商品を一番高値で売るには写真が大切!

皆さんこんにちは!

カメラ転売で生計を立てているロキですひらめき電球

副業から始めて、おかげさまで月収50万円を達成しました!

今日は出品の際、一番高く売るには写真が大切!

についてお話します

いきなりぶっちゃけますと

僕は最近まで携帯のスマホで商品の写真をとっていましたあせる

理由は

◆いかに安く仕入れるかだけが全てと思っていたこと

◆単に高値で売ろうという意識が全くなかったこと

この2点です

スマホで商品を撮っていた時でも

月収30万円位までは成果としてだせていましたが

そこで更に上を目指そうと思った時に

全くイメージがつきませんでしたDASH!

理由はいかに相場よりも安く仕入れるか?

ということばかりに囚われていたことにあります

安く仕入れるということはとても大切なことなのですが

実はとても大変なことです

イメージしてください、、、

デパートで年に一度のバーゲンセールがありますよね??

大勢の人が並んで、お店がオープンしたと同時に目的の商品

めがけて大勢が取り合いをするシーンを、、、

ヤフオクのゴールデンタイムにいかに安く仕入れるか??

というのはまさに

ライバル達とバーゲンセールの商品の取り合いなのです!!

私の経験上、いかに安く仕入れるか?

という仕入方法だけで成果を上げていくのは

本当に辛くて大変なことです

そして、その仕入方法だけしかできなかった原因は

できるだけ相場よりも安く仕入れて、相場で売る

そいう概念しかなかったからなのです

とにかく仕入れを楽にしてもっと作業量を

減らして、更に成果をのばしたい、、、

そう考えた時に

【高値で売る!!】

【しかも一番高く売る!!】という概念が備わり

同時にスマホで写真を撮ることを止めました(笑)

突然ですが、下の2枚を比較してみてください

レンズ自体が違うのですが

あなたならどちら写真のレンズを買いたいと思いますか?

お分かりだとは思いますが

一枚目の写真がスマホで撮影していたものです

そして二枚目が高値売りを目指そうと思って

デジタル一眼レフで撮った写真

一枚目は何となくモヤがかっていて

商品の魅力を全く引き出せていませんよね??

デジタルのカメラやレンズは元々の特性上

1円出品でも価格は相場まではほぼ上がります

相場が1万円~2万円まであるとしたら

スマホ撮影だと

よくて1万5千円位までしか上がらないことが殆どでしたダウン

しかし、二枚目の写真のように撮りだしたら

1万5千円は低い方でより2万円付近で売れるようになったのですアップ

ということは仕入れ方も大分違ってきます

今までは赤字のリスクを考えると1万円以下で仕入れなければ

いけなかったので1万円の商品は仕入れられない

ということになりますが

今では1万円でも仕入の対象になるため

仕入がずっと楽になります

もっといえば1万5千円弱まで仕入れられるのですアップ

もちろん、写真だけではありませんが

高値で売れる写真をしっかりと撮ることで
(高値で売れる写真にはきちんとした理屈があります)

自分の仕入れが圧倒的に楽になるということを

覚えておいてください

少なくとも僕はそう思って仕入れをしています

あ、それと、今のお話はお決まりの定額出品ではなく

ちゃんと1円からスタートして高値で売っていく

というお話ですよ^^

定額でおいておけば時間をかければ誰でも売れますからね

【カメラ転売の醍醐味は資金回転がいい!】ということなので

なるべく定額出品ではなく1円スタートでも

高値で売れるテクニックを身に着けた方が

初心者からでも成果を出しやすいです音譜

あなたも高値で売っていく売り方というのを

意識してカメラ転売に取り組むことで

大分楽に成果を伸ばしていくことができますので

高値で売るための写真のスキルを身につけていってくださいね

このブログはカメラ転売の実績と経験を元に書いています

ブログを読んでくださっているあなたが

カメラ転売を有利に進めていけるようにと

考えて書いています

インプットしたら必ずアウトプットを心がけてください

理解や吸収力が全く違ってきます

カメラ転売に関する疑問や質問など

ドンドンお寄せください

必ず目を通してお答えさせていただきます

お読みいただきありがとうございました^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>