成功者は失う事を恐れない

こんにちは。ロキです。

今回は
成功者は失う事を恐れない
という音声を撮りましたので是非最後までご覧ください。

—ここからが文章—

成功者は失う事を恐れない

大前提として
人が本能通りに生きたとするならば
論理よりも感情を優先するんですね。

一見論理的に頭で考えているように見えるんですが
実は多くの人が最終的には感情で意思決定しているんです。


基本的に人間は
論理の生き物ではなく
感情の生き物なんです。


そうした時に
成功者はどういう考え方をし
意思決定をしているかと言うと
感情よりも論理を優先して
意思決定をするんですね。


多くの人が感情で意思決定をしている中
論理的に意思決定できるのが
成功者なんです。


具体的にどういう事なのかを
一番わかりやすいお金で
説明しようと思います。


例えば

コイントスをして
表が出るのか、裏が出るのか当てたら
掛け金が2倍になり、負けたら掛け金が0になる
というゲームがあったとしますよね。


そうした時に
あなたは100万円をもっていたとして


勝負に勝ったら100万円が200万円になるけど
負けたら100万円が無くなる。というゲームがあった時に
あなたはやりますか?

という事なんですね。


表か裏かに賭けるわけですから勝率は50%の勝負です。


そうした時に
殆どの人がやらない。という選択をとるんですね。

何故かと言うと
人は得られる快楽よりも失う事の痛みの方を
強く感じるという本能があるんです。

だから
勝てば100万円が200万円になる事よりも
負けて手持ちの100万円を失うことの方に
意識が集中してしまうんですよね。


そうなると当然やらない。という判断になるんです。

仮に
勝てば100万円が250万円になり
負ければ100万円を失うというルールの場合
やるかやらないか。
どちらを選びますか?


