お金がないから節約する。考え方の超危険な落とし穴

こんにちは。ロキです。

今回は
お金がないから節約する。考え方の超危険な落とし穴
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。

—ここからが文章—


私が自分自身の人生を振り返った時に
今が一番お金には恵まれているんですけれども


お金が無かった時と
今を比較してみると
お金がある事の有難さとかすばらしさに
改めて気づくんですよね。


僕の人生で言うと
サラリーマンの時は
最高でも月収50円位だったんですね。


月収50万円くらいあると
そこそこ遊びに行ったり
ある程度普通に生活はできるんですよね。


ただ
お金の心配とかストレスは消えなかったり
買い物をする時も安い物を基準に商品を
選んでいたりしたんですよね。


お金の心配っていうのは
やはり、結婚して子供が何人も出来て
家族を養っていかなければならない。とした時に
かなりギリギリの生活になるんじゃないかな。
という事が予想されたんですよね。


自分ひとりを何とかするには問題なかったんですけど
守るべき相手が2人、3人と増えれば増えるほど
それ相応のお金は必ず必要になるんですよね。

パートナーがいるなら
パートナーに好きな物を買ってあげたいとか
子どもさんがいるなら
好きな物をお腹いっぱい食べさせてあげたいとか


自分が病気になって動けなくなったら
回復するまでに働けませんから
それなりの蓄えが必要だな。とか

お金に対する心配とか不安がいつも
頭のどこかにあったんですね。


今はそういった悩みは無いんですよ。


買い物をする時の基準だって全然違うんですね。


お金が無かったときは
本当に悲惨なときは30歳くらいの時で
月収10万円くらいで
都内に住んでましたけど


ご飯を買う時も
セールになっている物だけしか
目に入らなくなりましたし
外食なんて一切できなかったんですよ。


とにかく買い物をする時の基準が
欲しい物を買う。というのではなくて
安い物から選ぶ。という感じで
選択肢そのものが非常に狭かったんですよね。


今考えると本当にぞっとするような話で
絶対にあの頃には戻りたくないし
戻らないと決めてますけど。


ちょっと考えると
幸せを感じやすくする為には
結構お金必要なんだな~って改めて
思うんですよね。


よくよく考えてみると
お金が無い時っていうのは
メンタル的にも非常にナイーブだったんですよ。

思考の根底に
なるべくお金を使いたくない。という風に
考えがありますから

目の前に成長できるチャンスがあって
相手が好意で進めてくれたセールスっていうのにも
嫌悪感を感じてしまったり


食費も極限まで抑えるようにして
例えば一日インスタントラーメンで終わり。とか


付き合いで外食に行ったとしても
自分は食べたいもので選ぶんじゃなくて
一番安い物を無意識に選んでいる。と

洋服も自分が着たい洋服を着るんじゃなくて
素材とかブランドなんてどうでも良くて
できるだけ安い洋服を選ぶ。と

移動手段もできるだけ安い方法
満員電車なんて乗りたくもないのに
お金が無いから仕方なく乗る。と

本当はちょっとお金払って
グリーン車に乗って良い気分を味わいながら
旅を楽しんでもいいわけですよね。


何も窮屈な思いをしながら

満員電車なんて乗らなくてもいいわけですよ。

お金が無かったときの自分を振り返ると
無意識に安い物出来るだけ安く
みたいな感じで商品とかサービスを
選んでしまっていたんですよね。


恐らく
こういう状態になっている人は
少なくないんじゃないかな。と思うんですよ。


ただ実際にある程度収入が伸びてくると
なるべく安い方がいい。という考え

例えば
松竹梅

上中下というサービスがあった時に

一番安い商品を選んで、それに満足する。

こういう事をやり続けている限り
結論から言うとお金に恵まれる人生にはならない。
という事なんですね。

価値観も全く変わらないし
一番高いサービスがどういうものなのか
自分にとって何をもたらしてくれているのかが
全く分からないんですよね。


例えば
身近な事で言うとホテルに泊まるのでも
星1つとか星2つとかのホテルに泊まるのか
5つ星のホテルに泊まるのかで全く違います。

5つ星のホテルに泊まると決めたとしても
一番安い部屋に泊まるのか
一番高いスイートに泊まるのかで
値段が全然違いますよね。


値段が違うという事は
受け取れる物が全く変わるんですよ。


物理的な事で言えば
部屋数そのものも全然違いますよね。


一番安い部屋はベッドルームが1つあって
トイレとバスがついて終わり。


スイートに泊まると
大きなベッドルームの他に
色々な部屋があるわけですよね。


トイレが2つついていたりします


スイートに泊まった人だけが利用できる
専用ラウンジなんかもあったりして

とにかく
全く違うサービスを受けられるんですよね。

値段が3倍も4倍違うから
サービスが3倍も4倍違うかと言うと
そういう事ではないんですけど

明らかに自分にもたらしてくれる影響が
変わるんですよね。


とにかくいい気分にしてくれるわけですよ。

とにかく松竹梅のコースがあって
一番高いコースを選んだ時に得られる最大の利点というのは
空間なんですね。

外食にしてもそうです。


とにかく安くて1000円もかからない様な
お店にいくのと

コースで数万円するような高級料理店
に行くのとでは得られる空間が違うんですよね。


もちろん、値段が10倍違うから
料理のおいしさが10倍違うかといわれると
そんな事はないんですよ。

安くてとっても美味しいお店もあれば
高くてもそこそこの味の店もあるんですよね。


ただ、そんな事ははっきり言ってどうでもいいんです。
まずかったらちょっとなと思いますけど
ある程度の味であればいいんです。


一番大切なのは
