優柔不断を直す秘訣

今回は
優柔不断を直す秘訣ということで
お話をさせていただきたいと思います。


そもそも優柔不断とは
何らかの意思決定をする際に中々決断ができない
事を言います。


更にエスカレートすると
決定回避の法則といって決定することをしない
という事を決定をしてしまいます。


『今すぐに決めるのはやめておく』といった感じですね。


例えば
会社を辞めて独立しようと考えているけれども
いつまでたっても行動できない。。。


といったように決め手に欠けているという状態ですね。


なんだかんだ言って意思決定が出来ずに
ずるずると時間だけが過ぎていく。。。


最初に考えていたことが
いつの間にか何だったっけ?
といったような感じになってしまいます。


何にも意思決定しないという状態が
ずーっと続いてしまうわけですね。


洋服を買いに行ってポロシャツにするのか
Tシャツにするのかでその場で悩む
といったレベルの話であれば誰でもありますし
特に問題はありませんが


人生の中でも重要な決断を迫られた時に
かなり深刻な問題になります。


行動経済学の言葉で
確実性効果という言葉があります。
※極端な確立に近づけば近づくほど
過敏に反応する心理効果の事をいいます。


人は確率が100に近い数字ほど、0に近い数字ほど
心理的インパクトが強くなります。


『誰でも100%稼げる!!』


『リスク0で始められる!!』


こういった言葉に人はインパクトを感じずには
いられません。

会社を辞める際も
辞めて独立して100%成功する方法があれば
すぐにでも会社を辞めれますし


リスク0でも収益をもたらせるビジネスがあれば
やらない理由はありませんよね??


しかし
世の中にそんな確実な、完璧な保証のある事なんて
そうそうありませんよね???


という事は
ある程度成功する確率が高そうだ。。。
と考えた時点でやってみないとわからない
ということが言えるわけですね。


会社を辞めて独立したいけど行動できない。。。
何か重要な事を決断しなければならないけど
決断できない。。。
という方は100%を求めてしまう人に多いわけです。


このマインドでは
一生かかっても保証のある立場から抜け出すことはできません。


今の会社にいた方が毎月安定的な給料が入ってくる。
だけれどもリストラに会ったらどうしよう。。。
上司に怒られるのも嫌だ。。。


独立すれば誰からもうるさく言われることはないけれども
給料の保証がなくなってしまう。。。


このように考えてしまうのはしかたがありませんが
完璧な状態を求めていつまでもこのような事を考えていては
全く先に進まないわけですね。。。


もう一つ優柔不断の原因として


選択のパラドックスと言って
選択肢が増えれば増えるほど迷ってしまうという
状態に陥ってしまいます。


ネットビジネス用語で言えば
ノウハウコレクターがまさにこれに該当すると思います。


何か新しいビジネスを始めようとした時に
色々なビジネスの教材に手を出してしまったがゆえに
何から手を付けていいのか分らなくなってしまう。。。


これは本当に決断できなくなってしまうポイントとなります。


アフィリエイトはほぼ全自動にできる仕組みだけど
仕組みをつくるまで時間がかかるし。。。


物販ビジネスは即金性はあるけど
仕入れとか出品がめんどくさそうだし。。。


といった感じで知れば知るほど
何を選択していいのかわけがわからなくなります。


なので
選択のパラドックスに陥らないようにするためには
選択肢を増やし過ぎないという事が言えます。


選択肢を増やし過ぎると相対評価をし始めるため
選択肢それぞれのメリットを分析して
比較するため、更に選べなくなるわけです。


どれを選んでもそれ相応のメリットが
生じるという事を理解せず
全てのメリットを含むような
完璧なものを探し続けるわけですね。


全て完璧なものがあればどんなに優柔不断な人でも
迷うことはなくなりますよね??


しかし
色々な事を知ってしまったがゆえに自分自身で
選択をできない状態を作ってしまっているのです。


一つだけ言える事は完璧な物なんて殆どありません。。。


どんなものにもメリットデメリットがあるという事を
肝に銘じた上で迷わない程度に選択肢を設けて
すぐに決断し、すぐに行動してしまった方がいいのです。


優柔不断を直す秘訣は
完璧なものはないという事を理解し
選択肢を増やし過ぎず、可能性があるものであれば
トライしてみるという事です。


参考にしていただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>