転売ヤーが増えてきた実感

最近ひしひしと感じる事があります。


ヤフオクを見て商品リサーチをしていると
やたらと綺麗な写真の出品ページが増えたなと


カメラ転売の塾生らしき人達が
以前より圧倒的に増えた野だろうなという事に。


これは事実だと思います。


私が情報発信を始めたことより
さらに多くの方達がカメラ転売の情報発信を
始めて物販ビジネスの中でも
かなりメジャーになってきたのだと思います。


私がカメラ転売を始めた時に比べて
ライバルが増えたという事ですね。


ライバルが多いという事は
それだけ稼ぎにくくなるのか?


そう思われたかもしれません。
確かにブルーオーシャンの時代に比べると
若干やりずづくなっているような感じはしますが


現在も
利益額が減ったわけでもなく
一定の利益を保っています。


それはなぜか??


常に新しいやり方を試し
進化させていっているからですね。


私自身、3か月前のやり方と現在は
違いますし、1年前と今はもっと違います。


どんどん新しい思考を働かせて
新しい方法を見つけていっています。


転売ヤーが増えれば周りと同じことを
やり続けていれば当然淘汰されます。


これはカメラ転売だけではなく
他のビジネスでも同じことが言えると思います。


いつまでも同じやり方が通用するほど
世の中甘くないわけですね。


今通用するスキルも数ヶ月後、数年後には
使えなくなる可能性って全然あり得る事です。


そういった危機感を持って常に
私は新しいノウハウやスキルに投資しています。


例え自分が知っているだろうノウハウでも投資をし
そこから何かを得ようとします。


同じだったとしても文句ひとつありません。


このやり方はメジャーなんだなと思い
違うやり方を探すだけだからです。


そうやって投資を続けるうちに
その時は同じだと思っていても自分が成長してから
見てみると何かに気づくこともあります。


自分自身が成長してから見るものと
その前に見るものとでは捉え方が違うからですね。


ですから、現在知っていると思っても投資します。


もちろん、知らない事にも投資します。


この繰り返しをしているうちに
他の転売ヤーとの差別化ができてきます。


現在進行形でノウハウを磨いていけばいいのです。


カメラ転売というジャンル自体は
カメラが無くならない限り
ヤフオクやその他のプラットフォームが
無くならない限りは
有り続けると思います。


後は、その中で淘汰されない自分づくりを
していくだけなのです。


他の転売ヤーが思いつかない様な
方法を考えたり


他の転売ヤーが扱わない商品を
扱うようにしたりするしか
利益を伸ばしていく方法はないのです。


ずーっと同じ戦法、同じやり方をしていて
不安になりませんか??


いつまでそのやり方が通用するのか??


一つの方法だけ教わってそれで大丈夫なのか??


オークファンを見て相場のチェックをしていると
常にそう思います。
相場は常に変動し、先月売れていた機種が
思っていた金額で売れなくなることも当然あります。


そん中
利益を拡大していこうとしている時に
同じ方法だけで利益を伸ばしていく事は
かなり至難の業です。


・扱う商品の拡大
・出品するプラットフォームの拡大
・仕入れ先の拡大


様々な視点でカメラ転売を見つめていかなければ
月収数万円、良くて10万円が精いっぱいとなります。


そして、今気づかなければならない事は
現在数万円~10万円程度しか稼げないという事は
同じやり方だけやっていてはその先にあるのは
衰退だけ、という事です。


この事を肝に銘じて私は行動し
新しい物を取り込み続けています。


別に有料コンテンツや有料コンサルを受けてください
と言っているわけではありません。


有料でコンテンツを買ったり、コンサルを受けても
全く同じ内容だった、、、
こんな経験もわたしもあります。


ポイントは今の現状であり続ける事を問題視する事です。


問題視する感性を養えば
自ずと行動すべきことがみえてきます。


こういった視点もあるという事で
参考にしていただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>