定額出品での回転率を上げる方法

今回は
定額出品での回転率を上げる方法についてのお話です。


以前
1円出品の商品をたくさん織り交ぜて出品することで
定額出品にもアクセスを集めて
定額商品の回転率を上げるというお話をしましたが
今回は定額出品をする際の金額設定についてのお話になります。


私の場合は定額出品の金額設定の際2つの考え方を
用いて金額設定をしています。


まずは、商品自体に人気があるかどうか?


人気があって1か月に何台も売れている商品は
定額出品でも一番高値付近に設定して販売することが多いです。
そもそも商品に人気があれば多少高くても状態のいいものは
回転率が比較的いいと言えます。


しかし
人気がない商品に関しては
オークファンのデータを元に定額出品で一番売れている金額付近を
参考にします。


特にデジタル一眼においてはこういった考え方を用います。


デジタル一眼は相場の変動も早く1ヶ月ごとに
細かい相場の変動があったりしますので
頻繁にオークファンのデータを見ながら仕入れをしていく必要があります。


しかし
フィルムカメラに関しましては既に生産終了しているものが
殆どですので、一点ものには価値が凄い価値が有ったり
その商品自体に価値が有り相場の値崩れがデジタル一眼に比べて
緩やかだと言えます。


こういった商品ごとの相場を見定めていって
感覚を掴んでいくと同じ定額出品でも金額設定の仕方が
ガラッと変わってきます。


やはり、扱う商品によって販売方法や
販売価格などをしっかりと分けて考えていく努力が必要ですね。


こうやってコツコツとその商品ごとの特性や
相場観をしっかりとつかんでいく事で
同じ商品を扱う時に利益を生み出しやすくなります。


是非参考にしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>