改めて感じたリアルビジネスの厳しさ

先日【改めてリアルビジネスの厳しさを痛感しました。】
これは私の実家で起きた本当の話です。。。


私の実家は工場を経営していて
田舎の町工場ではありますが、従業員もそれなりにいて
不自由なく会社は回っていました。


しかし、会社はある問題を抱えていました。



私の実の弟が跡取りになるつもりで会社に入ったのですが
父親との関係がうまくいかず、会社を辞めたいと言っているのです。


今現在、弟が任されているポジションは工場のメインの仕事となる
重要なポジションの為、もし仮に弟が会社を抜けた場合
事実上会社が回らなくなり倒産に追い込まれてしまします。


もし倒産となった場合はどうなるか。。。
相当な資金を蓄えていれば話は別ですが決してそういった
状況ではありませんので、とても厳しい状況になってしまいます。


家族も分裂し、今までの状況が一変し
幸せだった形が一気に崩れ去るとおもいます。


そうなってはいけないと思い
弟の辞めたい理由を知っている私は
その理由が親子関係の確執にあると確信し
間に入って全力で修復に力を注ごうと思っています。


リアルビジネスの多くが
会社を維持するためには【従業員が重要な資産】になります。
その重要なポジションを担う従業員が欠けてしまうだけで
うまく回るはずの会社が一気に傾いてしまう事もあります。


今私はネットビジネスということで
一人で作業をし、従業員はツールという
【感情を持たない最強のシステム】です。


ランニングコストを払ってさえいれば作業を辞める事も無く
ずーっと自動的に働き続けてくれます。
リアルビジネスで従業員を一人雇おうとすれば
人件費が月に数十万円とかかりますが
ネットビジネスはそもそもツールのランニングコストなんて
本当にたかが知れています。


以上の点だけを見ても、ネットビジネスは
本当に敷居が低く、始めやすいですし
特に借金をしなくても始められるビジネスです。


それに
私には従業員の感情をコントロールして
上手く関わっていく自信はありませんので
やはりリアルビジネスを立ち上げる事はとても困難だと
考えています。


かといって、従業員で働き続けるのも
もう考えていません。


自分が今本当に恵まれた環境の中で
仕事ができているということを再認識し
この一件で家族の修復を全力で行うとともに
ネットビジネスを更に真剣に取り組もうと
心に誓いました。


私は既に独立をしていて
甘えている場合ではないので
前に突き進むしかありません。


ネットビジネスだからといって
今ある程度稼げるからと言って
そこに甘んじていればきっとどこかで
自分にもそのツケが回ってくると思っています。


リアルビジネスの厳しさから逃避した自分が得た
新たなステージに全力で取り組むだけですね!!


今回は私の家族の話になってしまいましたが
身近に起きていて本当にリアルビジネスを展開する事の
厳しさと、ネットビジネスの敷居の低さ、そして
その敷居の低さに甘えてはいけないということを
改めて感じましたのでシェアしたいと思い記事にしました。


今回はこういったお話でしたが
またカメラ転売のノウハウなどもお話していきますね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>