オートフォーカスのピントが合ったとしても迷って故障の可能性あり

今回はレンズのオートフォーカス不良のお話です。

以前、8万円位の少し高額なレンズを仕入れた時の
お話なのですが
普通に動作チェックをしてみたら
オートフォーカスのピントが合っていたので
大丈夫だろうと思い出品してみた所
落札者様の方から不良の連絡がありました。

内容的には
一応ピントは合うのですが一定の距離を撮影するときに
カタカタとピント合わせに迷いが出てしまい
キャノンに問い合わせてみた所、不良の可能性が高い
とのことでした。

一度商品を返品してもらい再度動作チェックをしてみた所
落札者様の言うと通りオートフォーカスのピントが
一部迷いが出てしまっている状態でした。

この商品を仕入れてから販売するまでに
2週間位間が空いてしまったので仕入れ先に問い合わせて
返品や修理の対応をしてもらえるかどうか心配でしたが
快く対応していただけたので
本当に助かりました。

この一件で

動作チェックのレベルをもう少し上げていかないと

こういったトラブルが起きてしまうことを再確認しました。

高額商品であればあるほど
販売した時に支払う手数料が高くなり
返品などの対応の際はこちらに負担がかかりますので

更に慎重になることが大切ですね。
今回は油断しているとトラブルが起きるという
教訓を実体験を元にシェアしていきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>