かなり難しいんです。


今現在大きな成果を上げている人
一般的に見て天才だと思われるような人でさえも
長い時間をかけてるんです。

で、ぶっちゃけて話すと
殆どの人が1か月単位くらいでしか
ものごとを見ていないんですね。


何故か?

サラリーマンの方とか
パートの方とか
アルバイトの方とか


とにかく給料をもらっている人は
短期的なものの考え方に陥りやすいんですね。


何故なら会社に勤めると
1か月に1度給料がもらえますよね。


自分の
仕事の成果に関係なく
1か月に1回、必ず給料が入ってきますよね?

この習慣が身についてしまっている人ほど
1か月という短い時間で物をみる習慣が
みについてしまっているんですね。


1か月なんてどう考えても
あまりにも短すぎるんですよね。


そうした時に
1か月単位で成果を出し続けるなんていう事自体
どんな天才でも難しいんですよ。


ほぼほぼ不可能なんですよね。

今月立てた目標を翌月に達成しました。

翌月立てた目標を翌々月には達成しました。


こんな風に毎月毎月自分が立てた目標通りに
達成し続けることは不可能なんですよ。


ただでさえ結果なんて
上がったり下がったりするわけですから
1か月単位なんかで測る事は出来ないんですね。


仮に
1か月で何かを成し遂げようとしたら
相当な無茶をしなければならなくなります。

無茶をして短期的に伸ばした結果は
短期的に終わるんですよね。
その結果を得るだけの十分な実力が付いていないんですよ。

野球の話で例えると
バッターボックスに立って
1発勝負の様な短い時間ならラッキーがあるんですよね。


1発勝負ならアマチュアの選手がホームランを打って
プロの選手が空振りして勝つこともあるんですよ。

ただ、
人生は一発勝負ではありませんから。

ビジネスにしても人間関係にしても
何を当てはめても
長期戦なんですよね。


だから
短期で結果を出そうとするような思考だと
大きな結果は出せないんです。


なんでプロの選手が長期戦になると強いのかと言うと
それなりの実力を付けているからですよね。


ちゃんとした実力を時間をかけて作っているから
長期戦になればなるほど
アマチュア選手は勝てなくなるんですよ。


プロの選手は何をやっているんですか?

毎日素振りをしたり筋力トレーニングをしたり
練習を続けているわけですよね。


どれだけ長い時間練習を継続したのか
それがプロとアマチュアの大きな差ですよね。


だから
まずは短期的なものの見かたから
長期的なものの見かたに変えていくんです。


じゃあどうやって長期的なものの見かたを
手に入れるのかって言うと
心の余裕をあえて作っていくんです。


そのやり方については色々あって
コーチングの生徒さん限定で
お伝えしているんですけど
簡単に言うと何もしない時間を
意図的に作っていくんです。


家事があるから
勉強する時間があるから
仕事をする時間があるから

できない。
じゃないんですね。

それを言い訳に
何もしない時間を作らないでいると
一生短期的なものの見かたしか
出来ないんです。


もう一度言います。
心に余裕が無ければ豊かさは手に入りません。


何故ですか?
心に余裕がなければ
無意識が短期でしか物が見れないからです。


短期間でできる事はたかが知れています。
1か月、1年、3年位でしか見れないという事であれば
大きな結果も出すことが出来ません。


大きな結果を得たいのであれば
それなりに長期間で物事を見れるようになる必要があります。


しかし
いきなり長期間で物事を見れるようにはなりません。
何故なら私たちが意識できない。
潜在意識の働きによるものだからです。


じゃあどうすればいいのか
方法はいろいろありますが
ヒントをお伝えすると
1日の内に何もしない時間をあえて作る。

という事です。


自分自身が何もしない時間を受け入れる事ができないのに
何で自由な生活が出来るようになるんですか?ってことです。

人生は自分が心から望んでいる事が
現実化するんですよ。
思考が現実化するんです。


その思考というのは私たちの意識ではなくて
潜在意識の方です。


その潜在意識の思い込みが
忙しくしている状態なのに
何故自由な時間が手に入るんですか。という事です。

本当に自由な豊かさを手に入れたいのであれば
まずは自分が心から自由な時間を好きになる必要があるという事です。

もし、あなたが
心から余裕を持つことが出来れば
その心の状態が現実化し
真の豊かさが引き寄せられる。

というのが今回の話になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>