とした時に殆どの人が
やらないと答えるんですよ。

何故なら
得られるかもしれない利益よりも
失う痛みの方を強烈に感じてしまうんですね。


やはり殆どの人は合理的に考えているようで
実際は感情で物事を判断するんですよね。


実際に
期待値を計算してみるといかに
合理的に考える事ができないかがわかるんです。

コインの表か裏かどちらが出るかの確率は50%ですよね。

そうした時に
50%×250万円+50%×0円
期待値は125万円になるんです。

要するに100万円が125万円になるゲームだという事です。

こういうゲームなら
AIなら確実にやるんですよ。


期待値を計算してプラスになる事がわかっているなら
AIなら間違いなくやるんですよ。


短期的に見れば
勝率50%ですから負ける可能性もありますけど
長期になればなるほど確実に勝てるという事ですよね。


何故なら
期待値が100万円が125万円になる期待値の勝負を
やり続けているからですよね。


しかし、これだけ合理的に勝てる勝負だったとしても
殆どの人間が痛みを避けて
やらない選択をするんです。


この話で何が言いたいかと言うと
人間は合理的な判断をしているつもりなんですけど
決して合理的じゃない。という事ですよね。


もっと重要な事は
とにかく失う痛みを実際よりも過剰に
感じてしまうという事なんですよ。


実際は100万円を失ってしまう事なのに
200万円くらい失ってしまうかの様に
感じてしまうんですよね。


だから
成功するか失敗するか分からない
事にチャレンジして人生を変える事よりも
今の現状を維持する方が好きなんです。


本能通りに生きていたら
現状維持するしかないんです。


今100万円もっているとしたら
それを失う可能性を乗り越えてまで
新たな100万円を得ようとは思わないんですよ。


別に今持っている100万円がこれ以上増えなくていい
とにかく今ある100万円を失いたくない。
という風に今ある物を手放す事が出来ないんです。


それが普通の人の考え方なんです。
普通の考え方だから普通の結果なんですよね。

だから成功できないんですよね。


成功者は逆なんですよ。


成功者は合理的に考え、意思決定をしますから
得られるかもしれない+と失う-を冷静にジャッジして
行けると踏んだら実際にチャレンジするんです。


例えば
何か
新しいビジネスにチャレンジしたい。
と思っている人がいたとしますよね。

ただ
今はお金が無いから不安なのでチャレンジしないんです。
もし、お金に余裕が出来たらチャレンジしようと思います。


という人がいたとしたら
その人は100%一生チャレンジしません。


何故かと言うと
そういう人は今回の話を全く理解していないんですね。


もう一回振り返りますけど
人の本能は実際の痛みよりも
大きな痛みを感じる様にできているんですよ。

+になる事を得るよりも失う-の方に
焦点が当たってしまうんですね。
更に過剰に-の方を感じてしまうんですよ。


仮に
100万円もっていて100万円を失った場合は
200万円くらい失った様に感じてしまうんですね。

じゃあ持っているお金が増えたとして
1000万円もっていて1000万円を失った場合は
2000万円くらい失った様に感じてしまうんですね。


どういう事かと言うと
持っている物が増えれば増えただけ
感じる痛みも大きくなるという事ですよ。

だから
もし、今現在持っているお金の状態で
お金に不安を感じてしまうという事であれば
お金が増えれば増えるほど失う痛みが
膨れ上がっていくという事なんです。


だから
今お金が原因でチャレンジしないという
選択をしている人は一生やらないんです。


今はお金が無いからやらないんです。
でもお金が増えたらやります。

というのは一見正しいように感じるかもしれませんけど

ハッキリ言って嘘です。


そういう人は一生やらないんです。
自分が今安心できる範囲内の物を探して
それをやっているんです。


ハッキリ言いますけど
今の自分が安心できる領域の物にチャレンジして
成長はありませんからね。

自分がビビってしまうくらいの事に
チャレンジしないと人は成長しません。

レベル10の価値観の人がレベル10の価値観の人と一緒にいても
全く成長はないんです。

レベル10の価値観の人がレベル20の価値観の人と一緒にいるから
成長するんです。


少ないお金の状態で不安になっている人は
例えお金が増えたとしても
増えたお金が減る痛みも増大していきます。


お金が増えれば増えるほど
減ったときの痛みを強く連想する事になります。
結果を言うとこういう人は
仮に一時的にお金が増えたとしても
最終的になくなります。

だからお金が理由で今やらない。って言っている人は
最初からやらないんですよ。


すべてを失った人は強いっていうのは
本当なんですね。


会社を倒産させたとか
リストラにあったとか
離婚して家族を失ったとか

失うものが何もないっていうくらい
どん底まで落ちると強いんですよね。

何故ですか?


失うものが何もないからですよね。


どん底まで落ちたら
失う恐怖がそもそも小さいんですよ。
だから何もないのに
すごいエネルギーが出てくるんですよね。


だから
最初から何も持っていないと考えれば強いんですよ。
最初から何も持っていないと思っていれば
失う事は怖くないですよね。

だから持っている物を
最初から守ろう守ろうとしないんです。
最初からあるけどない様な物だと思うという事です。

これは僕自身の話になりますけど
32歳の時に無職になって貯金も0、友達も0、持っている物も0
という風になったんですね。


世の中の同年代を見てみると
皆それなりに貯金もあって真面目に働いていて
結婚して幸せな家庭を築いていたり
凄くまぶしく映ったんですよね。


自分は人生失敗したんだ。と思って
かなり悲観的になっていたんですよ。

ただ、それと同時に失うものが何もないから
どうせなら一気に人生を変えてやると思って
独立を決断したんですよね。

やっぱり人間は失ったら失ったものが大きい分だけ
失ったものを取り戻す、もしくはそれ以上の物を
手に入れようというエネルギーが出てくるんですよ。


だからといってお金を失いましょうっていう事を
言っているのではなくて
人間は持てば持つほどそれを手放したくない
失いたくないという気持ちが大きくなるという
心の働きを知っておく必要があるという事です。


すくなくても成功したいという事であれば
既にお金を持っていたとしても
持っていない様な感覚で生きていくという事が
重要なんです。


現状の数字を基準にお金が減るかもしれない。という
考え方をするんじゃなくて
まるで全くお金を持っていない。ゼロの状態で
物事を見たり考えたりする事が重要なんです。


