定額出品に関しての一考察

今日は定額出品に関しての一考察です。


あなたは同じ機種を何台まで定額出品していますか??
良く聞くのが同じ機種は
3台以上出品すると売れにくくなると言われていたり
同じ機種は定額出品をしないという声も良く聞きます。


その考え方では同じ商品を定額出品として
仕入れる事は出来ませんよね??


しかし、考え方を少し変えてみれば
同じ機種でも状態が違ったり、付属品が違ったり
何かオマケを付けたり、レンズセットにしたり
やり方次第でいくらでも違った特色をだして
あげれますよね。


ですので私は定額出品する際に
売り方を徹底的に変えて、同じ商品でも
定額出品して出したりしています。


同じ機種でもセット内容を変えてあげる事で
お客様に違った印象を持ってもらえて
欲しいと思うセット内容を買ってもらえるということです。
定額出品は自分の思っている金額で商品を販売できて
大きな利益を生んでくれる販売方法です。

しかし、回転率が悪いと言われていますが

それは単に
1円スタートと比較して定額出品が回転率が悪いと言われているだけで
定額出品でも回転率を上げるためにはどうするか??
ここを考えれば定額出品の中でも回転率を上げる事は可能です。


同機種は売れずらい、という先入観に囚われ
売り方を考えなければ当然売れないという結果が残り
周りの情報が正しかったという事で思い込み
頭を使って販売する事をやめてしまいます。


同機種は売れにくいという言葉をそのまま真に受けて
商品の数を少なく出していれば当然お客様のニーズにヒットする
確立も少ないということなんです。


お客様に数多くのセット内容をこちらが提示してあげる事で
お客様に選んでいただくということがとても大切になってきます。


もちろん、資金に余裕がなくなってきたら1円で回せばいいので
赤字にならない金額であればドンドン仕入れて出品した方が
売れる確率も上がるので、資金はあるけど仕入れられないと
悩んでいる位なら、定額で出しておいた方がいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>