超繁盛した美容室オーナーとの会話で感じた事

皆さんこんにちわ!!カメラ転売で生計を立てているロキです

おかげさまで副業で始めて月収50万円を超え本の出版がきまりました

今ではその経験を元にユーチューブの動画講座もやっています

今回は

僕の先輩の美容室のオーナーとの会話で感じた事があったので

シェアしたいと思いますキラキラ

僕の自己紹介をご覧になった方はご存知かもしれませんが

僕は以前、銀座の美容室で10年間勤務しておりました

その時に某有名美容室からやってきたH先輩と共に

美容師生活に励んでいました

約5年前にそのH先輩は名古屋の地元に帰り

今では美容室数店舗を大盛況店にするまでのオーナーとなっていますアップ

そのH先輩とは今でもよく連絡を取り合う仲で

この間相談を持ちかけられました目

お店の従業員で、ある超有名な脳科学者の直接指導セミナーに通っていて

その影響もあって、話すことは理論的でとてもすばらしいのだが

3年間お店に勤めていて成績が今までのスタッフの中でも最下位、、、

結果が伴っていない分、他のスタッフに対してまともな事をいっても

全く相手にされていない模様で、どうしたらこのスタッフは

成績を上げれるようになるのだろうか、、、??

といったものでした汗

僕がそのスタッフが普段口にしていることを聞いてみると

『エフィカシーを上げていかないとだめだ!!』とか

『コンフォートゾーンをドンドン抜けていかないとだめだ!!』といった内容

本来、エフィカシーを上げる意味は

自分自身に現状の自分では絶対に達成できないようなゴール設定ができていて

そのゴールに向かっていく行動をする為の自信を高めていく行為であったり

コンフォートゾーンを抜けていくという意味も

現状では絶対にクリアできないゴールを設定する事が前提

そのゴールを達成するためには現状のコンフォートゾーンの中にいては

絶対に達成できないため、結果的に今現在の自分のコンフォートゾーンを

ドンドン抜けていく必要があるということなのだDASH!

僕が感じたのは、彼がその意味をしっかりと理解し、

その考えをベースに何か自分で設定したゴールをクリアしたことが

まだない状態で

コーチングをしてくれた先生の言葉だけを

コピーして使っているから今の状態になっているのではないか??

と推測してアドバイスしてみたところ

『たしかに、彼の話を聞いていると何もかもが中途半端で

何か達成した話を聞いたことがないから、そうかもしれない!!』

ということで落ち着きました

僕の知る限り、その先生のコーチングは意味を理解すれば本当に凄い理論で

効果もかなりあると思っていますアップ

実際に僕自身もカメラ転売を始めたばかりのときは

その先生が出版している本や、動画などをみて

自分なりにトレーニングして10万、20万、50万超えといった感じで

目標を達成してきていますので

僕自身のマインドセットにかなり影響を与えてくれていたことは事実なのですキラキラ

だからこそ、今彼が陥っている状況もかなり理解できるし

実際に小さなゴールでもいいから、達成したという事実がなければ

エフィカシーも上がりきらないし、周りからも認めてもらえないのも事実

その流れから抜けるには

自分自身でもう一度ゴール設定ができているのか?

また、美容師として売り上げをいくら上げる

などの明確な目標設定が必要不可欠になってくるDASH!

今のままでは本当にただのコーチングの知識だけがあって

結果がずっとでない、頭でっかちな人間になってしまうのだ

この一件は僕自身にも同じ事が言えて

カメラ転売で50万円を達成したことの現状に満足してしまった瞬間に

100万、200万の壁は本当に一生掛かっても超えられないものになってしまうダウン

この話は他人事ではないと自負し

心を改めるいい機会になったと思っていますグー

もう一度、自分自身のゴールを明確にし

マインドセットをしなおして

まずは小さな目標の100万円をクリアしたいと思っていますアップ

もしあなたが

今の給料で満足できていないから転職したいとか

副業をして今の収入をもっと増やしたいなどの目標があるのであれば

このマインドセットはかなり使えるスキルになることは言うまでもないです

このマインドセットの事で質問等あればお答えしますので

ドンドンコメントいただければと思います

それではまた!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>