販売後のクレーム処理の仕方

皆さんこんにちわ!!

カメラ転売で生計を立てているロキです^^

おかげさまで副業から始めて月収50万円を達成しましたアップ

今回は

販売後のクレーム処理の仕方

についてお話します

先日なのですが

あるキャノンのレンズを販売した時の事です

取引ナビに

『フォーカスリングが壊れていましたので

返品をおねがいします。誠意ある対応をおねがいします』

と一通のメッセージが届きました

かなり状態もよく、動作確認もしてあったので

まさか、、、?

と思いながら電話してみました、、

するといきなり

『レンズのフォーカスリングが空回りして

何も反応がないんです!!

始めから壊れているものを送ってきたんじゃないですか??』

と言われました

ちゃんと対応しようと思っていたので

いきなりこういわれ少し戸惑いながら

『元払で送っていただき、商品を確認後

実際に壊れていましたら全額返金させていただきます』

と話すと

『私が嘘ついてるとでもいうのですか??

元払いなら、支払いの時に払った振込手数料も返金してください!!』

と言われました

まるでこちらの話を聞いてもらえるような感じではなかったので

『実際にどのように動作チェックしたのですか??

カメラに実際に着けて、実写した時にどんな異常がありました??』

と問いただすと

『まだカメラにとりつけてませんが??』

と言われました

当然ですが、カメラに取り付けないでの動作チェックなど

チェックにすらならないですよね??

そこで

お客様が完全に知識不足なのと

きちんと動作チェックをしていないということに気づき

『とりあえず、カメラに装着してチェックしていただきたいのですが

キャノンのサポートセンターにお電話していただいて

オペレーターの方に事情をお話して、1から順序立てて一緒に

動作チェックをしてもらってください

その後お手数ですが、再度お電話くださいね』

と対応し、待つこと10分後、、、

『すみません、、、私の勘違いでした

まったく壊れていませんでした、、、、』

このやりとりを聞いて皆さんはどう思われますか??

恐らく

カメラ転売をしている方は一回は

こういったお客様の思い込みによっておこる

トラブルにあっていると思います

ですから

僕は一度、元払いで商品を送ってもらい

自分でチェックして、本当に壊れていないかを確かめた上で

返金をするようにしています

実際にクレームが来ると、きちんとした対応をしなかった場合

こちらに悪い評価をつけられてしまう恐れがあるため

ビビッてしまいがちですが

お客様の勘違いで壊れていない商品を壊れていると言われただけで

全額返金したのでは、出品手数料や、送料などを加味しても

相当な出費と再出品の手間になります。

もしもこういったクレームがあった場合は

すぐに返金、返品せずに一度直接電話をかけてみることを

おススメします

電話をかけて事情を聞いてみると

お客様の知識不足によって、壊れていると勘違いしているケースは

本当に多いので、きちんと対応すれば

トラブルや無駄な出費を減らすことができます

自分の知識だけではちょっとわからない、、、

なんてことは多々あるので

そういったときはサポートセンターを紹介すると

よりトラブルを未然に防ぐことができますよ^^

クレームはきちんと対応すれば絶対に大丈夫なので

ビビらずに、安心してしっかりと対応してくださいね!!

このブログはカメラ転売の実績と経験を元に書いています

カメラ転売は副業からでも十分結果が出せる

ビジネスです

ブログを読んでくださっているあなたが

カメラ転売を有利に進めていけるようにと

考えて書いています

インプットしたら必ずアウトプットを心がけてください

理解や吸収力が全く違ってきます

カメラ転売に関する疑問や質問など

ドンドンお寄せください

必ず目を通してお答えさせていただきます

お読みいただきありがとうございました^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>