得られる空間なんですよ。


高級料理店と普通の料理店とでは
お店の雰囲気だったり
こまかい接客とか気遣いも違います。


高級料理店でしか味わえない
空間があるんですよね。


人にしてもそうです。


お金をある程度持っている人と
お金を持っていない人とでは


一緒に時間を共有していても
得られる空間が全く違うんですよ。


それはそうですよね。


考えている事自体が違うし
話している内容そのものが違うし
体験している事そのものが違うわけですから


その人といる時の空間は全く違うんですよね。


当然
同じ空間を共有しているだけで
エフィカシーが勝手に上がったり
運が良くなったり+のエネルギーを
もらえるんですよね。

松竹梅、上中下と会ったときに
一番高いサービスを受けているという事であれば

自分はこれだけ高いサービスを受けられるんだ。
という自己洗脳もかかってくるんですよ。


自分はサービスを選ぶときに
値段で選んでいるのではなくて
良いと思ったものを選んでいる。


安いから買うという事ではなくて
良いと思うからそれを選んでいる。


良いと思うものは手に入るんだ。
という自己洗脳も入るんですよ。


これが素晴らしい効果を生むわけですよね。

で、非常に重要な事を言いますけど
自分の人生を良い空間で満たしていくと
お金は増えていくんですね。


もし自分がお金に恵まれていないという事であれば

その状態から抜け出すためには
とにかくさっき話した様な事に
逆にお金をかけていく必要があるという事ですよね。


お金を手放したくないっていって
節約してても何にもならないんですよ。


自分がお金持ちになりたいという事であれば
逆にお金が増える方向に
自分にお金をどんどん投資して
いかなければならないんですよね。


もちろん、
じゃあ、何でもいいからお金をじゃんじゃん使います。
という事じゃあないですよ。


適当にその辺に飲みに行きましたとか
パチンコやりました。とか
そういう事じゃああいんですよ。

本当に未来により多くのお金を生み出してくれるだろう事に
お金を投資していくんです。

お金を増やす為には何が必要ですか?

お金というのは価値と価値の交換の道具ですから

お金を増やしたいという事であれば
自分が他人に価値を提供できる人間になる事が
最優先ですよね。


その為に

スキルを磨いたり
ビジネスにチャレンジしたり
自己成長にお金を使ったり

するわけです。


そうやってコツコツ自分の価値提供力を
身に着けていった先に
お金は自然と舞い込んでくるようになるんですね。


で、
お金がある事での一番のメリットは
選択の自由を得る事が出来るという事なんです。


大前提として僕も以前は会社員をしていたので
会社員の方を否定しているわけではないんですが

例えば
会社員の方はこの質問を自分にしてみてください。


何故自分は会社員を続けているのか??
という事なんですよ。

会社員になる事が夢で
心の底からやりがいを感じているから
会社員をやっているんです。

という事であれば本当に素晴らしい事だと思いますし
質問に対する答えは
自分で心の底からやりたくて会社員を選択している。
という答えになるわけですよね。


もし、答えが違うという事であれば
次の質問をしてほしいんです。


もし、
お金を沢山得る事ができていたら
会社員を続けているか?という事を
考えてほしいんですね。

もし答えがNOという事でしたら
選択の自由を得られていない。
という事ですよね。

もう一度言いますけど
別に会社員の方を否定しているわけではないんです。
単純にわかりやすいので
例として例えましたけど

一番言いたいことは
お金があると選択の自由が増えるって事です。


選択の自由が増えれば増えるほど
人生は豊かになるし
ストレスも減って幸福感も増します。


幸せはお金じゃ変えない。
という言葉がありますけど
確かに厳密に言えば
その通りなんですよ。


何故なら幸せは自分の外側からもたらされるのではなく
内側で感じるものだからですよね。


しかし
それはあくまでも理想論の話であって

一番わかりやすいのは
物理的に目に見える物の変化ですよね。


目の前に出された料理が
賞味期限が切れている
ただ同然のお肉を出されるのか
一流のシェフが料理した
新鮮かつ最高級のお肉を出されるのか
どっちが幸せを感じますか?
って事なんです。


この質問をされたときに
お肉が嫌いな人以外は
一流のシェフが料理した
新鮮かつ最高級のお肉の方がいいと
素直に思うはずなんです。


ただ、
お金でしあわせは買えない。という
刷り込みが強い人は
下手するとお肉が食べられるだけ
幸せだからどちらでもいい。
という風に答えるんですよ。


こういう質問をされた時に
素直に良い方を選べるようにならないと
お金を増やすことはできません。


現状で満足してしまう人生になります。


今よりももっと良い状態を
心の底から求めるようにならない限りは
現状維持になるんです。


お金が無いから節約します。


という考え方だったら
自分にとって今よりも良い体験をいつまでも
さえてあげられないですよね。


人はネットで見た。本で見た。人から聞いた。
という事よりも良い体験を実際にすれば
一発でわかるんです。


今までの自分が選んできたものと
良い物との差が明確になるんです。


だからお金を増やしたいのであれば
節約に喜びを感じない。


もちろん。無駄なものにお金をびた一文払う必要は
有りませんが
あまりにも節約しすぎて
投資を怠りすぎるというのは
それはそれで問題ですよ。

逆に言えば
お金の使い方を変えていく事によって
お金を増やすことができるようになる。
というのが今回の話になります。


最後までご覧いただきありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>