何でそれが大切なのかと言うと
0から物事を考えられるようになると
失った時に必要以上に過剰反応しなくなるんですよ。


実際に持っていたとしても
まるで持っていないかのように考える事ができれば
失ったとしても冷静でいられるんですよ。

今持っている物を失いたくない。失いたくない。
っていう風にギューッと握りしめてしまうと
何にも挑戦できなくなっちゃうんですよ。


どんな事にチャレンジしようと思ったとしても
失敗したこと、失った事を連想してしまう
という事であれば何もできなくなってしまうんですよ。

そうじゃなくて
元々赤ちゃんとして生まれてきた時は
何も持ってなかったわけですよ。


だから何にでもなれる可能性を持っていたわけですよ。
その考え方赤ちゃん脳で
物事を捉えられるようになる事が
非常に重要なんです。


普通の人は現状をベースに増えた、減ったという事を
考えてしまうんですけど
そうじゃなくて
ゼロをベースに考えていくという事なんですね。


もし手に入れたものがあったとして失ったとしても
マイナスではなくゼロに戻るだけだ。
という風に考えられるようになれば
世界をありのままに見れるようになるんです。

つまり
失うものを過大評価しない。という事です。

普通の人は
100万円を失ったら200万円を失った様に感じる様な
幻想に惑わされる事が無くなるんです。


そしたら
100万円を失うかもしれないけど
それ以上の期待値が見込めると思ったら
チャレンジできるようになるんです。


冷静に期待値を見ることが出来ているかどうかを
チェックするのは簡単です。
何かにお金を使う時に金額は関係なく
増えるかもしれないメリットよりも
お金が減るという事を強く連想してしまうという事であれば
あなたは本能優位になっているという事です。


繰り返しになりますけど
本能通りに生きているという事であれば普通の人です。
普通の人は普通の結果しか得る事はできません。


本能ではなく論理的に生きていけるという事であれば
成功者と同じ頭の使い方が出来るという事です。


仮にすべてを失ったとしてもゼロに戻るだけで
決してマイナスではないという事なんですよ。

だから
今持っている物を何も失いたくない。という
本能通りの考え方のままでは大きなチャレンジはできないし
大きなチャレンジが出来ないという事は
大きな結果も得る事が出来ないという事です。


安心安定、現状維持の結果しか得られないし
人生年を取れば取るほど守りに入ってしまって
今と同じような人生を歩み続けるという事になります。


そうすると
時代はどんどん進化していきますから
それについていく事が出来なくなっていく。
現状維持しているつもりが
実は衰退していました。という事になるんですね。


自分が一度手にしたものにとらわれていくと
人生は衰退していくという事です。

そして人生を大きく変える時というのは
大きな不確実性に飛び込んだ時だけに
チャンスがやってくるんです。


今の現状で安心できる様な事をやり続けても
今の延長線になるだけなんです。


決断するときに今までの自分だったら
こんな決断したことが無かった。
手が震えたり汗が出てきたり
決断する前は不安で夜も眠れない位の
決断をしたときにはじめて今までとは違う

人生を歩むチャンスを得られるんです。


それくらい本当の意味で人生を変えるという事は
生半可な事ではないという事ですよね。

跳び箱を5段しか飛べない人が
6段7段8段とレベルを上げていくのに
すでに余裕で飛べる5段で練習していても
意味がないんですよ。


今まで飛んだことが無いけど
ちょっと無理かもしれないけど
やると決めて無理をするから
新しいステージに行けるわけですよ。


自分が手に入れたものは少しも失いたくありません。
自分が安心できる領域でのチャレンジしかしません。
こんな事をやってたら現状維持するだけなんです。


だから

私達は生まれた時は0だったんです。

赤ちゃんの時は何も持たずに生まれてきたんです。

それでも今ちゃんと生きる事ができてますよね?


何も持っていなかったとしても
生きる事は出来るんです。何とかしてきてるんですよ。

だから
必要以上に怖がる必要はないし
どんどんチャレンジしていいんです。

元々何も持っていなかった0ベースの考え方を腑に落として
例えすべて失ったとしてもゼロになるだけだ。
大きな不確実に飛び込む
これを繰り返していけば
必ず成功していく事ができるし


成功者たちは皆こういうことを
繰り返して大きく成長した。というのが
今回の話になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>