成功者の朝の習慣について

今回は

成功者の朝の習慣について

音声を撮ってみました。

朝の習慣

朝目が覚めでから仕事を始めるまで

あなたは何をして過ごしていますか?

僕は朝少し早めに起きて

・ベッドメイキングして

・歯を磨いて

・顔を洗って

・髪の毛をセットして

・観葉植物に挨拶してww

・掃除をして

・散歩にいっています。

何故そんな事をしているのか?

早起きはお金持ちの習慣だからです。

何故早起きがお金持ちの習慣なのかというと

お金持ちは朝起きて自分の為に使う時間が

たっぷりあります。

お金持ちは朝から仕事に追われて

何かに追われてというような時間に余裕のない

生活はしていません。

お金持がたくさんあれば

時間的な自由を手に入れられます。

時間的な自由がある人が

朝から仕事に追われる必要があるでしょうか?

ハッキリ言って仕事に追われることはありません。

そして

時間に自由があるならば

朝からたっぷりと自分の為に時間を使うことが出来ますよね?

要するにお金持ちは朝から

自分の為に使う時間がたっぷりとあるわけです。

そして本当にお金持ちの人は

早寝早起きする人が多いのです。

世界的に有名なCEO達も早起きが多いんですね。

例えば

スティーブ・ジョブス(元アップルCEO)

  • 起床時刻:6時

ティム・クック(アップルCEO)

  • 起床時刻:4時半

ハワード・ショルツ(スターバックスCEO)

  • 起床時刻:4時半

ロバート・アイガー(ウォルト・ディズニーCEO)

  • 起床時刻:4時半

ジャック・ドーシー(Twitter創業者)

  • 起床時刻:5時半

ロバート・R・ルートン(マスターカード・ワールドワイド日本地区社長)

  • 起床時刻:5時半

こんな風に少し上げただけでも

朝早起きしている人が多い事がわかりますよね。

朝4時とか5時が多いですが

個人的にはそこまで早く起きる必要はないと思っています。

ここで言いたいのは

朝早く起きて自分の為に使う時間を作る。

ということが言いたいのです。

朝5分でも早く起きて本を読む。

朝5分でも早く起きて瞑想する。

朝5分でも早く起きてアファメーションする。

朝5分でも早く起きて掃除する。

こんな風に自分の為になる事をするのです。

そうすることによって

人生の幸福度は間違いなく上がっていきます。

朝自分の為に使う時間をどれだけ確保できるのか?

是非自分の為に使う時間を増やしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>