転売ヤーから仕入れた商品の状態がひどい時の考え方

今日は
転売ヤーから仕入れた商品の状態がひどい時の考え方についての
お話です。


カメラ転売をやっていてスキルが向上していくと
転売ヤーからも仕入れられるようになります。


私は連日のように転売ヤーから仕入れているのですが
転売ヤーによっては商品の状態をかなり誇大表現して
販売している方もいます。


ほぼ新品などと書いておきながら
実際に届いたら塗装禿げが結構あった。。。


極上美品と書いてありながら
一部部品がなかく、写真にも説明文にも記載がなかった。。。


こんなことがたまにあります。

ある程度状態の感じ方の違いは人によって個人差があるので
おおよその許容範囲を設けていますが
見るからに状態があまりにも違うのに
意図的に誇大表現を使っている方の場合は
私の場合は出品者にその旨をしっかりと伝えて
返品などを希望します。


『それではクレーマーになってしまうのでは。。。』
そう思う方もいらっしゃるとは思いますが
実物と説明文の表現が余りにもかけ離れている場合は
クレームを言っていいと私は考えています。
仕入れで落札をしているとはいえ、一人のお客ですから。

それをしないと、結局自分が出品する際に赤字になったりして
痛い思いをするのは自分自身なわけですからね。


もちろん、多少の違いは目をつむりますよ
何でもかんでも指摘すればいいという問題ではありません。
あくまでも実物と説明文とのギャップがあまりにも
大きい時の話ですので、勘違いはしないでくださいね!


転売ヤーからも仕入れられるようになれば
仕入れ先の幅も増えますし、利益も上げていきやすくなるので
今現在、全く仕入れていないというのであれば
視野に入れていただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>