カメラやレンズがヤフオクで同じ商品でも価格が違う理由

オークファンでカメラやレンズの相場を調べていると

同じ商品でも落札価格が違うんですよね!!

それはその通り!ヤフオクはオークションなので

その時の入札者の数や、終了時間、そしてコンディションの違い

によって落札価格が変わってきます

本日はその中でもコンディションによって価格が変わってくる

ということについてのお話です。

落札価格に影響が出る大きな要因として

カメラやレンズの外観のコンディションがあります

これは経年使用に伴うスレやキズ、アタリや凹みの加減で

更に価格差の程度が決まってきます。

スレ→キズ→アタリ、凹みといった具合で

高い→→→→安い といった具合に

ダメージの具合に応じて落札価格も変わっていきます。

コンディションについては、タイトル、写真、説明文

記載を頼りに判断していくのですが

例えば、実際はスレやキズも殆どない商品なのに

写真が遠くてコンディションが確認できないものや

タイトルや説明文に全くコンディションの記載がない

出品ページがあります。

こういった商品はとても狙い目ですね

私が実践しているのは出品者の評価の内容を見て

今まで出品してきた説明文をチェックし

出品者の方が元々コンディションの記載をしない方なのかどうか?

ということを確認します。

その後に、実際に評価をされたあとのコメントを見て

状態がとても綺麗だったなどの情報があれば

この出品者さんは、コンディションの表記はしないけれど

ちゃんとした物を出品しているんだなと思い

仕入れをします。

ちょっとした賭けにはなるのですが

実際に届いて極上美品クラスだったということは多々あります

そして他の入札者は皆写真やタイトル、説明文でコンディションが

判断できない場合は、思い切った入札を出来なくなります。

そうなることによって、一歩踏み込んだ入札をすれば

思ったよりも安く落札できるということになります。

今回は同じ商品でも落札価格に違いが出るということで

外観のコンディションについてお話しましたが

まだまだ他にも価格差が生まれるポイントはありますので

今後配信していきますので楽しみにしていてください!!

是非試してみてください!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>