心と宇宙の法則強運を呼び込む習慣

こんにちは。ロキです。

今回は
心と宇宙の法則強運を呼び込む習慣
という音声を撮りましたので
是非最後までご覧ください。

心と宇宙の法則 強運を呼び込む習慣

本題に入る前に
一つ例え話をします。

あなたが自分の姿かたちを鏡の前で確認しようとしたとします。

そうした時に鏡に映った自分の姿を見て
満足が出来なかったとします。


例えば
理想は細くてスラっとした体形なのに
最近食べ過ぎてしまって
鏡の前に写っている自分は肥満体系です。


そういう事であれば
とにかく鏡に映った自分を見て
満足が出来ないわけですよね。


そうした時に
鏡に映しだされた自分の姿を見て

「何でこんなひどい状態なんだ。」

って言って文句を言っていても
何の意味がないという事なんですね。


ここまでの話で言いた事は
鏡に映し出された自分の姿は結果であって
原因ではない。という事なんですよ。


この話を私たちの現実の話に
置き換えてみるならば
前宇宙の情報があって
その中から心で選び
現実が映し出されているんです。


前宇宙の情報というのは
ここで言う食べ物ですよね。

そして食べ過ぎたという行動が
心なわけです。
そして鏡に映っている肥満体系が
私達の現実という事なんです。


なので
宇宙の全情報を入力して
私達の心で選び
結果として現実が目の前に現れているんです。


そうした時に
鏡に映っている太っている自分を見続けて
何でこんなに太っているんだろう。という風に
不平不満を言い続けていても
現実は1ミリも変わらないわけですよね。


何故なら
その現実は結果だからですよね。
原因ではないんですよ。

じゃあ原因は何ですかって言うと
食べ過ぎるとう行動を選択してしまう
心の問題なんですよね。


だから
食べ過ぎてしまうという原因に対して
メスを入れていかないと
結果である現実は全く変わらないんです。


私達がこの話にピンとこないのは
最初に上げた食べ過ぎるという選択は
意識ではなく無意識の選択によるものなんですよ。


理想はスリムなスタイルなわけですよね。
だから意識では食べ過ぎたらダメだ。という事は
100%わかっているんです。

しかし
なぜか食べ過ぎてしまうわけですよね。


だから
私達は意識で選択している様に見えて
実際は無意識の選択によって動かされているんです。

その割合はと言うと
意識が5%未満
潜在意識が95%以上という風に言われています。

だから
どんなに意識で食べ過ぎたらいけない。
食べ過ぎたら理想の体型になれない。と
分かっていても
それはたった5%未満の力であって

95%以上の食べたいという欲求に
簡単に負けてしまうんですよね。

だから
そういう人に
本気で痩せる気があるんですか?
という風に聞くと

「ふざけるのもいい加減にしてください」と
「自分は本気でスリムな体系になりたいと思っているんです。」と

いう風な返事が返ってくるんですけど
実はその本気で痩せたいというのはたった5%の領域によるものであって
残りの95%以上の領域では痩せたいよりも食べたいの方が
圧倒的に勝っているんです。


だから
本人が全く意識できない領域で
行動が選択されているという事なんですね。


今までの話で
言いたいことは
あくまでも結果というのは原因ではない。
原因というのはあくまでも私たちの心の方に
あるんだという事なんです。


だから鏡に映し出されている姿を理想の姿に
変えたいのであれば
食べ過ぎるという選択をしてしまう
私達の心を変えていかなければならない。
ということなんです。

私達は自分の意志で全てを選択出来ているという錯覚に陥ってしまっていますが
実際は潜在意識が選択の殆どを担っているという事です。


だから
思考は現実化するという話は
私達の意識できるたった5%の領域が現実化しているのではなくて
残りの95%以上の領域を占める潜在意識下
信じている事が現実化しているという事です。

この話は最先端の科学によって証明されているんですね。


量子力学という学問があって
宇宙は何で出来ているのかというのを
最小単位の素粒子レベルで研究している学問ですね。

その量子力学での結論というのは
心が入り込むことなしに宇宙は存在しない。という事なんです。
これが科学的な結論なんです。


確かに物理的な地球とか宇宙というのは1つだと思うんですけど
その宇宙をありのままに見れている人は
1人としていないんですね。


人は
1人1人心の眼鏡をかけているので
10人人が集まれば10通りの宇宙の見え方
解釈をしているんです。


だから
一つの物を見ていても
人それぞれ解釈が違うので
物質世界は1つだったとしても
情報世界には無限の解釈が
存在しているという事になるんです。


要するに1人1宇宙を創造している
と言っても過言ではないという事ですよね。

じゃあ自分の現実宇宙を変えたいのであれば
その宇宙を映し出している心を変えていくしか
方法はないわけですよ。


だから心をとにかく見つめるという事が
非常に大切になっていくんですね。

何故自分はこういう解釈をしてしまうのか
自分の大事にしている物は何か
自分の目指している物はなんなのか

こういった事を自分の心を見つめることによって
見つけていくんですね。

そうして
理想の方向に向かうために
軌道修正を賭けていくんです。


最後に
一番肝心な事を話しますけど
私達の人生は時間という制約があります。


私達の肉体は1次元、2次元、3次元、という次元の中の
4次元以内に存在しているんです。


そうすると必ず私たちは1日24時間の制約を受けてしまうんですね。


時間を飛び越えるという事は出来ないんです。

そうなると

2つ時間がかかります。


仮に原因が分かったとしても
心を成長させていくのには時間がかかってしまいます。


頭で理解することは簡単ですよね。
知識とか情報をインプットすればいいだけですから
本を読みました。ネットで調べました。人から聞きました。
というレベルで知る事はできます。
非常に簡単ですよね。幼稚園生でもできるんですよ。


しかし
手に入れた情報を元に
心に落として心を変化させるとなると
それ相応の時間がかかってしまうわけです。

頭は簡単に変わりますけど
心は簡単には変わりません。

もう一つは
心が入れ替わったとしても
目の前に映し出される現実として
変化が表れるのにも時間がかかるという事です。

だから
心を変化させる事にも時間がかかりますし
変わった心によって現実を変化させるのにも
時間がかかるという事なんです。


よって
私達が身につけなければならない本当の力は
「忍耐。」という力なんです。


信じて待つ。という力が
非常に重要になってきます。


私達が存在している4次元以内というのは
絶対に時間の制約を受けるんですね。

だから
時間を経過させることによってしか
解決できない事も多々あるんですね。


多くの人は
ノウハウとか方法を身に着ければ
殆どの問題を解決できると思っているんですけど

そういったもので解決できるものは
人生において大した問題じゃないんですよ。


本当に重要な問題というのは
方法論では解決できないんですね。

時間を経過させる事でしか解決できない問題が
あるんですね。

だから
私達が本当に身につけなければならないのは
「忍耐」信じて待つという力なんです。


今回一番言いたかったことは
もし、現実を変えたいと思うのであれば
現実を見るのではなく
原因を生み出している心を見ていく事なんだ。という事です。


何故自分の現実はこういう風に映し出されているのか
という風に心の方を見ていく必要があるという事です。

最後までご覧いただき
ありがとうございました。
感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>