あなたはwont toの人生を送っていますか??それともhave toの人生ですか??

あなたは今現在の仕事や趣味、その他の生活のすべてにおいて
自分のやりたいように(want to)にできていますか??
それとも人にやらされている人生(have to)の人生を
送っていますか??

私もこの言葉の存在を苫米地英人氏(機能脳科学者)の本を見た時に
始めて知り、それまでの人生は全てにおいてhave toの人生だったと
反省し、今現在は本当に自分のやりたい(want to)の人生を送るように
心がけています。

特に自分が会社勤めをしていた時は
やりたくもない仕事をやり、上司に怒られ、サービス残業をして
決められた給料しかもらえず、不完全燃焼の毎日を過ごしていました。
こういう時の自分って、全てを人のせい人しちゃうんですよね。。。

・自由な時間をとれないのも会社のせい
・残業するのも会社のせい
・給料が低いのも会社のせい
・幸せじゃないのも何かのせい

あげていけば本当にきりがないのですが
とにかく自分自身がやりたくないことをやっているため
全て責任を自分以外に持っていきやすいマインドになっていました。
その方が楽ですからね。。。

しかし、苫米地氏の本にであって、本当に自分のやりたい事や
生き方などを真剣に考え、ゴール設定をすることによって
自分自身の責任で仕事をやり、できなかったら自分のせい
成功すれば紛れもなく自分自身に自信が付くような状態を作り
want toの人生を切り開くように心がけた結果
仕事も徐々に成果がでる様になり
出来ない事を人のせいにしなくなりました。

全ては自分の選択であり、自分の受け止め方であり
自分がやったのか、やらなかったのかそれだけに過ぎない。。。
そう思えるようになってきました。

おかげで、自分が出来ない事を何かのせいにすることは
少なくとも無くなりました。
自分がやらなかったから。

というより、自分がやりたくなかったから
やらなくて、結果的に成果もあがらなかった。。。
という感じで解釈できるようになったのです。

そもそも今から取り組もうとしていることが
自分が本当にやりたい事なのかどうか??
少なくとも自分のゴールに近づいていくことなのか?
ということがとても重要になってくるわけですね。

というのも、
最終的には自分がどうなりたいのか?
このゴールがきちんと設定されていれば
やる気がない状態がなくなり
一直線にゴールに向かって走り出します。

やはり、何もできず、何かのせいにしているのであれば

そもそも今やっていること自体本当に自分がやりたいことなのか?
やっていることの先に、自分が本当になりたい自分が待っているのか?

ということを考え直すべきだと思います。

私も常にゴールをブラさないようにコントロールしながら
毎日を送っています。

誰かのコーチングを受けているわけではないので
完全に自己流に近いですが、何とか形になってきているような
気がします。

このまま本当に自分にとって何が必要でどうなりたいのか??

ここをしっかりと時間をかけて考えてから
仕事に取り組むと驚くほど取組方も変わり成果も変わってきます。
今現在やっていることが want toなのか、have toなのか
今一度考え直してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>