赤字になることを恐れて仕入れができないマインド

先日
読者様からこんなご質問を頂きました。

『赤字になることを恐れて仕入れが出来ません。』

カメラ転売を始めて数か月間が経った現在も
10個も仕入れができていないという事でした。


まず
カメラ転売をする上でヤフオクをメインに考えると


・1円スタート出品と
・定額出品


この2つが販売方法になりますが
赤字が出てしまう出品形態のほとんどは
1円スタート形式だと思います。


何故1円スタートにするのか??
という事を考えてみますと


・定額出品に比べて資金回転が速い
・アクセスが集まりやすい為定額出品より即決が入りやすい
・資金を回せる為定額出品より短期間に多くの出品を経験できる
・多くの商品の相場を覚えられる為仕入れ対象商品が増える


といった数々のメリットがあげられます。


このメリットはその他のアマゾンやイーベイなどの
プラットフォームでは経験することができません。


赤字になることを恐れて仕入れができないという事は
1円スタートで積める経験を逃してしまう事になります。


また、特に資金に上限がある方の場合
仕入れをして定額で置いておいても売れない場合は
資金回収の為にいずれにせよ1円スタートで売り切る
という事をしなければかなり長い間在庫を抱える事になるので
結局は1円スタートも学ばなければならないのです。


赤字になることを恐れて仕入れができないという事は
そもそもカメラ転売自体を継続していく事は
難しいという事になります。


どんなに大きなデパートや百貨店に入っている
有名なショップですら、在庫処分と言って
セールをやるわけですよね??


あれは本来取れるであろう利益が取れなかったとしても
売れ残ることをによって資金が回らない事をリスクと捉えて
資金を回転させる為にやる在庫処分です。


商売をやっていく以上はこういった損切りを
潔くできるかどうか??というマインドが非常に重要に
なってきます。

1000円や2000円程度の赤字を気にして永遠と商品を
手放さない方が、その商品の相場自体下がってきて
後でもっと大きな損失を食らうこともあるのです。


そういった目先の損失よりももっと先の損失も考えた上で
思い切って赤字を怖がらずに販売していってください。


仕入れをする際にしっかりとオークファンのデータを見て
仕入れを下のであればその赤字もいい経験となります。


その赤字を踏み台にして次はその商品の相場を覚えて
赤字にならない金額で入札をすればいいだけの話です。


このように自分相場の形成に投資をしたという
捉え方で赤字を乗り越えていってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>