利益の幅を上げていくなら扱える商品の幅を広げる

今回は
利益の幅を上げていくなら扱える商品の幅を広げる
という事についてのお話です。


私がカメラ転売を始めて月収100万円を達成した時は
ひたすらデジタル系のカメラとレンズのみを扱っていました。


しかし
更に楽に更に上を狙っていこうとすると
やはりデジタル系のみで責めるよりも
フィルム系のカメラやマニュアル系のレンズ、大判、中判カメラ
二眼カメラなど幅広く商品を扱えた方が
絶対に有利です。


ヤフオク仕入をしていてもデジタルだけに絞っていると
やはり一日に仕入れられる量というのは確実に
決まってきてしまいます。


仕入れ個数に限界値があるという事ですね。


デジタルも見れるしそのほかのジャンルの商品も見れれば
仕入れ対象商品が増えるので
当然儲かる商品を見つけやすくなるという事になります。


私は
カメラ転売開始4か月目くらいまでは
フィルム系も扱っていましたが
一時的に封印していました。


しかし
デジタル系はかなり慣れたので
今度はそれ以外の商品にも手を伸ばしています。


こうすることによって
かなりの利益拡大を狙っているのです。


最初から資金があるのであればデジタル系以外の
商品を扱っていくのもいいと思います。


資金が無いうちはデジタルを究める事が
私個人の意見としてはお勧めです。


現に私の生徒さんで
デジタルを扱ってすぐに5000円以上の利益を
出してその後も利益を出し続けている方もいます。


様は売り方がしっかり身についていて
どういった商品を扱うのかがしっかりとわかっていれば
利益を上げる事はそんなに難しい事ではありません。


私の中では
デジタル系で利益を上げる方法と
それ以外で利益を上げる方法はしっかりと区別していて
ノウハウや考え方もそれぞれ違います。


その商品やジャンルに会った販売方法を
身に着けて扱える商品の幅を増やせば
怖いものなしです。


デジタルに慣れてきてある程度資金が貯まってきたら
違うジャンルのリサーチに力を使うというのも
いい方法だと思います。


デジタルだけではどうしても利益が
頭打ちになってしまいますからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>